技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

プラスチックフィルムの表面処理・改質と接着性の改善・評価技術

プラスチックフィルムの表面処理・改質と接着性の改善・評価技術

~表面処理によって何が起こるのか / 多くの表面処理法のメリット・デメリットを解説 / 表面処理と接着力の関係を具体的に知る~
東京都 開催

開催日

  • 2018年10月19日(金) 10時30分 16時30分

修得知識

  • 表面処理の基礎
  • 官能基の存在と接着力
  • 多くの表面処理法のメリット、デメリット
    • コロナ処理
    • 低圧プラズマ処理
    • 大気プラズマ処理
    • 火炎処理
    • 紫外線処理
    • シランカップリング剤処理
    • イソシアネート処理
    • グラフト処理など
  • 表面処理と接着力の関係

プログラム

 最近では高分子材料が単独で用いられることは少なくなっていて、異なった高分子同士の積層、繊維や金属等との複合材料化などが行われている。また、塗料のコーティングなども頻繁に行われている。これを達成するためには、無論接着剤も必要なことが多いが、高分子自身の表面改質が必須の条件である。
 本セミナーでは多岐にわたる表面処理について演者の経験を基に解説する。

  1. 表面と接着
    1. 接着の機構
      1. 分子間力
        • 水素結合力
        • ファンデアワールス力
        • ファンデアワールス力による接着技術
      2. 化学結合力
        • シランカップリング剤処理
        • イソシアネート処理
        • エポキシ処理
    2. 接着の条件
    3. 接着への影響因子
      1. 表面脆弱層
      2. 鋼板の表面
      3. 表面洗浄
    4. ぬれと接着
      1. Youngの接触角
      2. Zisman プロット
      3. 臨界接触角
    5. 官能基と接着力
      1. 官能基の種類
      2. 官能基のでき易さ
      3. 接着力に関する官能基の序列
    6. 表面粗さ
      1. 表面粗さの定義
      2. 観察法
      3. 凹凸効果
      4. 施錠効果
  2. 表面処理法の基本
    1. 表面処理と接触角
    2. コロナ処理
      1. 処理の状況
      2. 処理雰囲気効果 – 湿度
      3. 処理雰囲気効果 – ガス
    3. 低圧プラズマ処理
    4. 大気圧プラズマ処理
    5. 火炎処理
      1. 処理の実際
      2. イトロ処理
    6. シランカップリング剤処理
      1. 処理法の実際
      2. 濃度効果
      3. 処理の例
    7. グラフト化
      1. ラジカル生成
      2. グラフト化の実例
    8. 新手法によるポリオレフィンの接着
    9. 表面処理に伴う分子構造変化
      1. 水酸基、カルボニル基、カルボキシル基
      2. アミノ基
      3. 経時変化
  3. 表面処理状態の確認
    1. X線光電子分光法 (XPSまたはESCA)
      1. XPSの原理
      2. 装置と測定条件
      3. スペクトルの実例
      4. スペクトル解析 – 波形分離法
      5. スペクトル解析 – 化学修飾法
      6. 官能基の定量分析
    2. 赤外分析法
      1. 原理と全反射赤外法 (ATR)
      2. 赤外法のメリット・デメリット
    3. TOF – SIMSによる表面分析
    4. 原子間力顕微鏡 (AFM) による表面粗さ測定
    5. 和周波発生分光法 (SFG)
  4. 表面処理の実例
    1. ポリエチレンのラミネートフィルム作製
    2. ポリプロピレンへの塗料の接着性改善
    • 質疑応答

講師

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

6F 中会議室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,750円 (税別) / 46,170円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,300円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/4/23 スパッタリング薄膜における応力発生メカニズムと付着力の評価 東京都
2019/4/23 液晶ポリマーの材料設計と複合化、応用技術、高周波特性評価 東京都
2019/4/23 FT-IRによる異物分析の実例とスペクトル解析のコツ 東京都
2019/4/23 プラスチックの劣化評価・診断方法と成形品の破損トラブル解析 東京都
2019/4/24 ポリウレタンの材料設計と分子構造・物性の制御 東京都
2019/4/24 粘着の基礎と剥離のメカニズム 東京都
2019/4/24 UV硬化型インキの基礎的な組成設計、硬化収縮など硬化阻害対策と基材密着性の制御 東京都
2019/4/25 レオロジーの必須基礎知識と測定・解析技術 1日速習講座 東京都
2019/4/25 プラスチック製品の強度設計 東京都
2019/4/25 レオロジー入門講座 東京都
2019/4/25 メタマテリアル・メタサーフェスの基礎と応用展開 東京都
2019/4/25 プラスチック・エラストマーおよび添加剤の赤外吸収スペクトルの読み方 : 実践ガイド 東京都
2019/4/26 生分解性バイオマスプラスチックの基礎と構造制御による高性能化 東京都
2019/4/26 高分子ゲル材料の設計・構造制御および機能化 東京都
2019/4/26 イソシアナート活用のための総合知識と応用技術 東京都
2019/4/26 持続可能な社会におけるプラスチックの使い方 東京都
2019/5/9 3Dプリンタ用フィラメントの材料設計と応用事例 東京都
2019/5/10 ポリマーアロイ、ブレンドの構造解析、物性評価 東京都
2019/5/13 ラミネート技術の基礎、応用と産業ニーズへの対応 東京都
2019/5/13 高分子材料の耐衝撃性向上と評価 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/8/31 防汚・防水・防曇性向上のための材料とコーティング、評価・応用
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2018/3/29 超親水・親油性表面の技術
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2015/10/1 すぐ分かるラミネート加工技術と実際およびトラブル・シューティング
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/5 真空蒸着技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/5 真空蒸着技術 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/2 機能性エラストマー市場の徹底分析
2013/8/29 長期信頼性・高耐久性を得るための接着/接合における試験評価技術と寿命予測