技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

医療ビッグデータ/リアルワールドデータ解析のポイント 実践編

ハンズオンで学ぶ

医療ビッグデータ/リアルワールドデータ解析のポイント 実践編

~各種リサーチクエスチョンの回答を導くための、データの統合やデータサイエンスのスキル~
東京都 開催

概要

本セミナーでは、医療ビッグデータ・リアルワールドデータについて基礎から解説し、ナショナルデータベース (NDB) 、DPCオープンデータ、その他政府統計など、各種リサーチに活用できるデータの実例と具体的な使い方について詳解いたします。

開催日

  • 2020年2月5日(水) 10時00分 17時00分

プログラム

 医療の世界で「ビッグデータ」、「リアルワールドデータ」や「統計学」などの言葉が一般に話題に上るようになって久しいが、日本でも国民皆保険制度の下レセプト情報を中心にその利活用が進んでいる。その一方、カルテなど診療記録は、数十施設単位で集積されたスモールデータが散在している状況である。個々のデータベースは有益な情報を与えてくれるが、それぞれに情報の粒度やカバレッジは限定的である。従って各種のリサーチクエスチョンに対して回答を導き出すためには、それらの情報を統合するモデリングやデータサイエンスが鍵となる。
 本講座では、既に医療ビッグデータ/リアルワールドデータに関するセミナー等に参加され、各データの概要、特徴などについて基本的な知識を有されている方、実務の中で医療データ解析に携わっている方などを対象に、ハンズオンにて実データを用いた解析を体感していただきながら、データの活用法、モデリング、解析における課題などについて実践的に学んでいきます。

  1. 医療ビッグデータとリアルワールドデータRWD
    • 医療ビッグデータ、 RWD (リアルワールドデータ) とは?
    • 医療情報データの集積状況と課題
    • DPCオープンデータ、その他政府統計
    • ナショナルデータベース (NDB)
  2. 実データを使っての演習
  3. RWDを活用した医薬品マネジメント
    • 医薬品市場のモデル化とマーケティング
    • 医薬品開発、PMS、PCV (RMP) などでの活用
    • 解析事例
  4. RWDの利活用に向けて
    • 医療データ解析プラットフォーム
    • RWD解析に必要なリソースと組織
    • AIなど新技術がもたらす医療データの進化と課題
    • 質疑応答

講師

  • 清水 央子
    東京大学 大学院 薬学系研究科 ファーマコビジネス・イノベーション教室
    特任准教授

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 45,000円(税別) / 49,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/3/2 品質試験実施における試験検査室管理のポイントと査察対応 大阪府
2020/3/3 相分離生物学とその基盤になる蛋白質溶液科学 東京都
2020/3/3 核酸医薬品開発のためのCMCに求められる要素と開発/市場動向 大阪府
2020/3/4 ASEANでの薬事・薬価・医療制度の最新動向 東京都
2020/3/5 GMP記録の信頼性確保のためのデータインテグリティ対応法 大阪府
2020/3/6 GMP工場の設備設計および維持管理のポイント 大阪府
2020/3/6 炎症性腸疾患における診療・開発動向と診療現場より期待される新薬像 大阪府
2020/3/9 テキストマイニングの進め方と研究開発業務への活用 東京都
2020/3/10 GMP監査を1日で終わらせるコツ 東京都
2020/3/10 GMP・GQPにおけるQA部員の教育訓練 (GMP文書・記録類の照査) 入門講座 京都府
2020/3/11 GMP対応工場における設備機能維持と予防保全の考え方 京都府
2020/3/12 これからはじめる競合他社・異業種ベンチマーキングの基本、考え方とすすめ方 京都府
2020/3/12 臨床研究法の実務 (応用) と実施計画等必須文書 東京都
2020/3/13 バイオ医薬品のCMC申請資料の作成ポイント 東京都
2020/3/16 コンピュータバリデーション & ER/ES指針セミナー (2日間) 東京都
2020/3/16 コンピュータバリデーション & ER/ES指針セミナー 東京都
2020/3/17 コンピュータバリデーション 東京都
2020/3/17 毒性学的評価による洗浄バリデーション 東京都
2020/3/17 日米欧三極比較から見る医薬品グローバル開発のための薬事規制 / 承認審査 東京都
2020/3/18 中国・ASEAN主要国・インドの薬事制度と市場を絡めた進出のポイント 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/6/27 EU GVP Module I /ISO9001要求をふまえたQuality Management System の実装と運用
2019/4/24 洗浄バリデーション実施ノウハウと実務Q&A集
2018/11/30 希少疾患用医薬品の適応拡大と事業性評価
2018/9/28 腸内細菌叢を標的にした医薬品と保健機能食品の開発
2018/8/31 がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/6/29 医薬品グローバル開発に必要な英語実務集
2018/5/30 GVP Module改訂をふまえたEU Pharmacovigilance規制の実装
2018/5/18 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場
2018/4/25 統計学的アプローチを活用した分析法バリデーションの評価及び妥当性
2018/1/30 バイオ医薬品のCTD-Q作成 - 妥当性の根拠とまとめ方 -
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/6/21 体外診断用医薬品開発ノウハウ
2014/11/27 3極対応リスクマネジメントプラン策定とEU-GVPが求める記載事項/国内との相違点
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/10 コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/10 コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書
2013/10/26 新たな患者満足度測定手法と増患・増収対策