技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

スケールアップ 「失敗例/解決(対処)法」「原薬コスト削減・原価計算」 コース (2日間)

スケールアップコース

スケールアップ 「失敗例/解決(対処)法」「原薬コスト削減・原価計算」 コース (2日間)

東京都 開催

開催日

  • 2018年9月25日(火) 10時30分 16時30分
  • 2018年10月24日(水) 10時30分 16時30分

プログラム

2018年9月25日「スケールアップ・ダウンのための実験データのとり方・検討と失敗例/解決 (対処) 法」

第1部 失敗例から解説する開発初期でのスケールアップ/ラボ検討で取得しておくべきデータと活用

(2018年9月25日 10:30~13:00)

 本講座では、医薬品開発初期段階のプロセススケールアップに焦点をあてる。プラントでは何が出来て何が出来ないかに着目しながら、ラボ検討で取得しておくべきデータとその活用について解説する。反応危険性評価とプロセスレビューシステムの重要性についても解説する。
 演者が経験した失敗例を紹介しながら、プロセス理解がスケールアップ失敗回避にいかに重要かを説く。

  1. スケールアップ検討に入る前に
    • 医薬品開発におけるプロセス化学
    • 製剤研究との連携
    • 理想的なプロセスとプロセス研究のステップ
  2. ラボとプラントの違い
  3. ラボでのデータ取りとその活用
    • チェックするべき項目
    • サンプリングシートとその活用
    • 安定性データ、ストレステスト
  4. ユーステスト、模擬実験
  5. 反応危険性評価
  6. プラントへ移る前に
    • 攪拌の課題、ろ過の課題
    • プラント機器の材質
    • ダミーラン
    • コミュニケーション、レビューシステム
    • 質疑応答・名刺交換
第2部 スケールアップ・ダウン検討と失敗例/解決 (対処) 法

(2018年9月25日 13:40~16:30)

 医薬品原薬、中間体、化学品開発の最終目標はその商用生産にあり、スケールアップ検討は避けられない部分である。経験的に商用生産に結び付けたプロジェクトは多数あるが、スムーズに進んだことは殆どなく、失敗した経験 (原因究明に伴うスケールダウン実験) がその後の商用生産に役立つケースが多い。スケールアップで失敗すれば時間、原料費等損失は大きい。
 実際に経験した失敗をどのように解決して商用生産に結び付け、その後の検討に生かしたか実例をもとに説明する。

  1. スケールアップとは
    1. 考え方、医薬品原薬の開発を例に
    2. チェック項目
    3. 実験の進め方、スケールダウン実験の重要性
      • 過酸化水素水によるスルフィド誘導体の酸化反応を例に
  2. アミノチアゾール酢酸誘導体の商用生産 (7工程、数トン/年生産) の例
    • ここでは一つの化合物に絞り、実験室スケールからパイロット (200~300L) 、更に商用生産 (数1000Lスケール) へのスケールアップで経験した失敗例、問題点をどのように解決して商用生産に結びつけたか、各工程のポイントを含め説明する。
      1. 出発原料 (アセト酢酸エステル誘導体) の選定 (何を基本に設定すべきか?)
      2. 原料、中間体の安全性評価
      3. オキシム化工程 (NaNO2/酸) での酸の選択、考え方
      4. ジメチル硫酸によるメチル化工程での塩基の選択、考え方
      5. 爆発性中間体の単離回避の検討、廃液の問題
      6. 臭素化工程のスケールアップの問題点、反応開始、副生物、反応機構
      7. チオ尿素によるチアゾール閉環工程での塩基の選択、副生する異性体の除去
      8. アシル化工程の簡略化 (操作が煩雑、抽出-濃縮工程の省略)
      9. アシル化、加水分解生成物の単離方法 (生成物はクリーム状で濾過性が悪く、遠心脱水に長時間必要)
      10. 加水分解工程の改良 (副生物が発生) 、操作簡略化
      11. 加水分解生成物 (カルボン酸誘導体) の再結晶工程の問題 (異性化) 回避
      12. 最終工程 (五塩化リンによるクロル化)
        • コスト問題から溶媒回収が必須 (塩化メチレン/n-ヘキサン混合溶媒から塩化メチレン、n-ヘキサンを回収できるか)
        • 最終洗浄溶剤と乾燥後の製品の品質の相関性
        • 回収溶剤 (塩化メチレン、n-ヘキサン) に微量のアセトンが混入
  3. その他の事例
    1. 設備が腐食してしまった (小スケール実験では想定不可)
    2. ジャケットの保温効果 (想像以上に保温効果が良く、オーバー反応)
    3. 加水分解後の濃縮 (濃縮中に反応が進行)
    4. 原料のグレード変更:低純度品 (98%) を高純度品 (99.5%↑) に変更したところ逸脱、規格外の製品が得られた
    5. 水和物→無水和物の変換 (乾燥機の選択を誤って失敗)
    6. 危険な試薬を使用しなくてはならない (20Lスケール以上は危険性で実施不可)
    7. 先入観を持って検討を開始したため検討に時間を要した
    8. スケールアップを計画したら目的純度の原料が入手できない
    9. 転位反応が原因でスケールアップしたら目的物が得られなくなった
    10. その他
    • 質疑応答・名刺交換

2018年10月24日「医薬品原薬の製造法設定におけるコスト削減の実際と製造原価計算方法」

 開発段階の原薬製造法を設定するに当たっては、将来スケールアップすることを前提に、いくつかの基本的問題を解決しておかなければならない。品質に大きく影響する最終工程には単純な加水分解、塩交換、再結晶などの簡単な工程を配置し、製造日程短縮のためにはリニア・ルートからコンバージェント・ルートに変え、高価な試薬、廃棄物処理に費用の掛かる試薬の使用を回避するなど、常に製造コスト削減を念頭に置いておく必要がある。本講座では製造コスト削減を意識した原薬製造法設定と、実際の原価計算法を述べる。

  1. 第1部 製造法設定におけるコスト削減の方法論
    1. 医薬品原薬の製造法設定
      • 一般的な原薬製造法設定の方法の解説と製造コストに影響する要素の説明
    2. 既存医薬品の製造法評価 … 主な医薬品原薬製造法の定性的評価
      • いくつかの既存医薬品について、報告されている製造法を紹介し評価する。
  2. 第2部 製造原価と製造法評価
    1. 製造原価の要素 (原材料費、人件費、設備費など) について
    2. 創薬段階の合成法と原価計算
      • 塩野義製薬の開発品 (ガストリン受容体拮抗薬S-0509) について創薬段階の合成法を説明し、原価計算する。
      • 開発段階の製造法と原価計算
        • 同じ開発品について治験薬製造の製造法を説明し、原価計算する。
  3. 創薬/開発段階の製造原価を比較し総括する。
    • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 加藤 喜章
    帝人ファーマ 株式会社 生産技術部
    原薬技術グループ長
  • 丸橋 和夫
    株式会社 三和ケミファ 医薬品事業部
    統括本部長

会場

大田区産業プラザ PiO
東京都 大田区 南蒲田1-20-20
大田区産業プラザ PiOの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 66,500円 (税別) / 71,820円 (税込)
複数名
: 35,000円 (税別) / 37,800円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 35,000円(税別) / 37,800円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 66,500円(税別) / 71,820円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 70,000円(税別) / 75,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 105,000円(税別) / 113,400円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/11/19 アジア/ASEAN申請に向けたACTD作成/各国特有の要求事項と参照国データからの申請の考察/変更管理対応 東京都
2018/11/19 日本版GDPガイドラインをふまえた倉庫・保管・輸送管理と温度管理基準/品質確保 東京都
2018/11/19 原薬製造におけるGMP省令改正とこれからの医薬品品質システム要件化への対応 東京都
2018/11/19 PIC/Sガイドラインを踏まえたGDP監査事例と文書管理のポイント 東京都
2018/11/19 初めてのELISA 超入門講座 東京都
2018/11/20 (非無菌・無菌) 環境モニタリングにおけるポイント設定根拠・手順・SOP記載とアラート・アクションレベル設定の妥当性 東京都
2018/11/20 動物用医薬品開発のための承認申請のポイントと再審査申請及び当局対応 東京都
2018/11/20 体外診断用医薬品/機器の市場動向と開発・薬事戦略 基礎講座 東京都
2018/11/21 医薬品原薬製造プロセス設計のための各単位操作の考え方とスケールアップの進め方 東京都
2018/11/21 医薬品工場における空調バリデーションと維持・管理のポイント 東京都
2018/11/22 造粒・打錠プロセスの基礎とトラブル対策 東京都
2018/11/22 CMC申請 (新薬/GE) 資料と一変申請/軽微変更届作成のポイント 東京都
2018/11/22 製品品質照査/データ収集と報告書作成のポイント 東京都
2018/11/27 GMP入門講座 東京都
2018/11/27 バイオ医薬品で起こる蛋白質凝集メカニズム、凝集体形成防止・製剤安定化と培養プロセスでの凝集抑制・凝集体除去 東京都
2018/11/27 高薬理活性医薬品製造における封じ込め技術とリスクアセスメント 東京都
2018/11/27 医薬品マーケティング入門講座 東京都
2018/11/28 かゆみの病態モデル作製と抗体医薬を含む新薬開発の展望 東京都
2018/11/28 医薬品導入・導出の交渉・契約における必須基礎知識 東京都
2018/11/28 製造工程での変更・変動リスクを考慮したフォーミュレーションへの落とし込み 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/9/28 腸内細菌叢を標的にした医薬品と保健機能食品の開発
2018/8/31 がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/6/29 医薬品グローバル開発に必要な英語実務集
2018/5/18 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場
2018/1/30 バイオ医薬品のCTD-Q作成 - 妥当性の根拠とまとめ方 -
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/6/21 体外診断用医薬品開発ノウハウ
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/10 コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/10 コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/27 医薬品包装・容器の材料要求特性と3極局方の品質基準・試験法
2013/9/2 原薬・中間体製造プロセスにおける課題と対策
2013/6/1 画像診断機器(放射線) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/6/1 画像診断機器(放射線) 技術開発実態分析調査報告書
2013/5/31 在宅でのCDTM(共同薬物治療管理)の実践と薬局・薬剤師の次世代モデル
2013/5/30 新薬開発にむけた臨床試験(第I~III相臨床試験)での適切な投与量設定と有効性/安全性評価
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)