技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ポリイミドの高機能化に向けた分子設計・材料設計

ポリイミドの高機能化に向けた分子設計・材料設計

東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、機能性ポリイミドの分子設計・合成・機能化について基礎から解説いたします。

開催日

  • 2018年10月19日(金) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • ポリイミドの応用製品に関連する技術者
    • 絶縁基板
    • フレキシブルプリント基板
    • 半導体素子の保護膜
    • 航空宇宙 など
  • ポリイミドに関連する技術者

プログラム

 ポリイミドは耐熱性や機械特性に優れていることから、スーパーエンジニアリングプラスチックとして広く利用されてきた。しかし、近年のオプトエレクトロニクス分野などの著しい進展に伴って、さまざまな機能を有する耐熱性のポリイミドが、その要求特性に応じて開発されてきた。
 本講演では、機能性ポリイミドをどのように分子設計して合成したらよいのか、またどのように機能化を行ったらよいのかについて、それぞれの機能性ポリイミドの合成と機能設計について平易に解説します。特に、熱特性、可溶性、透明性、屈折性、誘電性、感光性などの機能性をポリイミドに付与するための分子設計の指針を示します。また、機能性ポリイミドの例として、トリアジン系ポリイミドをとりあげ、その分子設計および材料設計についても紹介します。

  1. はじめに
  2. ポリイミドの合成法
    1. 二段階法
    2. 一段階法
  3. ポリイミドの機能設計
    1. 熱特性ポリイミド
      1. 非熱可塑性
      2. 熱可塑性
      3. 熱硬化性
    2. 可溶性ポリイミド
      1. 線状構造
      2. 多分岐構造
    3. 透明性ポリイミド
      1. 可視光透明性
      2. 近赤外線透明性
    4. 屈折性ポリイミド
      1. 低屈折率
      2. 高屈折率
    5. 低誘電率ポリイミド
      1. 化学構造
      2. 高次構造
    6. 感光性ポリイミド
      1. ネガ型
      2. ポジ型
    7. その他
      1. プロトン伝導性
      2. 液晶配向性
      3. 複合化 (ハイブリッド化)
  4. トリアジン系機能性ポリイミド
    1. トリアジン系ポリイミドの分子設計
    2. トリアジン系ポリイミドの機能化
  5. おわりに
    • 質疑応答

会場

江東区役所 商工情報センター (カメリアプラザ)

9F 会議室

東京都 江東区 亀戸2-19-1
江東区役所 商工情報センター (カメリアプラザ)の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/6/9 高分子結晶化の基礎と解析技術 大阪府
2020/6/11 プラスチック・ゴム・粘/接着製品の劣化メカニズムと寿命予測・劣化加速試験条件の設定手法 東京都
2020/6/11 プラスチックの衝撃破壊メカニズムと耐衝撃性向上 オンライン
2020/6/15 高分子材料の耐候性試験ノウハウ 東京都
2020/6/16 絶縁破壊・劣化の基礎、測定・劣化診断と高分子絶縁材料の高機能化 東京都
2020/6/19 新機能・新規応用の可能性が拡がるマイクロ・ナノカプセル オンライン
2020/6/19 高分子制振材料の設計と評価および開発・応用事例 東京都
2020/6/23 生分解性プラスチック入門講座 東京都
2020/6/23 セルロースナノファイバーの技術動向と複合化・成形、使用への考え方・活かし方 東京都
2020/6/25 自動車振動・騒音対策 / 自動車制振・防振材 (2日間) 東京都
2020/6/26 高分子材料の熱履歴解析と活用例 東京都
2020/6/26 ポリウレタン活用とトラブル対策のための充実入門 東京都
2020/6/26 二軸押出機スクリューの基本構造と混練事例 東京都
2020/6/26 自動車に向けた防振材料、制振材料の特性と設計、材料開発のポイント 東京都
2020/6/28 プラスチック製品 強度設計の基礎知識 オンライン
2020/6/29 1日速習: プラスチックの基礎 東京都
2020/6/29 架橋技術によるポリマーの効果的な性能向上、物性・特性改良方法 東京都
2020/6/29 ポリマーアロイ・ブレンドにおける相溶性・構造制御と高性能化 オンライン
2020/6/30 高分子材料の組成・微細構造解析テクニック オンライン
2020/6/30 マテリアルリサイクルとケミカルリサイクル 廃プラリサイクル技術の適用事例と最新の開発動向 東京都

関連する出版物

発行年月
2020/1/31 添加剤の最適使用法
2020/1/17 最新プラスチック加飾技術の動向と今後の展望
2019/12/20 高分子の表面処理・改質と接着性向上
2019/10/31 UV硬化技術の基礎と硬化不良対策
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2016/8/31 ポリマーアロイにおける相溶性の基礎と物性制御ノウハウ
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/8/28 高分子の劣化・変色メカニズムとその対策および評価方法
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書