技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

医療機器の放射線滅菌の安定性試験・包装バリデーションと実務と課題解決

医療機器の放射線滅菌の安定性試験・包装バリデーションと実務と課題解決

~放射線・EOG・高圧蒸気滅菌~
東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、包装バリデーションおよび安定性試験について実務経験と実施結果 (データ・写真) を基にわかりやすく解説いたします。

開催日

  • 2020年4月24日(金) 10時00分 17時00分

プログラム

 近々、ISO13485:2016年版に合わせたQMS省令の改正が行われ包装バリデーションが必須の要求事項となり、その規格が昨年更新され安定性試験と併せて、法令・規格を正しく解釈したシステム構築・運用が求められている。医療機器の放射線滅菌における滅菌・包装バリデーションおよび安定性試験について実務経験と実施結果 (データ・写真) を基に課題解決・対応法を分かり易く解説する。

  1. 放射線滅菌の実務
    1. 放射線と放射能
    2. 滅菌の原理 (殺滅菌のメカニズム)
    3. 滅菌法比較および最適な滅菌法の選択
    4. ガス滅菌から放射線滅菌への切替
    5. 滅菌切替事例とノウハウ (直面した課題事例)
    6. 電子線滅菌とガンマ線滅菌の使い分け
    7. 滅菌コスト低減策
    8. 放射線照射施設概要 (電子線およびガンマ線照射施設)
    9. 照射対象事例 (放射線滅菌の実施例)
  2. 放射線滅菌バリデーションの実務と課題解決
    1. 適用規格・薬機法および最新動向
    2. 滅菌バリデーション概要 (進め方・試験ポイント)
    3. 放射線滅菌製品の滅菌実務と承認申請に関する通知にかかる対応について
    4. 滅菌線量設定方法の選択基準
    5. 製品ファミリーを代表する製品の指定 (検体数低減)
    6. プロセス有効性の維持 (滅菌線量監査)
    7. 再バリデーション事例
    8. 汚染菌同定および同定結果活用の事例
    9. QMS適合性調査の状況等
    10. 医療機器 Good Review Practice (GRP)
  3. 包装バリデーションの実務と課題解決および放射線照射による包装材料への影響
    1. 医療機器の包装ガイドライン
    2. JIS T 0841 の2019年3月改定のポイント
      - 最終段階で滅菌される医療機器の包装 –
    3. 包装バリデーションの実施例
    4. ISO11607 – 1:2019 新規要求事項
    5. 放射線照射による揮発性物質の分析
    6. 包装材料の微生物汚染と原反へのγ線照射事例
    7. 放射線滅菌に要求される包装材とは?
    8. 耐放射線包材の開発事例・経緯
  4. 放射線滅菌における安定性試験の実務と課題解決
    1. 安定性及び耐久性 (安定性試験)
    2. 最大許容線量の確立 (最大線量を踏まえた妥当な試験検体)
    3. 材質劣化の資料 (添付資料と宣誓書)
    4. 長期保存試験と加速試験の取扱い (有効期間の設定に係る安定性試験の取扱い)
    5. 安定性試験の実施例
    6. 放射線照射による材質への影響と樹脂劣化対策

講師

  • 長嶋 和浩
    東洋器材科学 株式会社 品質保証企画推進課
    滅菌バリデーション責任者

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 45,000円(税別) / 49,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/8/18 AIを利用した医療機器開発における医療用プログラムの薬事規制 オンライン
2020/8/18 AIを利用した医療機器の国内外の現状および事業化のポイント オンライン
2020/8/19 工場でのウィルス・細菌汚染対策と殺菌・消毒・洗浄手順の教育 オンライン
2020/8/19 医療機器の放射線滅菌の安定性試験・包装バリデーションと実務と課題解決 オンライン
2020/8/20 医療機器バリデーションで必要となる統計的手法とサンプル数の決定 東京都
2020/8/21 基礎から学ぶプラスチック破壊メカニズムと強度設計 オンライン
2020/8/24 IEC62304 医療機器ソフトウェアの規制理解と要求仕様書・アーキテクチャ設計書作成演習 (2日間) 東京都
2020/8/24 発泡成形の基礎と微細射出発泡成形 オンライン
2020/8/26 「エポキシ樹脂セミナー」と「シリコーンセミナー」 2日間 東京都
2020/8/27 エポキシ樹脂の耐熱性向上と機能性両立への分子デザイン設計、および最新動向 オンライン
2020/8/27 バイオプラスチックの現状と高機能化 オンライン
2020/8/27 欧州に学ぶライフサイエンスの個人情報保護とサイバーセキュリティ 東京都
2020/8/28 生分解性プラスチックの基礎・最新動向と食品容器包装への応用 オンライン
2020/8/28 プラスチック・ゴム・粘/接着製品の劣化メカニズムと寿命予測・劣化加速試験条件の設定手法 オンライン
2020/8/28 生分解性プラスチックの化学構造と分解特性およびその制御技術 オンライン
2020/8/28 高分子材料の劣化・変色メカニズムと添加剤の最適選定 オンライン
2020/8/31 ゴム・プラスチック材料の破損、破壊原因とその解析法 東京都
2020/8/31 ゴム・プラスチック材料のトラブル解決 (2日間) 東京都
2020/8/31 バイオフィルムの特性評価および除去・対策技術 オンライン
2020/8/31 UV硬化技術の総合知識 東京都

関連する出版物

発行年月
2020/1/17 最新プラスチック加飾技術の動向と今後の展望
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/5/31 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2016/12/16 バイオ・医療への3Dプリンティング技術の開発最前線
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/9/30 医療機器/ヘルスケア関連商品の薬事法 (薬機法) “超”入門講座【2】
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/1 メディカルバイオニクス(人工臓器) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)