技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

FOWLPの基礎と最新技術動向

FOWLPの基礎と最新技術動向

東京都 開催

概要

本セミナーでは、半導体パッケージ技術の基礎から、最新FOWLP技術について詳しく解説いたします。

開催日

  • 2017年11月27日(月) 12時30分 16時30分

修得知識

  • 半導体パッケージ技術の変遷と要素技術
  • 半導体パッケージの形状、材料、工程

プログラム

 いわゆる半導体前工程の世界では、微細化の物理的限界により、ムーアの法則の終焉が近づきつつありますが、パッケージ工程の世界では、FOWLP技術がiphone7に採用されるなど、次々と新しい技術が開発、製品化されています。半導体パッケージはDIPを原点とし、様々な形態に進化してきましたが、それは「高性能化」、「多機能化」、「小型化」の3つのキーワードに従ったものです。
 本セミナーではパッケージ技術の進化を、これまでの技術の流れに沿って解説し、そのことにより、最新の方式であるFOWLPの目的、工程フロー、要素技術、将来の発展性などについてより深く理解していただきます。

  1. 実装工程とは?
    1. ICと電子部品の実装工程の変遷
    2. 1960-70年代の実装
    3. iPhoneの中身は?
    4. 電子部品形状の変遷
  2. 半導体の製造工程
    1. 前工程と後工程
    2. ウエハテスト工程
    3. 裏面研削工程
    4. ダイシング工程
    5. テープ貼り合わせ剥離工程
  3. 半導体パッケージとは?
    1. 半導体パッケージに求められる機能
    2. PCの高性能化とパッケージの変遷
    3. 携帯電話の小型化多機能化とパッケージの変遷
    4. 半導体パッケージ技術のロードマップ
    5. パッケージ進化の3つの方向性 ~高性能化、多機能化、小型化~
  4. 半導体パッケージの進化
    1. パッケージ構造のカテゴライズ
    2. ピン挿入型 DIP、SIP、SOP
    3. 表面実装型 SOP、QFJ、SOJ
      1. リードフレーム
      2. ダイボンディング
      3. ワイヤボンディング
      4. モールド封止
    4. テープ実装型 TAB、TCP、COF
    5. エリアアレイ型 P-BGA、FCBGA
      1. パッケージ基板の製造方法
      2. フリップチップ C4バンプ
    6. 小型化パッケージ
      1. QFNの製造方法
      2. WLPの製造方法
    7. 多機能化パッケージ
      1. SiPとSoC
      2. 様々なSiP方式
      3. TSV
  5. FOWLP技術
    1. FOWLPの歴史
    2. FOWLPの基本工程
      1. チップ再配置
      2. モールド工程
      3. RDL工程
      4. シンギュレーション工程
    3. eELB (フェースダウン方式) の課題
    4. InFO (フェースアップ方式) の優位性と課題
    5. ダイラスト (RDL First) 方式
    6. FOWLPのSiPへの応用
  6. まとめ
    • 質疑応答

講師

  • 礒部 晶
    株式会社 ISTL
    代表取締役

会場

江東区産業会館

第2会議室

東京都 江東区 東陽4丁目5-18
江東区産業会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

割引特典について

  • R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
    • 1名でお申込みいただいた場合、1名につき 43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)
    • 複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき 23,139円 (税別) / 24,990円 (税込)
    • 案内登録をされない方は、1名につき 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)