技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

プラズマエッチングの必須基礎知識と表面反応制御・表面分析

プラズマエッチングの必須基礎知識と表面反応制御・表面分析

東京都 開催 会場 開催

開催日

  • 2018年7月25日(水) 12時30分 16時15分

受講対象者

  • プラズマエッチングに関連する技術者、製造技術担当者、品質担当者
    • MEMS
    • 半導体
    • 微細回路 など
  • 半導体デバイスメーカー、装置メーカー、材料メーカーの研究開発・生産製造に携わる方
  • これからプロセスプラズマを扱う方
  • プロセスガスの開発に携わっている方

修得知識

  • 第1部:
    • プラズマの基礎
    • プロセスプラズマの基礎物理量
    • プロセスガスの物理的性質
    • プロセスガスの電子物性と解離
    • 気相反応と表面反応についての考察
  • 第2部:
    • 半導体デバイスおよび製造プロセスの技術トレンド
    • プラズマエッチングおよび原子層エッチングの基礎知識
    • 各種材料の表面反応およびエッチングプロセス制御の考え方

プログラム

第1部 プロセスプラズマの基礎と応用

- 特にプロセスガスの解離過程とプロセスレシピ構成について –

 プロセスプラズマの基本的な物理量、シースとその役割、プロセスガス及び生成物の蒸気圧・発生量等、について述べ、プロセスプラズマついてより深い理解を持って頂くよう解説する。さらに、プロセスガスの解離過程について、特に計算化学で得られる情報について、解説しプロセスレシピとガス混合比について考察する。また、今後に必要とされるダメージレスエッチング技術について、CDEを含めて、議論する。

(12:30~14:15)

  1. はじめに
  2. プロセスプラズマの基礎
    • 分子数密度
    • 電子密度
    • 正負イオン密度
    • 電子温度
    • イオン温度
    • 基板入射フラックス量とプロセス速度
  3. RFシースの役割とイオンエネルギー
    • RFシースとは何か
    • RFシース内のイオン挙動
    • RFシースと電子挙動
    • 陰極基板電位発生のメカニズム
    • RFシース内での電荷交換
    • 基板入射イオンのエネルギー分布とRF周波数との関係
  4. 低圧プラズマとCDEの相違
    • 気相中での化学反応をどう考えるか
    • 気相反応と表面反応
  5. 気相中のガス解離過程と反応
    • 電子温度とプロセスガス解離との相関
    • ガス解離過程と反応
  6. プロセスガスの解離過程とレシピ構成
    • 解離過程からわかるガス種選択
    • ガス解離過程が分かればレシピ構成の方向が見える
  7. 今後の方向について
    • 質疑応答・名刺交換

第2部 プラズマを用いた原子層エッチングと表面反応制御・表面分析

(14:30~16:15)

 プラズマを用いた原子層エッチングは、次世代の微細な三次元構造を持つ半導体デバイスを開発、製造する際に必要となる技術である。モノのインターネット (IoT: Internet of Things) の普及により、データ処理を担う半導体集積回路の微細化/三次元化は益々進んでおり、最小加工寸法が10ナノメートル以下となる今後の半導体デバイス製造プロセスには、原子層レベルの制御性でプラズマエッチングする技術が求められている。
 本講座では、プラズマを用いた原子層エッチング技術について、半導体デバイスのトレンドからエッチング反応の原理、表面原子層反応の制御、エッチング装置、そして最先端の原子層エッチング開発事例までを、メーカーのエッチング技術開発の現場にいる講師が、実経験を交えながら分かり易く解説する。

  1. 半導体デバイス製造におけるプラズマエッチング
    1. 半導体デバイスのトレンド
      1. ロジックデバイス
      2. メモリーデバイス
    2. デバイス構造および製造プロセス
      1. デバイス構造
      2. 製造プロセスフロー
      3. エッチングプロセス
  2. プラズマエッチングの表面反応と先端課題
    1. プラズマエッチングにおける表面反応
      1. エッチング反応の基礎
      2. 入射イオンとラジカル
      3. エッチング表面反応
    2. プラズマエッチングプロセスの歴史
    3. 先端デバイスの課題と原子層エッチング
  3. プラズマを用いた原子層エッチングと表面分析
    1. 原子層プロセス (ALD/ALE) の開発動向
    2. 原子層エッチングの開発動向
    3. 異方性ALEと等方性ALE
    4. プラズマと熱サイクルを用いた等方性ALE
    5. 原子層エッチング装置
    6. 原子層エッチングと表面分析
      1. XPS分析
      2. TDS分析
    7. 各種材料の原子層エッチング
      1. 窒化シリコン
      2. 窒化チタン
      3. タングステン
  4. 今後の課題
  5. まとめ
    • 質疑応答・名刺交換

会場

江東区役所 商工情報センター (カメリアプラザ)

9F 会議室

東京都 江東区 亀戸2-19-1
江東区役所 商工情報センター (カメリアプラザ)の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/6/10 自動車外装部材への加飾技術 東京都
2020/6/12 塗布膜乾燥の基本とプロセス・現象・本質の理解&最適化と欠陥・トラブル対策 オンライン
2020/6/15 ポリマーブラシの基礎と応用に向けた技術的課題と展望 東京都
2020/6/17 フッ素化学入門 東京都
2020/6/24 超親水・超撥水の制御と応用展開 東京都
2020/6/24 機能性コーティング塗膜の基礎と応用 東京都
2020/6/25 超撥水・撥油/超親水/高滑液性表面創製技術 東京都
2020/6/30 金属粉末3Dプリンタとその材料の技術動向 東京都
2020/6/30 異種材料接着における金属表面処理技術の基礎と応用 (耐久性および評価技術) 東京都
2020/7/2 めっきの基礎と応用 東京都
2020/7/7 シリカの分散・凝集制御とポリマー系ナノコンポジットのフィラーとして使いこなす活用術 オンライン
2020/7/10 トライボロジーの基礎と成膜処理によるトライボロジー特性の向上 東京都
2020/7/10 金属ナノ粒子・微粒子 徹底解説 東京都
2020/7/14 スパッタ・真空蒸着と膜質改善技術の徹底解説 東京都
2020/7/16 粉体の基礎と微粒子コーティング・表面改質技術 東京都
2020/7/22 フッ素樹脂コーティングの基礎 東京都
2020/7/27 塗膜の濡れ・付着・密着コントロールとトラブルへの対策 オンライン
2020/7/27 粉粒体へのコーティングと表面改質技術 オンライン
2020/7/28 溶解性パラメーター、表面張力の求め方、使い方とコーティング材料への適用例 大阪府
2020/7/29 水性塗料の配合設計術 東京都

関連する出版物