技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ウェアラブルデバイス / センシングの基礎知識・開発技術動向と今後の応用展開

ウェアラブルデバイス / センシングの基礎知識・開発技術動向と今後の応用展開

東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、ウェアラブルデバイスやウェアラブルセンシング技術の基礎、開発に求められる技術のポイント、取得データの活用の仕方について分かりやすく解説いたします。

開催日

  • 2018年2月21日(水) 10時30分 16時30分

修得知識

  • ウェアラブルデバイス・ウェアラブルセンシング技術の基礎
  • 開発に求められる技術のポイント
  • 取得データの活用の仕方

プログラム

 ICT、IoT (Internet of Things) の発展とともに様々なタイプのウェアラブルデバイスが登場し、応用もヘルスケアやフィットネス用途だけではなく、医療、スポーツ、自動車、サービス産業など幅広い分野に広がっています。本講演では、ウェアラブルセンシングの背景および基礎、デバイスの進化を支えるセンサ技術、アプリケーション技術について解説し、ウェアラブルセンシング技術の基本からビジネスに生かすための応用まで、一貫して理解し習得できるように構成しました。多種多様な機能を小型軽量化、低消費電力化、高性能化した「ウェアラブル」は、成熟してきた多くの技術を統合しています。具体的な最新のデバイスやセンシング技術、研究開発事例を取り上げながら、基本技術からサービス展開に向けたアプリケーション技術についてまでを学びます。
 セミナー受講により、ウェアラブルデバイスやウェアラブルセンシング技術の知識、開発に求められる技術のポイント、取得データの活用の仕方についての知識を修得することができます。

  1. ウェアラブルセンシングの基礎
    1. ウェアラブルデバイス・センシングの背景 – これまでの状況と現在の動向 –
    2. ウェアラブルによるセンシング対象と要求ニーズ
    3. ウェアラブルデバイスの基本構成とウェアラブル向けモジュール・部品・材料
    4. ウェアラブルセンシングの構成要素技術
  2. ウェアラブルセンシング技術
    1. 生体情報センシング
      1. 生体情報計測手法の基礎
      2. ウェアラブル生体センサの計測原理と基本構造、データ処理・活用法
        • 心電計
        • 脈波センサ
        • 血流量センサ
        • 温度センサ
        • 血圧計
        • パルスオキシメータ
        • 脳波センサ
        • 眼電位センサ/眼球運動センサ
        • 血糖センサ 等
    2. 行動情報センシング
      1. 行動情報計測手法の基礎
      2. ウェアラブル行動センサの計測原理と基本構造、データ処理・活用法
        • 加速度センサ
        • ジャイロセンサ
        • 磁気センサ
        • 気圧センサ
        • マイクロフォン
        • イメージセンサ 等
  3. 通信・ネットワーク技術
    1. ウェアラブルにおけるデータ通信手法
    2. 近距離無線通信技術
  4. アプリケーション技術
    1. アプリケーションシステム構成
    2. アプリケーションにおけるデータ処理・蓄積・活用法
      - データ特性、機械学習、クラウド –
  5. 応用事例と将来展望
    1. 医療・ヘルスケア分野への応用
    2. スポーツ・フィットネス分野への応用
    3. 自動車分野への応用
    4. 産業・業務用・その他サービス分野への応用
  6. まとめ
    • 質疑応答・名刺交換

会場

江東区文化センター

3F 第1研修室

東京都 江東区 東陽四丁目11-3
江東区文化センターの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

割引特典について

  • R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
    • 1名でお申込みいただいた場合、1名につき 43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)
    • 複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき 23,139円 (税別) / 24,990円 (税込)
    • 案内登録をされない方は、1名につき 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/7/8 感性・官能評価用アンケート設計と物性値への落とし込み オンライン
2022/7/8 次世代ミリ波システムに望まれる材料と応用 オンライン
2022/7/11 ディープラーニングの推論パフォーマンスを改善するモデル軽量化技術の基礎と最新動向 オンライン
2022/7/11 CMOSイメージセンサーの基礎とイメージング技術の最新動向 オンライン
2022/7/13 次世代通信技術とデバイス 最新動向 オンライン
2022/7/14 小規模データに対する機械学習の効果的適用法 オンライン
2022/7/18 感性計測・評価技術と製品の快適さ・心地よさ向上への応用 オンライン
2022/7/19 1日で分かるVisual SLAMの基礎 オンライン
2022/7/19 ドライバ状態モニタリング/センシング技術と統計処理・機械学習の活用 オンライン
2022/7/20 電波反射材によるミリ波伝搬の制御、通信環境改善 オンライン
2022/7/20 車載用遠赤外線カメラシステムの効果と課題、及び遠赤外線カメラの将来性について オンライン
2022/7/21 自動運転用センサフュージョン技術と動向 オンライン
2022/7/21 産業応用のための3次元点群処理の基礎 オンライン
2022/7/21 Pythonで始めるコンピュータビジョン (CV) 技術の超入門 オンライン
2022/7/22 テラヘルツ波の基礎と産業への応用 オンライン
2022/7/22 畳み込みニューラルネットワークとVision Transformerの基礎と画像認識への応用 オンライン
2022/7/26 生体信号計測・処理の基本と生体情報のデータマイニング オンライン
2022/7/27 グラフニューラルネットワーク (GNN) 入門 オンライン
2022/7/27 5Gの本質を理解するための基礎技術・標準規格・制度化 オンライン
2022/7/27 外観検査自動化に向けた画像処理・AI技術活用の課題と導入のポイント オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/6/30 人工知能を用いた五感・認知機能の可視化とメカニズム解明
2021/2/26 高速・高周波対応部材の最新開発動向
2020/7/31 生体情報センシングと人の状態推定への応用
2020/6/11 5GおよびBeyond 5Gに向けた高速化システムおよびその構成部材
2020/4/30 生体情報計測による感情の可視化技術
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2019/1/29 高周波対応部材の開発動向と5G、ミリ波レーダーへの応用
2018/6/30 ヒトの感性に訴える製品開発とその評価
2018/5/31 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2016/1/20 画像ワーピング技術とその応用
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2015/8/17 防犯・監視カメラ〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2015/6/26 2015年版 民生機器用蓄電池市場の実態と将来展望
2014/6/30 マイクロセンサ 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/10 生体信号処理技術(脳波) 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/10 生体信号処理技術(脳波) 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)