技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

企業人が使う機器分析入門

企業人が使う機器分析入門

東京都 開催

開催日

  • 2019年11月19日(火) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • これから分析装置を使用する方
  • 機器を操作したがもう少しうまく活用したい方
  • 部署を異動してこれまでとは異なる分野の分析装置を使われる方
  • これから研究開発や品質保証を行うために広く分析技術を習得したい方 など

修得知識

  • 機器分析装置の簡単な原理と利用の仕方
  • 機器分析装置の実用的な活用法
  • 分析サンプルの取り扱い方
  • 機器分析に必要な分析化学的な知識 など

プログラム

 これから機器分析を始めようとする方に対して、装置を実際的に利用できるように、ブラックボックス化している現在の分析装置の簡単な測定原理、および何にどのように機器分析装置を適用したらよいかを全体を網羅しながら解説します。また化学が専門でなくても機器分析に必要な分析化学的な項目を必要な範囲に限って簡単に紹介します。
 受講後には以下のようなケースでも困らずに機器分析の活用が可能になります。

  • 実際の現場でいかに分析するか (実用的な分析)
  • どの分析装置でどの順番に分析するか
  • 保有している分析装置のみでいかにアプローチするか
  • 外部を含めて、どのように分析結果を出すか など

40年間のノウハウ・取り組み方をまとめて伝授いたします。

  1. 機器分析全体をみて
    1. 機器分析で大事なこと
    2. 分析サンプルの取り扱い
    3. 分析のレベルを考えて
  2. 見る・観る分析
    1. まず見ることの重要性
    2. 形態観察の手法
    3. 光を使う観察
    4. 電子などを使う観察
  3. 分ける・決める分析
    1. 分ける方法 (分離分析の装置と活用法)
    2. 決める分析 (構造解析の装置と活用法)
    3. 異物の解析
    4. 有機材料の総合的な解析
  4. 測る・量る分析
    1. 無機材料の定量分析
    2. 有機材料の定量分析
    3. 微量なものの定量分析
  5. その他の分析
    1. 表面分析の装置と活用法
    2. 熱分析の装置と利用
    3. 非破壊・現場での分析装置
  6. 装置の組合せ
    1. 複合化された装置の利用
    2. 保有している装置を組み合わせて
  7. まとめと質疑
    1. 分析装置の全体観と使い方のまとめ
    2. 抱えている問題への解決法 (皆様からのご質問により)

会場

江東区産業会館

第2会議室

東京都 江東区 東陽4丁目5-18
江東区産業会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/11/27 研究開発の見える化による効果的なR&Dテーマ設定、進捗管理と進め方 東京都
2019/11/27 コア技術の明確な定義、設定プロセスと継続的な強化手法 東京都
2019/11/29 化学原料のコストダウンの戦略・手法とそのノウハウ 東京都
2019/11/29 成功するオープンイノベーションのはじめ方、取り組み方 東京都
2019/11/29 プラスチック用添加剤の赤外吸収スペクトルの読み方 東京都
2019/11/29 ポリマーおよび添加剤の赤外吸収スペクトルの読み方 (2日間) 東京都
2019/11/29 時系列データ分析の基礎とPython, Rを用いた利用技術 東京都
2019/12/5 分析法バリデーションの統計解析 入門 & 専門 2日間コース 京都府
2019/12/5 分析法バリデーションの統計解析 入門コース 京都府
2019/12/6 分析法バリデーションの統計解析 専門コース 京都府
2019/12/11 研究開発におけるポートフォリオ・マネジメントの基礎と構築、運用法 東京都
2019/12/12 技術マーケティングによる潜在ニーズの発掘とR&Dテーマへの落とし込み方 東京都
2019/12/16 未来予測による研究開発テーマ創出の仕方 東京都
2019/12/16 源流にフォーカスしたR&Dのデザインレビュー (DR) の基本とすすめ方 東京都
2019/12/16 医薬品 開発段階「売上予測/事業性評価」コース (2日間) 東京都
2019/12/16 TPPも明確でない開発初期段階や市場データが不足している場合の医薬品 事業性評価と売上予測・調査の実際 東京都
2019/12/17 バッチプロセスのスケールアップによる化学品・医薬原薬の製造のポイント 東京都
2019/12/18 研究開発部門を対象とした情報収集のテクニック 東京都
2019/12/18 製品中の異物 / 異臭の分析手法と実例 東京都
2019/12/20 自社保有技術・コア技術をベースとした筋の良い・革新的なテーマの創出方法 東京都