技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ZEB (ゼロエネルギービル) の最新の動き、技術や材料の市場性、補助金対応

ZEB (ゼロエネルギービル) の最新の動き、技術や材料の市場性、補助金対応

東京都 開催

開催日

  • 2018年11月26日(月) 10時00分 17時00分

プログラム

第1部 ZEBの概要と最新動向、実現に向けての 必要事項や補助金制度について

(2018年11月26日 10:00〜12:00)

 ZEBに関する基本概念、ZEB推進に向けての各省庁の施策と最新動向、ZEB事業化の成功の鍵、そして事例の紹介等、初めてZEBという言葉を聞かれる方から、補助事業活用してZEB事業でビジネス展開を企画されている方までを対象に、実際に私たちがZEBビジネスで経験したこと等を交え、ZEBというもののイメージを持っていただけるよう説明させていただきます。

  1. 施策について
    1. ZEB基本計画
    2. ZEBプランナー
    3. 経済産業省補助事業
    4. 環境省補助事業
  2. 最新動向
    1. エネルギー消費原単位 (Sii実績)
    2. エネルギー消費原単位 (当社実績)
    3. 補助対象範囲
    4. 全国実例
    5. ZEB技術
      (高断熱ガラス・ダブルスキン・床輻射、デシカント空調・ 未利用エネルギーなどの事例紹介)
  3. ZEB事業化の成功の鍵
    1. 補助事業に合せたスケジュール
    2. ZEB化の目的
    3. 基本設計の重要性
    4. 省エネ率50%以上を目指すためには…
    • 質疑応答

第2部 ZEB実現に貢献するビルディングオートメーションおよび自動制御

(2018年11月26日 13:00〜14:00)

  1. 事業領域・地球環境への貢献に向けて
  2. ZEBに貢献するBEMS、BAS、自動制御
    1. 自社建物におけるZEBへの取り組み
    2. 熱源空調の自動制御
  3. ビルディングオートメーションと自動制御の今後
    1. 技術動向・社会ニーズの変遷
    2. BAS、BEMS 製品動向
    3. 将来に向けた取り組み
    • 質疑応答

第3部 遮熱・高日射反射塗料の概要とその市場動向

(2018年11月26日 14:15〜15:45)

  1. 高日射反射率塗料 (遮熱塗料) の原理
  2. 高日射反射率塗料の遮熱効果
    1. 赤外線サーモグラフィーによる表面温度比較
    2. 戸建てを想定した長屋実験棟によるエアコン稼働実験
  3. 耐候性実験について
    1. 試験塗料について
    2. 日射反射率の算出
    3. 耐候性試験の概要
    4. 促進耐候性試験の進め方と結果解析
    5. 屋外暴露耐候性試験結果
  4. その他助成金制度について
    • 質疑応答

第4部 ZEBに関する環境省の 取り組みと導入事例について

(2018年11月26日 16:00〜17:00)

 地球温暖化対策の観点から、大幅な低炭素化に資する先進的な業務用ビルであるZEB (ネット・ゼロ・エネルギー・ビル) が注目されております。本講座では、環境省のZEBに対する取組み、及び補助事業による導入事例をご紹介します。

  1. ZEBに対する環境省の取組みについて
    1. 地球温暖化対策におけるZEBの役割
    2. 環境省の補助事業について
  2. ZEBの導入事例について
    • 質疑応答

講師

  • 佐々木 剛
    株式会社 豊国エコソリューションズ
    代表取締役 副社長
  • 木都 孝洋
    アズビル株式会社 ビルシステムカンパニー マーケティング本部 プロダクトマーケティング部 システムグループ
    課長代理
  • 田村 昌隆
    ロックペイント 株式会社 東京技術部 市場開発グループ
    グループリーダー
  • 青木 竣祐
    環境省 地球環境局 地球温暖化対策課 地球温暖化対策事業室

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 64,800円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 55,000円(税別) / 59,400円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 118,800円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 178,200円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

関連する出版物

発行年月
2018/3/30 熱利用技術の基礎と最新動向
2018/2/26 再生可能エネルギーと大型蓄電システムの技術と市場
2018/2/23 2018年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/9/29 触媒からみるメタン戦略・二酸化炭素戦略
2017/9/22 2017年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2017/8/25 2017年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2017/7/21 2017年版 スマートコミュニティ市場の実態と将来展望
2017/5/26 2017年版 HEMS市場・関連機器の実態と将来展望
2017/3/24 2017年版 スマートエネルギー市場の実態と将来展望
2017/2/24 2017年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2017/1/27 2017年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/9/23 2016年版 スマートハウス市場の実態と将来展望
2016/8/26 2016年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2016/7/22 2016年版 スマートグリッド市場の実態と将来展望
2016/5/27 2016年版 スマートコミュニティ市場の実態と将来展望
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/1/29 2016年版 太陽光発電市場・技術の実態と将来展望
2015/12/18 2015年〜2016年版 電力自由化市場総覧 (2016年 新春号)