技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

分析法バリデーション実施のための統計解析の基礎と分析能パラメータの評価基準

分析法バリデーション実施のための統計解析の基礎と分析能パラメータの評価基準

~特異性、直線性、範囲、真度、精度、検出限界、定量限界~
東京都 開催

概要

本セミナーは、分析法バリデーションについて基礎から解説いたします。
分析能パラメータの基準値設定など統計解析が苦手な方でもわかりやすく解説いたします。

開催日

  • 2019年7月29日(月) 10時30分 16時30分

修得知識

  • 品質試験における化学分析
  • 分析を行うための基礎としてのバリデーション
  • 規格試験を設定する場合の分析ポイント

プログラム

 分析法バリデーションは医薬品をはじめ化粧品、食品の製造販売に、また、環境検査などでも信頼性の高い結果を得るために不可欠な概念です。しかし、それを理解するには統計学的な知識が必要として、いささか敷居の高いものとみなされています。本セミナーは初学者でも納得できるように、分析化学の実験を行う場合に求められる基本的な知識から分析能パラメータを解説し、解析に用いる統計法は表計算ソフトを活用して、分析法バリデーションの概念を自身でイメージできるようになることを目指すものです。最終的には分析法バリデーションを身に付けて、自身の立場で要求される必須水準や項目を設定できるようになることです。
 本セミナーは最も基本となる医薬品の化学分析を中心として進めますが、化粧品や食品はもちろん、他の分析でも有用です。

  1. 医薬品GMPと分析方法の信頼性確保
    • 医薬品の製造管理や品質管理はGMPに基づいて行われており、その評価に用いる試験法及び分析法におけるバリデーションの意味と意義を学びます。語句や知識の理解ではなく、概念を理解して意図する基礎を学びます。
      • GMPにおけるバリデーションと分析法バリデーション
      • 分析方法における信頼性の確保
      • 分析法バリデーションの対象と要求
      • データインテグリティの重要性
      • 文書化と指摘事項
      • 開発段階における分析法バリデーション
  2. 分析法バリデーションのための統計基礎
    • 分析法バリデーションでは評価する必要があり、分析法バリデーションを評価するためには分析能バラメータを用います。
      その根拠となる数値的な比較が不可欠ですが、それには統計的な数値を用いることになります。
      • 基本的な統計量
      • Excelで求める統計量
      • 母集団と標本
      • 回帰分析と検量線
      • 区間推定と信頼区間
      • 分散分析と精度試験
  3. 分析能パラメータの概要
    • 分析法バリデーションを評価するためにはパラメータが必要となります。
      そのパラメータの定義と意義を学びます。
      また、製造承認書における規格及び試験方法ではどのようなパラメータが必要となるかを学びます。
      • 試験タイプにより必要となる分析能パラメータ一覧
      • 特異性、直線性、範囲、真度、精度、検出限界、定量限界
      • 安定的な分析を確保するための条件が頑健性
      • 分析能パラメータの評価基準
  4. 機器分析システムの適格性評価と分析方法の信頼性確保
    • 分析方法の信頼性を確保するための設備や装置のクオリフィケーションを解説します。
      HPLCの測定パラメータとクオリフィケーションを分析法バリデーション及びその分析能パラメータを具体的に学びます。
      • 分析装置の適格性評価
      • HPLCにおける測定パラメータ
      • HPLCの適格性評価
      • HPLC分析における分析能パラメータ
      • 分析法に用いる各種測定方法
  5. 試験法の種類と分析能パラメータ
    • 分析法バリデーションを評価するためには試験法よって分析能パラメータが異なります。
      なぜ、その分析能パラメータが求められるのかを、具体的にHPLCを事例として基礎から理解したいと思います。
      さらに、HPLCのシステム適格性を設定するための分析能パラメータについても学びます。
      • 試験法タイプと分析パラメータ
      • タイプⅠ (試確認験) のパラメータ
      • タイプⅡ (純度認験:定量試験) のパラメータ
      • タイプⅡ (純度認験:限度認験) のパラメータ
      • タイプⅢ (定量法) のパラメータ
      • 室内再現精度の変動要因
      • システム適合性試験と分析能パラメータ
  6. 分析法バリデーションを担保する基盤事項
    • 標準物質
    • トレーサビリティー
    • 機器の点検と校正

会場

江東区文化センター

3F 第2研修室

東京都 江東区 東陽四丁目11-3
江東区文化センターの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/9/24 バイオ医薬品のCTD (CMC) :妥当性の根拠とまとめ方 (2日間) 東京都
2019/9/24 臨床試験QMS構築のためのファーストステップ 東京都
2019/9/24 バイオ医薬品のCTD (CMC) :妥当性の根拠とまとめ方 「製造方法」及び「構造決定・特性解析及び不純物」 東京都
2019/9/24 医薬品の売上予測・事業性評価ノウハウ 東京都
2019/9/25 医薬品の製造委託・原料調達における外注管理・契約での留意点 東京都
2019/9/25 医薬品 / 包装容器・再生医療器材・医療機器における滅菌の基礎、無菌性保証と滅菌バリデーションの留意事項 東京都
2019/9/25 バイオ医薬品のCTD (CMC) :妥当性の根拠とまとめ方 「規格及び試験方法」及び「分析法バリデーション」 東京都
2019/9/25 FDA指摘に基づくラボおよび製造現場におけるデータインテグリティ 東京都
2019/9/25 洗浄バリデーションのポイントと残留許容値の設定・評価 (経口固形製剤) 東京都
2019/9/25 再生医療等製品申請における生物由来原料基準の要件とカルタヘナ法対応 東京都
2019/9/25 創薬における生体模倣システムの世界的動向と今後の展開 東京都
2019/9/26 食品容器包装材の製造工場におけるGMP管理 東京都
2019/9/26 試験検査室管理におけるOOS/OOT対応とサンプリング実施のポイント 東京都
2019/9/26 ドライアイの診断・治療と点眼薬の眼内移行性評価 東京都
2019/9/26 ラボでの電子実験ノート管理・運用における経験からわかった電子情報管理の問題点と解決 東京都
2019/9/26 3次元培養ヒト皮膚モデルを用いた皮膚透過試験 : 評価方法と実際の皮膚との違い 東京都
2019/9/27 自然言語処理の基礎と応用 東京都
2019/9/27 凍結乾燥・注射剤における外観検査と異物低減対策 東京都
2019/9/27 早期承認取得のために求められるメディカルライティングテクニック 東京都
2019/9/27 事例をふまえた臨床試験における非劣性試験デザインと非劣性マージン設定 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/4/24 洗浄バリデーション実施ノウハウと実務Q&A集
2018/11/30 希少疾患用医薬品の適応拡大と事業性評価
2018/9/28 腸内細菌叢を標的にした医薬品と保健機能食品の開発
2018/8/31 がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/6/29 医薬品グローバル開発に必要な英語実務集
2018/5/18 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場
2018/4/25 統計学的アプローチを活用した分析法バリデーションの評価及び妥当性
2018/1/30 バイオ医薬品のCTD-Q作成 - 妥当性の根拠とまとめ方 -
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/6/21 体外診断用医薬品開発ノウハウ
2017/5/10 分析法バリデーション実務集
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/10 コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/10 コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/9/2 原薬・中間体製造プロセスにおける課題と対策