技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

非接触生体センシングと心拍、呼吸の計測技術

Zoomを使ったライブ配信セミナー

非接触生体センシングと心拍、呼吸の計測技術

~カメラ、レーダー、センサによる人の状態推定~
オンライン 開催

開催日

  • 2020年9月4日(金) 10時30分 16時30分

プログラム

第1部 映像解析からの高精度、高速な心拍数計測技術

(2020年9月4日 10:30〜12:10)

 心拍数は健康状態だけでなく、感情の状況などにも関連する。健康状態のモニターのために装着型の装置が広く使用されているが、装着物が不要で非接触で計測できれば多くの応用が期待できる。そこで、ビデオカメラによる顔の映像から心拍数を計測する方法の研究が進められている。
 本講座では、映像からの心拍数計測の最近の研究を概観し、講演者らが開発している高精度、高速度な計測法について詳しく述べる。この方法では、ネット上の動画からでも心拍数計測が可能であり、例えば、ニュース映像からトランプ大統領が興奮して心拍数が上がって話をしているかどうかなども推定できる。本講座では、それも含め映像からの心拍数計測の応用として検討中の事例についても紹介する。

  1. 映像からの心拍数計測
    1. 研究動向
    2. 計測における問題点
  2. 皮膚の見え方のモデル
  3. 心拍数の推定法
    1. 剛体運動への対応
    2. 照明の時間変動のある中での血流に関連する信号の抽出
    3. 抽出した血流信号からの心拍数の推定
    4. 多数決による頑健な心拍数推定
    5. データベースを用いた実験
    6. 実環境での実験
    7. 高速化の検討
  4. 心拍数計測の応用
    1. ネット動画からの感情状況推定
    2. 映画視聴時の感情識別
    3. 認知症高齢者のための遠隔コミュニケーションシステム
    • 質疑応答

第2部 ミリ波レーダーを用いた呼吸、心拍の非接触計測技術とその応用

(2020年9月4日 13:00〜14:40)

 近年、レーダー技術の活用例は多用化してきている。特に、介護現場では、被介護者のプライバシーを保護しつつ介護する人の稼働量をいかに軽減するか、が重要な課題となっている。そこで、レーダーによる被介護者の生活挙動や、安静時の呼吸や心拍を非接触で計測し、その計測結果を通信回線を活用して、集中管理室まで転送することで介護者の稼働を軽減できると期待されている。今回、実際の介護現場において動作確認実験などを行ったのでこれらの内容を紹介する。

  1. はじめに
  2. FM-CWレーダーの動作原理
  3. FM-CWレーダーの基本特性
    1. シミュレーションによる距離特性および微小変位特性
    2. 実験による距離特性および微小変位特性
  4. レーダーによる人の挙動および呼吸・心拍計測への応用
    1. 生活挙動の計測例
    2. 呼吸および心拍の計測例
  5. 介護現場においてレーダー信号をWi-Fi回線を経緯して集中管理室まで転送した例の紹介
  6. おわりに
    • 質疑応答

第3部 マイクロ波ドップラーセンサを用いた非接触心拍計測技術

(2020年9月4日 14:50〜16:30)

 高齢化の進行により、心血管疾患の増加が予想されています。生体信号の計測によって心血管疾患を早期に発見することができれば、事故の防止や健康寿命の延伸につなげていくことができます。従来の計測技術では人体表面にセンサを直接接触させる必要がありましたが、本講演ではマイクロ波ドップラーセンサに着目し、実際の計測例を交えて非接触心拍計測技術を解説します。

  1. 生体信号計測の基礎
  2. 心拍変動とその応用
    1. 心臓の拍動
    2. 心拍変動
    3. 心拍変動の応用
  3. 心拍の計測技術
    1. 従来の計測技術
      • 心電図
      • 光電容積脈波
    2. 圧力・加速度センサ
    3. 容量結合型心電計
    4. 動画像
    5. マイクロ波ドップラーセンサ
  4. マイクロ波ドップラーセンサを用いた心拍計測
    1. 計測の原理と信号の特徴
    2. 時間周波数解析
    3. 誤差補正アルゴリズム
    4. 実験室内での実測例
    5. 車両内での実測例
  5. まとめと将来展望
    • 質疑応答

講師

  • 久野 義徳
    埼玉大学 理工学研究科
    名誉教授
  • 松江 英明
    公立 諏訪東京理科大学 工学部 情報応用工学科
    副学長 / 教授
  • 和泉 慎太郎
    神戸大学 大学院 システム情報学研究科
    准教授

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 50,000円(税別) / 55,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 60,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/1/21 ディジタル信号処理によるノイズ・雑音の低減 / 除去技術 オンライン
2021/1/21 自動車用センサ・カメラ、電子機器類の保護、封止、耐振動性向上 オンライン
2021/1/22 触覚・触感・手触り感の官能評価・測定評価法と商品開発への応用 オンライン
2021/1/22 吸音・遮音・防振の理論とその測定・評価に関する入門講座 オンライン
2021/1/22 医療機器の設計・開発時のサンプルサイズ設定と設定根拠 オンライン
2021/1/25 MDR (欧州医療機器規則) 対応セミナー オンライン
2021/1/25 最新車載電子機器の分解から紐解く部品の方向性と今後の展望 オンライン
2021/1/25 AI (人工知能) を利用した医療機器開発のポイントと薬事申請対応 オンライン
2021/1/26 インバータの系統連系技術 オンライン
2021/1/26 脳機能の計測方法と応用技術 オンライン
2021/1/26 欧州医療機器規則 (MDR) におけるPMSとビジランス対応 オンライン
2021/1/26 薬事承認・保険適用・診療報酬改定を総合した保険収載戦略と満足する保険適用獲得のポイント オンライン
2021/1/27 車載用ミリ波レーダ技術の基礎と応用 オンライン
2021/1/27 医療機器QMS、バリデーションにおける統計手法とそのサンプルサイズ 会場
2021/1/27 無線通信用RF-SAWデバイスの設計と開発技術 オンライン
2021/1/28 カルマンフィルタの実践 オンライン
2021/2/2 ガスセンサの材料設計と高感度化、選択性向上 オンライン
2021/2/3 癒着防止材の使用法の工夫と材料設計、評価 オンライン
2021/2/3 入門 ウェアラブルセンシング技術 オンライン
2021/2/4 再生医療の国内法規制動向と開発からビジネスのポイント 大阪府 会場・オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/7/8 5G基地局分解による5G対応のキーポイントとビジネスチャンス 分解結果のデータDVD
2020/6/19 2020年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2019/11/21 医療機器企業におけるリスクマネジメントセミナー (オンデマンド)
2019/11/21 医療機器企業におけるリスクマネジメントセミナー (DVD)
2019/6/21 2019年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2019/1/29 高周波対応部材の開発動向と5G、ミリ波レーダーへの応用
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/6/30 ヒトの感性に訴える製品開発とその評価
2018/6/30 ADAS・自動運転を支えるセンサーの市場動向
2018/5/31 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発
2017/7/31 騒音・振動の対策と防音・防振材料の適用
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2017/6/23 2017年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2017/5/15 マイクロ波加熱の基礎と産業応用
2016/12/16 バイオ・医療への3Dプリンティング技術の開発最前線
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用