技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

テラヘルツ波センシング・イメージングの動向・課題と応用事例

テラヘルツ波センシング・イメージングの動向・課題と応用事例

~テラヘルツ波が何に使えるのか、どんな応用に適しているか、今後の展望はどうなるか~
東京都 開催 会場 開催
本セミナーは、申し込みの受け付けを終了いたしました。

開催日

  • 2020年8月12日(水) 10時15分 16時45分

プログラム

 電波と赤外線の中間の帯域に位置するテラヘルツ波 (100GHz-10THz) は、最後の未開拓電磁波領域と呼ばれている。その研究開発や利用法の開拓は、近年のレーザー・デバイス技術の発達により想像を超えるスピードで進展している。特に、テラヘルツ波は様々なソフトマテリアル (ポリマー、セラミックス、複合材料、生体分子、水素結合など) との親和性が高く、非侵襲性にも優れているため、日常生活に直結する幅広い利用が期待されている。また、6Gなどの近未来の超高速通信への利用に対する期待も高まっており、テラヘルツ周波数帯へ向けた超高周波デバイスの小型化・集積化技術の開発も急速に広がっている。
 本セミナーでは、テラヘルツ波の特長・性質、及び、主要技術をわかりやすく解説するとともに、応用可能性の具体例を豊富に盛り込んで紹介し、テラヘルツ波が何に使えるのか、どんな応用に適しているか、今後の展望はどうなるか、といった問いに対する答えや理解に至ることを目指す。また、将来展望についても触れ、研究・技術開発や新たなビジネス展開に繋がるような情報を提供する。

  1. テラヘルツ波の基本的な性質と特徴
    1. テラヘルツイメージング
    2. テラヘルツ分光
    3. 応用可能性の概観
  2. テラヘルツ波の計測技術Ⅰ – 光源・検出
    1. テラヘルツ光源技術
    2. テラヘルツ検出技術
  3. テラヘルツ波の計測技術Ⅱ – THz-TDSと関連技術
    1. テラヘルツ時間領域分光法 (THz-TDS)
    2. テラヘルツレーザー放射顕微鏡技術 (LTEM)
    3. その他のTHz-TDS関連技術
  4. テラヘルツ応用の具体例Ⅰ – イメージング・センシング
    1. 非破壊検査への応用
    2. レーダー計測と応用可能性
    3. 医薬応用
  5. テラヘルツ応用の具体例Ⅱ – 分光
    1. プラスチック材料のテラヘルツ分光
    2. 気体の分光
    3. その他の応用例
  6. 今後の展望
    1. 高強度テラヘルツ波による分子間構造の操作
    2. 超高速無線通信の動向
    3. 将来展望のまとめ
    • 質疑応答

講師

  • 大谷 知行
    理化学研究所 光量子工学研究センター テラヘルツイメージング研究チーム
    チームリーダー

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 58,000円 (税別) / 63,800円 (税込)
複数名
: 53,000円 (税別) / 58,300円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 53,000円(税別) / 58,300円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 58,000円(税別) / 63,800円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 106,000円(税別) / 116,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 159,000円(税別) / 174,900円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは、申し込みの受け付けを終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/8/21 米中欧で加速するEV、自動運転、キーとなる車載カメラ・イメージセンサの市場・技術動向 オンライン
2020/8/28 LPWA (Low Power Wide Area) の詳細・最新動向・将来展望 オンライン
2020/8/31 次世代情報通信5G市場に要求される材料技術 オンライン
2020/9/2 電波吸収体の設計・測定 東京都
2020/9/4 5G、IoT用最新小形アンテナ技術の設計・実装と各種測定法 オンライン
2020/9/9 UHF帯RF-IDアンテナ設計の勘どころ 東京都
2020/9/16 入門 ウェアラブルセンシング技術 オンライン
2020/9/17 テラヘルツ波の基礎と新産業応用 オンライン
2020/9/23 5G、及びBeyond 5Gで求められる高周波対応材料の技術動向 オンライン
2020/9/24 5GおよびBeyond 5Gで求められる部品・材料への要求特性と今後の展望 オンライン
2020/9/24 5Gの仕組みとビジネスチャンス オンライン
2020/9/25 車載カメラ、ディスプレイの開発・市場・規格動向と将来展望 東京都
2020/9/28 5G/ローカル5Gの最新技術動向と6G (2030年) への展望 東京都
2020/9/28 5G & beyond 関連通信デバイスの分解・分析 オンライン
2020/9/30 5Gアンテナの実装設計 オンライン
2020/9/30 次世代のミリ波材料、ミリ波システム開発の為の必須知識 オンライン
2020/10/6 近距離無線・人体通信概論 東京都
2020/10/8 5G、Beyond5Gへの光ネットワークと光回路実装技術の最新動向 オンライン
2020/10/12 スパースアレーによる拡張アレー信号処理 オンライン
2020/10/13 5GおよびBeyond 5Gで求められる部品・材料の技術動向と応用展開 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/29 高周波対応部材の開発動向と5G、ミリ波レーダーへの応用
2018/10/5 車載用デバイスと構成部材の最新技術動向
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/4/25 2014年版 スマートコミュニティの実態と将来展望
2013/9/15 カプセル内視鏡 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/15 カプセル内視鏡 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/11/5 三星電子(サムスン電子) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/11/5 三星電子(サムスン電子) 技術開発実態分析調査報告書
2012/4/20 デジカメ主要8社の静止画信号処理技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/4/20 デジカメ主要8社の静止画信号処理技術 技術開発実態分析調査報告書
2011/12/27 携帯機器用小形アンテナの高密度実装設計
2011/11/30 NTTグループ8社 (NTTを除く) 技術開発実態分析調査報告書
2011/10/15 通信機器大手3社 技術開発実態分析調査報告書
2011/4/11 スマートメータシステム
2009/11/25 中堅無線通信機10社 技術開発実態分析調査報告書
2009/7/1 NTTドコモとKDDIとソフトバンクモバイル分析 技術開発実態分析調査報告書 (PDF版)
2009/7/1 NTTドコモとKDDIとソフトバンクモバイル分析 技術開発実態分析調査報告書
2009/6/25 携帯端末 技術開発実態分析調査報告書
2009/6/25 携帯端末 技術開発実態分析調査報告書 (PDF版)