技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

技術者・研究者のためのコストマネジメント

技術者・研究者のためのコストマネジメント

~事前原価計算の考え方と具体的な方法、利益に貢献するコストダウンの実践方法~
東京都 開催 会場 開催 演習付き

概要

本セミナーでは、付加価値製品創出に向けた原価の設定手順、コストダウン手法、原価管理の進め方を経験豊富な講師が詳解いたします。

開催日

  • 2020年6月3日(水) 10時00分 16時00分

受講対象者

  • 開発・設計に携わる技術者、研究者、管理者、プロジェクトリーダー
  • 生産・製造技術に携わる技術者、研究者、管理者、プロジェクトリーダー
  • 原価企画に携わる技術者、研究者、管理者、プロジェクトリーダー
  • コストダウン推進リーダー

修得知識

  • 歩留計算を含めた、正しい材料費計算
  • 加工費レート、設備費レートの設定
  • 段取時間、加工時間、設備時間の扱い方
  • 生産形態に対応した正しい加工費の計算
  • コストダウンすべき製品の優先順位
  • 意思決定、損得計算のポイント

プログラム

 製品原価は仕様書や図面が完成した段階で80%が決まるので、技術者・研究者のコストマネジメントには、事前の原価計算が必要です。製品原価を自由自在に把握できる技術者・研究者は、自信を持って日常の業務に取り組み、会社の業績に貢献しています。
 本講座は、技術者・研究者の方々に製品原価計算の仕組みとコストダウンや利益を得るために必要なコストマネジメント、コストダウンの実践ノウハウを豊富な事例と演習を交えて徹底指導します。

  1. 技術者・研究者に必要な原価計算の基礎知識
    1. IoT時代のものづくりと原価のしくみ
      • 直接費と間接費とは
      • 変動と固定費とは
    2. 事前コスト検討に必要な原価計算
      • スマート工場、IoT時代に必要な原価計算とは
      • ロットの違いによる原価への影響を考慮する
      • 工数と設備時間を使い分ける
      • 演習:原価の基礎を確認しよう –
  2. 技術者・研究者に必要な材料費の試算ノウハウ
    1. 材料単価表の作り方
      • 材料の単価はどう決めるか
      • 価格構成の基準を設定する
      • 相場材料、購入品・外注品の単価を設定する
    2. 材料消費量の算定
      • 製品単位あたり寸法と面・体積計算
      • 使用材料の形状・寸法・取数決定
      • 演習:製品1個の材料費を試算する –
  3. 技術者・研究者に必要なレート設定と加工費試算ノウハウ
    1. 加工賃率 (加工費レート) の設定定
      • 加工費レートに含める原価とは
      • 製造部門と補助部門を分解する
      • 変動費レート・固定費レートを設定する
    2. 減価償却費とは
      • 定率法と定額法で異なる償却費の計算方法
      • 設備費レートの設定ポイントは経済耐用年数
      • 金型・治工具費の設定ポイントは生涯生産数量
      • 演習:加工費レートを試算する –
    3. 加工時間と加工費の算定
      • 加工時間に含める時間とは
      • 変動加工費を計算する
      • 固定加工費を計算する
      • 生産数量の変動による加工費のシミュレーション
      • 演習:製品1個の加工費を試算する –
  4. 技術者・研究者に必要なコストマネジメント
    1. 原価計算結果からコストダウン対象製品を発掘する
      • 付加価値率と限界利益率とは
      • コストダウン対象製品を探す原価のポートフォリオ分析
      • 演習:ポートフォリオ分析でコストダウン対象製品を発掘する –
    2. 原価計算を利益に結びつける
      • 利益図表の作り方
      • 損益分岐点と損益分岐点を活用する
      • 演習:赤字製品の生産を中止するか継続するか、値引きの要求に応じるか –
    3. 原価計算を意思決定に結びつける
      • 人を省人化できるロボットの投資額はいくらか
      • モノの運搬は人と設備のどちらが得か
      • 故障してから直すか、故障する前に取り替えるか
      • 新しい設備と古い設備のどちらを使うか
    • 質疑応答

講師

  • 小川 正樹
    株式会社MEマネジメントサービス
    代表取締役

会場

江東区文化センター

3F 第2研修室

東京都 江東区 東陽四丁目11-3
江東区文化センターの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)

案内割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)