技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

5G・IoT・AI時代のワイヤレスシステムのための小型・高性能アンテナ設計技術・実装技術

5G・IoT・AI時代のワイヤレスシステムのための小型・高性能アンテナ設計技術・実装技術

~アンテナの小型化技術、高性能化技術など、基礎から設計・実装技術を解説~
東京都 開催

概要

本セミナーでは、アンテナの小型化、薄型化、マルチバンド化、広帯域化、高性能化、フレキシブル化、機器筐体内へのアンテナ内蔵技術、アンテナ配置、アンテナ形状、人体のアンテナ特性への影響、電磁環境両立性 (EMC) などを含めたアンテナ実装技術について詳解いたします。

開催日

  • 2019年1月23日(水) 10時00分 17時00分

プログラム

 近年、身のまわりのすべての機器・モノをネットワークに接続するIoT (Internet of Things) /M2M (Machine to Machine) 時代が到来し、人工知能・AI (Artificial Intelligence) やディープラーニング技術を搭載して、大胆にビジネスを展開する超スマート社会へと移行しつつあります.
 これらのシステムにおいて、ワイヤレス通信機能は情報のシームレースなやりとりに必要不可欠であり、特に、5G・LTE、無線LAN (Wi-Fi) 、Bluetoothなどの利用周波数帯の異なる複数のワイヤレス通信システムが混載・共用されます.
 特にアンテナは、電波の出入り口となるキーデバイスであり、機器の小型化や高性能化のためには、アンテナの小型・薄型化やマルチバンド化、広帯域化、高性能化が重要となります.
 本講演では、5G・IoT・AI時代のワイヤレスシステムのためのアンテナをターゲットとし、アンテナの小型・薄型化や、マルチバンド化、広帯域化、高性能化などに有効なテクニックを解説するとともに、さらには、アンテナのフレキシブル化や、機器筐体内へのアンテナ内蔵技術、アンテナ配置やアンテナ形状の変化に対する特性変動、人体のアンテナ特性への影響、電磁環境両立性 (EMC) などを含めたアンテナ実装技術について、小型・高性能アンテナ設計やワイヤレスシステムなどの研究開発に携わった経験をもとに、基礎から実践までわかりやすく解説します.

  1. 5G・IoT・AI時代のワイヤレスシステムとアンテナ
    1. 5G・IoT・AIシステムにおけるアンテナ
    2. 5G・IoT・AIシステムにおけるアンテナに求められる性能
  2. 5G・IoT・AIシステムのためのアンテナの基礎
    1. 電磁放射発生のメカニズム~伝送線路からアンテナ~
    2. アンテナの種類・分類・特徴
    3. アンテナの測定・評価パラメータ
    4. リターンロス特性、VSWR特性など
    5. 入力インピーダンス特性など
    6. 放射パターン、指向性利得、放射効率など
    7. 生体安全性、SARなど
  3. 5G・IoT・AIシステムのためのアンテナ設計技術「小型化」
    1. アンテナ小型化技術
    2. アンテナの小型化の考え方
    3. 放射素子の形状・構造変形を利用する小型化手法
    4. 材料技術 (高誘電率、高透磁率) を利用する小型化手法
    5. 小型アンテナの具体的な設計・開発事例
  4. 5G・IoT・AIシステムのためのアンテナの設計技術「マルチバンド化」
    1. アンテナマルチバンド化技術
    2. アンテナのマルチバンド化の考え方
    3. 単一共振から複数共振の実現
    4. マルチバンドアンテナの具体的な設計・開発事例
  5. 5G・IoT・AIシステムのためのアンテナ設計技術「広帯域化」
    1. アンテナ広帯域化技術
    2. アンテナの広帯域化の考え方
    3. 定インピーダンスの実現と設計プロセス
    4. 広帯域アンテナの具体的な設計・開発事例
  6. 5G・IoT・AIシステムのためのアンテナ実装技術
    1. アンテナ内蔵時の特性変動
    2. 内蔵に柔軟に対応するフレキシブルタイプの小型・広帯域アンテナの実現
    3. 機器筐体曲面部へのアンテナ配置と形状変化に対する特性変動
    4. 金属筐体のアンテナ特性への影響
    5. 人体の近接によるアンテナ特性への影響
  7. 5G・IoT・AIシステムにおける電磁環境両立性 (EMC)
    1. 5G・IoT・AIシステムにおける放射ノイズ発生の要因
    2. 伝送線路の曲がり部分からの電磁放射
    3. スロット部分など不連続部からの電磁放射
  8. 5G・IoT・AIシステムにおけるアンテナ技術最新動向
    1. 筐体自体をアンテナとする技術
    2. メタマテリアルを利用した小型アンテナ
    3. EBGメタマテリアルを利用したアンテナの特性改善
    4. その他

講師

  • 越地 福朗
    東京工芸大学 工学部 基礎教育研究センター
    准教授

会場

中央大学 駿河台記念館
東京都 千代田区 神田駿河台3丁目11−5
中央大学 駿河台記念館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 47,000円 (税別) / 50,760円 (税込)
1口
: 57,000円 (税別) / 61,560円 (税込) (3名まで受講可)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/7/8 非接触生体センシングのセンシング原理とノイズ対策 東京都
2019/7/8 メタマテリアルの基礎とその構造および応用分野 大阪府
2019/7/10 自動車用塗料の新しいニーズと開発事例 東京都
2019/7/11 5Gインパクトに対応するFPC新技術とその市場動向 東京都
2019/7/12 ノイズ対策技術 パワエレ機器におけるノイズ対策の実際 神奈川県
2019/7/12 次世代ミリ波システムとそれを支えるミリ波材料の基礎、評価 東京都
2019/7/16 UHF帯RF-IDアンテナ設計の勘どころ 東京都
2019/7/22 化学プラントへのIoT、AI導入と "異常検知" システムの作り方 東京都
2019/7/22 工場・生産ライン・設備の自動化講座 東京都
2019/7/23 小型アンテナの必須基礎知識と設計のポイント 東京都
2019/7/25 ノイズ・EMCの基礎と対策 東京都
2019/7/26 IoT時代に向けた機械学習超入門と実践事例 東京都
2019/7/29 5G無線の最新動向とミリ波アンテナ技術、光・無線融合技術 東京都
2019/7/29 5Gスマートフォン分解 東京都
2019/7/31 ミリ波無線機の最新技術動向と設計ノウハウ 東京都
2019/8/7 高周波対応材料の誘電率測定 東京都
2019/8/8 IoT・AIを活用した品質管理体制と組織マネジメントのポイント 東京都
2019/8/27 車載ミリ波レーダ用透過材 (レドーム材) 、電磁遮蔽材の考え方と設計法 東京都
2019/8/29 入門 ウエアラブルセンシング技術 東京都
2019/8/29 IoT×ICT×農業への足掛かりとスマート農業技術の動向 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/3/29 電磁波シールド・電波吸収体の設計・開発・評価法
2019/1/29 高周波対応部材の開発動向と5G、ミリ波レーダーへの応用
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/6/23 2017年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2015/6/26 2015年版 民生機器用蓄電池市場の実態と将来展望
2014/5/30 2014年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/4/25 2014年版 スマートコミュニティの実態と将来展望
2013/10/25 無線LAN伝送技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/10/25 無線LAN伝送技術 技術開発実態分析調査報告書
2013/3/8 PAT3によるモデル検証
2012/12/10 スマートシティの電磁環境対策
2012/11/5 三星電子(サムスン電子) 技術開発実態分析調査報告書
2012/11/5 三星電子(サムスン電子) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/4/2 '12 EMC・ノイズ対策業界の実態と将来展望
2011/12/27 携帯機器用小形アンテナの高密度実装設計
2011/11/30 NTTグループ8社 (NTTを除く) 技術開発実態分析調査報告書
2011/10/15 通信機器大手3社 技術開発実態分析調査報告書