技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

非無菌製剤における環境モニタリングの環境管理とリスク評価/測定手法・基準値設定と逸脱管理事例

非無菌製剤における環境モニタリングの環境管理とリスク評価/測定手法・基準値設定と逸脱管理事例

~#1 『環境モニタリングにおける日常の環境管理・リスク評価~施設構築時の留意点と汚染対策~』 / #2 『非無菌製剤の製造における環境モニタリングの管理プログラム (測定手法・許容値の設定等) と逸脱管理事例』~
東京都 開催

開催日

  • 2020年2月28日(金) 10時30分 16時30分

修得知識

  • 日常施設設計時の汚染、交叉汚染策
  • 日常の汚染、交叉汚染対策
  • 環境モニタリングの留意点
  • 作業者保護策
  • 非無菌製剤の清浄度管理レベル
  • 逸脱処理手法
  • 逸脱発生のリスク対策
  • 環境モニタリングの留意点

プログラム

第1部. 環境モニタリングにおける日常の環境管理・リスク評価

~施設構築時の留意点と汚染対策~

(2020年2月28日 10:30~14:45)

 作業環境の非生菌微粒子、微生物数を規定されている無菌製剤と異なり、非無菌製剤では、環境モニタリングに関するガイドラインはほとんどない。しかし、GMPが要請する「患者さんに健康リスクを負わさない医薬品を製造」するためには、汚染、交叉汚染等の防止に努めなければならない。施設構築時および日常管理でどのようなことに留意すべきか具体例を交えて解説する。

  1. 環境モニタリングを過信するな
    1. 環境モニタリングは、汚染対策の単なる一手段
    2. しかも、モニタリング作業で作業環境は汚染するかも
    3. 環境モニタリングデータの精度は低い
  2. 大きな塵埃は測定不能
    1. 5μm ≦の粒子数と菌数は比例傾向だが
    2. 動作で発塵した微粒子は凝集・沈降し蓄積する
    3. 環境モニタリングで引っかからない可能性のある汚染源
  3. 環境モニタリングは設計・運用の適切性確認の一手法
    1. 工場全体を横断する汚染管理戦略を構築
  4. 設備設計・運用の留意点
    1. 設計時・DQ時の留意点
    2. 設備からの溶出物に注意
    3. 内装への汚染、交叉汚染対策
    4. 吊り天井はその上面からの汚染を防止
    5. 排水管に注意
    6. デッドレグは短く
    7. 送風の巻き上がり・乱流に注意
    8. スモークテストの実施
    9. エアシャワー内は汚染源
    10. 包装作業は巨視異物対策に注力
    11. 倉庫での異物対策にも注力
  5. 経時変化という視点
    1. 設備は経時変化するもの
    2. 事故原因の多くは経時劣化
    3. アラート/アクションレベルの設定
    4. 環境モニタリングデータの傾向分析
    5. 天井裏に注意
    6. 壁内部では徐々にカビ発生
    7. ステンレス材も錆びる
  6. モニタリングポイントの選定
  7. 汚染源=ヒト
    1. 毛髪は菌の巣窟
    2. 更衣室は汚い
    3. 洗濯直後の服装具でも異物残留
  8. 現状を確認しよう
    1. 清掃状況のチェック
    2. 見慣れた景色に慣れてしまうと汚染を放置
  9. 作業者保護の視点
    1. 作業者の立ち位置と気流方向
    2. 秤量室の作業者保護
    3. OEL (Occupational Exposure Limit:許容暴露限界) の計算
    4. 吸気測定 (SMEPACの手法)
    5. 浮遊微粒子数≠人体への影響
    6. 微粒子の大きさが問題
    7. 健康被害を及ぼす数μm粒子は捕集不可
    • 質疑応答・名刺交換

第2部. 非無菌製剤の製造における環境モニタリングの管理プログラム (測定手法・許容値の設定等) と逸脱管理事例

(2020年2月28日 15:00~16:30)

 非無菌製剤は、無菌ではないため無菌医薬品の管理手法をそのまま適用することは企業にとっては負担であるが、製造中における汚染により製品に微生物が混入するリスクを低減し、最終製品のバイオバーデンを管理しなければならない。
 本講では、非無菌製剤の汚染管理のためのモニタリング方法、頻度や許容基準をリスクベースのアプローチと事例及び、微生物モニタリングにおける逸脱管理を工場での様々な逸脱事例を踏まえて解説する。

  1. 非無菌製剤の微生物管理の意義
    1. 公定書 (日局参考情報、USP) における非無菌製剤の微生物許容基準
    2. 非無菌製剤の微生物学的試験 (ICHQ6A)
    3. 非無菌製剤の品質特性と微生物汚染の健康へのリスク
  2. 非無菌製剤の製造区域の清浄度管理
    1. 製造区域の清浄後グレードをどのように定義するか
    2. 部屋の清浄度を管理するために何をモニタリングするか
    3. 清浄度のモニタリングの頻度と方法
    4. エアロックのモニタリング
  3. 非無菌製剤の製造中の微生物管理
    1. 製造機器の設計・管理と微生物モニタリング – 表面付着菌
    2. 製造環境と微生物汚染の制御
    3. 製造環境の微生物モニタリングの頻度
    4. 製造環境の微生物サンプリング – 浮遊菌と落下菌
    5. 環境微生物の許容基準 アラートとアクション
    6. 非無菌医薬品の品質管理における環境モニタリング
  4. 非無菌製剤の製造・品質管理における微生物モニタリングの逸脱管理
    1. 微生物試験の逸脱処理手順
    2. 逸脱調査のためのチェックリスト
  5. 非無菌製剤の製造区域での微生物モニタリングにおける逸脱事例
    1. サンプリングエラー
    2. 清掃・消毒
    3. 通常と異なる作業
    4. 差圧の変化
    5. 水漏れ
    6. 機器の操作ミス
    7. モニタリング測定者の熟練度
    8. かび
    9. 培地性能試験
    • 質疑応答・名刺交換

講師

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

4F 第2特別講習室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 47,500円 (税別) / 52,250円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 47,500円(税別) / 52,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。
掲載している受講料は会員価格でございます。
お申し込み後はサイエンス&テクノロジーの会員登録をさせていただき、セミナー等のサービスのご案内を差し上げます。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/4/6 データインテグリティSOP作成セミナー 東京都
2020/4/15 微生物取り扱いの基礎と微生物トラブル再発防止に向けた取り組み 東京都
2020/4/16 医薬品工場の計画・設備設計とプロジェクトの進め方・維持管理 東京都
2020/4/17 体外診断用医薬品の保険申請戦略と申請書の書き方 東京都
2020/4/17 ICH-GCP及びグローバル開発を踏まえた品質マネジメントシステム (QMS) 構築 東京都
2020/4/20 分析法バリデーション入門セミナー 東京都
2020/4/21 海外導入品におけるMF及びCMC申請資料作成と照会事項対応における留意点 東京都
2020/4/22 GMPノウハウ2日間講座 東京都
2020/4/22 GMP査察での失敗しがちな英語対応と効果的な説明ノウハウ 東京都
2020/4/22 競合に勝つための医薬特許戦略 東京都
2020/4/23 化粧品の防腐処方設計と保存効力試験・微生物試験の実施 東京都
2020/4/23 PMDAによる書面調査とGCP適合性調査及び査察指摘事項 東京都
2020/4/23 日米欧3極の薬事規制・承認審査の比較と当局の考え方の違い 東京都
2020/4/23 バイオ医薬品CMC/CTD申請 (2日間) 東京都
2020/4/23 経皮吸収の評価法と実験プロトコール (in vivo/ in vitro皮膚透過試験) 東京都
2020/4/23 バイオ医薬品におけるマスターセルバンク・ワーキングセルバンク作製・更新・管理・必要試験項目と申請書の記載方法 東京都
2020/4/24 バイオ・抗体医薬品CMC/CTD申請 東京都
2020/4/24 医薬品の開発、販売活動にむけた医療ビッグデータ/リアルワールドデータ解析入門 東京都
2020/4/24 原薬製造のためのプロセスバリデーション (PV) 実施のポイント 東京都
2020/4/24 医薬品ライセンスにおける契約交渉のポイント 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/6/27 EU GVP Module I /ISO9001要求をふまえたQuality Management System の実装と運用
2019/4/24 洗浄バリデーション実施ノウハウと実務Q&A集
2018/11/30 希少疾患用医薬品の適応拡大と事業性評価
2018/10/30 高薬理活性医薬品封じ込めQ&A集 Part2
2018/9/28 腸内細菌叢を標的にした医薬品と保健機能食品の開発
2018/8/31 がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/6/29 医薬品グローバル開発に必要な英語実務集
2018/5/30 GVP Module改訂をふまえたEU Pharmacovigilance規制の実装
2018/5/18 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場
2018/4/25 統計学的アプローチを活用した分析法バリデーションの評価及び妥当性
2018/1/30 バイオ医薬品のCTD-Q作成 - 妥当性の根拠とまとめ方 -
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/8/29 洗浄バリデーション実施・サンプリング妥当性とDHT・CHT/残留許容値の設定
2017/6/21 体外診断用医薬品開発ノウハウ
2016/9/9 抗菌剤・抗カビ剤・抗ウイルス剤の基礎と応用
2014/11/27 3極対応リスクマネジメントプラン策定とEU-GVPが求める記載事項/国内との相違点
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書