技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

新製品開発における複数の開発目標の同時達成する解析法

新製品開発における複数の開発目標の同時達成する解析法

大阪府 開催 デモ付き

開催日

  • 2018年9月6日(木) 10時30分 16時30分

修得知識

  • 実験計画法、タグチメソッド、重回帰分析、応答曲面法の基礎的な活用手順
  • 実験計画の立て方
  • 複数の特性値を最適化する方法 (応答曲面法、シミュレーション)

プログラム

 新製品開発におけるボトルネックのひとつが、複数の開発目標の同時達成することである。例えば、スマートフォンの例では、CPUの動作スピードを上げようとすると、リチウムイオ電池の容量が大きくなりまた電池の体積が増える。このように2つ以上の技術特性を同時に改善しようとすると、従来の技術特性が1つ (単応答) の統計解析法ではなく、複数の技術特性 (多応答) に対応するデータ解析方法が必要になる。代表的な解析法が応答曲面法である。
 講演会では、初歩的な分散分析、単回帰分析から、中級レベルの直交実験、重回帰分析、タグチメソッド、最も難易度が高い応答曲面法までの基礎を習得していただく。Microsoft Excelを使った例題を数多く用意してあるのでMicrosoft Excelのデモンストレーションを見ながら手法の理解を深める。さらに企業の開発現場にセミナーで使用したMicrosoft Excelデータを持ち帰り復習することで、現場での手法の適用をすることができる。

  1. 第1章 新製品開発の効率化
    1. 開発期間が延びる理由
    2. ボトルネックを見つけるQFD (品質機能展開)
    3. ボトルネック解決のアイデアだすTRIZ
    4. 開発における実験データの解析法
  2. 第2章 実験計画法
    1. 実験計画の立て方
    2. 要因が1~2の実験データ解析 (1、2元配置分散分析) (Microsoft Excelでデモンストレーション)
    3. 直交計画
    4. 主効果と交互作用
    5. 多数の要因の実験データ解析 (2水準系直交実験L8) (Microsoft Excelでデモンストレーション)
    6. 多数の要因の実験データ解析 (3水準系直交実験L9) (Microsoft Excelでデモンストレーション)
  3. 第3章 タグチメソッド
    1. 静特性のパラメータ設計 (Microsoft Excelでデモンストレーション)
    2. 動特性のパラメータ設計 (Microsoft Excelでデモンストレーション)
  4. 第4章 実験データを回帰分析、数量化理論Ⅰ類で解析する
    1. 実験データを単回帰分析で解析する (Microsoft Excelでデモンストレーション)
    2. 実験データを数量化理論Ⅰ類で解析する(Microsoft Excelでデモンストレーション)
    3. 実験データを重回帰分析で解析する (Microsoft Excelでデモンストレーション)
    4. 多応答の重回帰分析+シミュレーション(Microsoft Excelでデモンストレーション)
  5. 第5章 応答曲面法
    1. 応答曲面法のモデル
    2. 実験計画法との違い
    3. 応答曲面法の計画立案方法
    4. 開発目標が1つ (単応答) の応答曲面法(Microsoft Excelでデモンストレーション)
    5. 開発目標が複数 (多応答) の応答曲面法(Microsoft Excelでデモンストレーション)
    6. 複数の開発目標をまとめる望ましさ関数
  6. 第6章 解析ソフトウェアの紹介
    1. JUSE – STATWORCSの紹介
    2. JUSE – STATWORCSのデモンストレーション
    • 質疑応答

会場

ドーンセンター

5F 大会議室2

大阪府 大阪市 中央区大手前1丁目3-49
ドーンセンターの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/9/25 ダイコーティングの基礎理論とトラブル対策 東京都
2018/9/25 技術者のための経済性工学実践セミナー 東京都
2018/9/25 ICH Q1Eに準拠した安定性試験結果の統計解析による有効期間の推定方法 東京都
2018/9/25 合理的なスプレッドシートのバリデーション・管理/運用とデータインテグリティ対応 東京都
2018/9/26 オーファンドラッグ (希少疾病用医薬品) の開発・臨床試験のポイント 東京都
2018/9/26 技術者のためのデザイン思考の基礎と具体的手法 東京都
2018/9/27 新製品開発プロジェクトの進め方 東京都
2018/9/27 費用対効果分析 (HTA) 習得セミナー 東京都
2018/9/27 特許オープン・クローズ戦略を実践するための「初めの一歩」 東京都
2018/9/27 医薬品開発の効率的なプロジェクトマネジメント 東京都
2018/10/2 図解とExcelで学ぶデリバティブ実務のすべて 東京都
2018/10/17 「データインテグリティの本質」「スプレッドシート信頼性担保」コース 京都府
2018/10/17 分析法バリデーションにおける統計解析Excel実習とバリデーション結果の読み取り方 京都府
2018/10/18 Excelスプレッドシートの信頼性担保と規制当局の指摘事項 京都府
2018/10/19 医薬品の製造管理/QC&QA業務に必要な統計の基礎と実践のコツ 東京都
2018/10/24 未来予測の思考法 東京都
2018/10/24 潜在ニーズの見える化、新製品開発への応用 東京都
2018/10/25 医療機器開発のための事業化戦略とプロジェクトマネージメント 東京都
2018/10/26 医薬品マーケティングの基礎講座 東京都
2018/10/29 開発新薬の市場性/事業性に関する経営層への“説明説得”と売上予測・PJ評価 東京都