技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

分散剤の種類、特性、選択と配合設計技術

分散剤の種類、特性、選択と配合設計技術

~有機溶剤系・水性系における分散剤の選び方、使い方~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、微粒子分散の基本的な考え方から、理論による理解、分散剤の使いこなし、溶剤系・水性系における配合設計・豊富な事例まで解説いたします。

開催日

  • 2021年6月9日(水) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 微粒子・粉体を扱う技術者、開発者、研究者
    • 医薬品
    • 食品
    • 化粧品
    • セラミックス
    • 印刷 (インク・塗料・トナー)
    • 肥料
    • 化学原料
    • 電子材料
    • 金属材料
    • 電池材料
    • 粉末治金 など
  • 微粒子・粉体を扱う入門者、初心者、これから粉体を扱う方
  • 微粒子・粉体で課題を抱えている方

修得知識

  • 粒子分散の基本とメカニズム
  • 分散剤の種類と働き
  • 分散剤の配合・添加のコツとポイント

プログラム

 粒子分散液の製造・配合設計では適切に分散剤を選択し、使用することがキーポイントになることが多い。本講では、まず粒子分散の基本的なメカニズムを説明し、分散剤がどのような目的で、なぜ必要かを明らかにする。次に、現在分散剤として使用されている界面活性剤や高分子分散剤について、最近上市されたリビングラジカル重合法等のコントロール重合法によって合成されたものも含め、その構造や合成法、特徴について、各論的に説明する。最後に、実際に粒子分散液の配合設計をする際の手順や分散剤の評価・制定法、分散配合の具体例を示す。

  1. 粒子分散のメカニズム
    1. 粒子分散の単位過程 ~濡れ・機械的解砕・分散安定化~
    2. 良い濡れのための条件
      1. 粒子間力とハマカー定数
      2. 濡れに影響する因子
      3. 粒子と分散ビヒクルの表面張力から接触角を予想する
      4. 拡張濡れとなるための条件 (粒子分散では接触角ゼロの拡張濡れが理想)
    3. 分散の安定化と不安定性の軽減
      1. 粒子間に斥力を働かせるのが分散安定化、粒子/分散ビヒクルの界面張力を低下させると不安定性は低減する
      2. 静電斥力による分散安定化を考える上での注意点
    4. 濃厚粒子分散系での分散安定化
      1. 高分子吸着による分散安定化のメカニズム
      2. 粒子分散液の主要三成分 (粒子・分散剤・溶剤) 間の親和性に関する基本的な考え方
    5. 分散配合設計の要点
  2. 分散剤の種類と働き
    1. 分散剤の働き ~濡れの改善と粒子間斥力の生成~
    2. 分散剤の種類と特徴
    3. 界面活性剤概論
      1. 界面活性剤の基本構造
      2. 粒子分散に影響する因子
      3. 臨界ミセル濃度
      4. 曇点
      5. HLB
    4. 高分子分散剤の分子設計
      1. 高分子の粒子への吸着形態 (Loop-Train-Taleモデル)
      2. アンカー部と溶媒和部
      3. 水の溶剤としての特殊性
      4. アンカー分布と粒子分散性
      5. 分子中に離散した複数のアンカー部を持つ高分子による橋かけ凝集
    5. ホモポリマー型・ランダム型高分子分散剤各論
      1. ポリビニルアルコール (PVA)
      2. ポリアルキレンオキサイド
      3. ポリビニルピロリドン (PVP)
      4. ポリエチレンイミン (PEI)
      5. スチレン-マレイン酸共重合体 (SMA) 系分散剤
      6. アンカー官能基を持つバインダー樹脂の例 (有機溶剤系・水性系)
    6. ブロック型高分子分散剤とその合成例
      1. 直鎖型とくし型分散剤
      2. Grafting through法とその例
      3. Grafting onto法とその例
    7. コントロール重合法で合成された高分子分散剤
      1. 分散剤の進化とコントロール重合法
      2. 代表的なコントロール重合法とその特徴
      3. ATRP
      4. NMP
      5. RAFT
      6. TERP
      7. GTP
      8. コントロール重合法で合成された高分子分散剤の例
  3. 分散剤を使う
    1. 分散剤選定までの流れ
      1. 分散剤マップの例
      2. 酸塩基性の評価法
      3. 溶解性・相溶性のチェック
    2. 分散剤の基本配合量
      1. 評価時の基本となる配合量の算出
      2. フローポイント法
    3. シナージスト
      1. シナージストとは
      2. シナージストの使い方
    4. 分散配合の具体例
      1. 有機溶剤型塗料における顔料分散配合の例
      2. 水性塗料における顔料分散配合の例
  4. まとめ、Q&A、参考書籍
    • 質疑応答

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,400円 (税別) / 33,440円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 30,400円(税別) / 33,440円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルをダウンロードいただきます。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/6/29 粉体物性の実用的な測定法および付着・凝集性と流動性の評価 オンライン
2021/6/29 高分子レオロジーの基礎と粘弾性測定解析 オンライン
2021/6/30 粘着・剥離現象の理解と制御に向けた可視化・モデリング オンライン
2021/7/7 SP値、表面張力の求め方、使い方とコーティング材料への応用例 オンライン
2021/7/7 自動車の軽量化に貢献する異種材料の接着技術 オンライン
2021/7/7 粘着の基礎と剥離のメカニズム オンライン
2021/7/7 パーティクルカウンタを正しく使いこなすための基礎知識と活用法 オンライン
2021/7/8 粉体の基礎と微粒子コーティング・表面改質技術 オンライン
2021/7/9 シランカップリング処理による付着・濡れ・コーティングの制御法 オンライン
2021/7/15 粒子最密充填のための粒子径分布・粒子形状・表面状態制御 オンライン
2021/7/15 コーティングプロセスにおける界面化学とレオロジー解析 オンライン
2021/7/16 ゲル化・増粘剤の上手な使い方と安定性維持 オンライン
2021/7/19 DLVO理論を使って考える粒子の分散・凝集状態 オンライン
2021/7/19 材料開発のためのナノ粒子の合成・活用・評価法 オンライン
2021/7/20 溶解度パラメータ (SP・HSP) の基礎と微粒子の分散安定化への最新活用術 オンライン
2021/7/21 コナ (粉体) の固結メカニズムと評価・対策法 東京都 会場
2021/7/21 レオロジーの基礎と粘弾性評価技術 オンライン
2021/7/26 スラリー評価の基礎 オンライン
2021/7/26 ポリマー微粒子の合成方法と粒子径・形態制御 オンライン
2021/7/27 溶解度パラメータ (SP値・HSP値) の基礎と応用、Hansen溶解球法の活用ノウハウ最前線 (2日間) オンライン