技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

伝熱の基礎とExcelによる定常・非定常伝熱計算演習

伝熱の基礎とExcelによる定常・非定常伝熱計算演習

東京都 開催 1人1台PC実習付き

概要

本セミナーでは、Microsoft Excelを用いた実習を通して、伝熱問題に対する非定常熱伝導方程式と、実務に応用するための基礎力を身に付けていただきます。

開催日

  • 2017年7月18日(火) 10時30分 16時30分
  • 2017年7月19日(水) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 熱設計、熱計算に関連する技術者
    • LED
    • 照明
    • 太陽光発電パネル
    • 電子機器・電子基板の放熱
    • 半導体パッケージ
    • PC・サーバ機器設計
    • 電源ユニット
    • 自動車
    • プラントなど
  • これから熱計算に携わる方
  • 金型や高温製品の冷却工程設計者
  • 円柱状プラスチック、ゴム製品の表面温度計測技術者
  • 溶接や高温レーザによって発生する微小粉塵の冷却計算従事者
  • CAE、FEMなどによる固体内の温度分布検証が必要な研究者

修得知識

  • 伝熱計算の基礎
  • Microsoft Excelによる非定常伝導・定常熱伝導の計算

プログラム

 伝熱工学の基礎知識が体系的に習得できます。さらに、Excelを用いて簡単な伝熱問題に対する非定常熱伝導方程式を解く方法を習得できます。学習した手法を用いるとExcelのアプリを自ら構築することも可能になります。なお、本セミナーでは解説する手法に基づいて実際に開発したオリジナルの伝熱解析ソフトを無償配布するため、使用方法をマスターすれば自分でプログラミングを行う必要もなくなります。
趣旨
 熱の移動に関する知識は伝熱工学として理論的に体系化され、熱の概念を扱う熱力学とともに熱工学分野の重要な科目となっています。機械系エンジニアにとって、伝熱が関与する諸問題を解決する上で伝熱現象の正しい理解は不可欠と言えます。本セミナーでは、初日に伝熱工学の基礎事項として熱の本質から始まり、様々な伝熱の形態やそれらの応用例としての熱交換器、フィン、内部発熱問題などを体系的に概説します。2日目には非定常および定常の1次元および2次元熱伝導問題を解くための基礎式、数値解法のテクニック、Excelを用いて伝熱計算を解く手法を解説します。

1日目

伝熱工学を理解する上で必要となる基礎事項を概説します。
  1. 熱とは何か
  2. 伝熱の3形式
  3. 定常熱伝導と非定常熱伝導
  4. 熱通過
  5. 熱交換器の伝熱計算
  6. フィンの伝熱
  7. 放射伝熱
  8. 沸騰
  9. 凝縮
  10. 物質拡散
  11. 内部発熱問題

2日目

Excelを用いて伝熱問題を解く手法について解説し、実際にコンピュータを用いて配布オリジナルソフトの使い方を練習します。

  1. 熱伝導方程式と差分近似
    1. 熱伝導方程式とは何か
    2. 解析解と数値解
    3. 差分近似とは何か
    4. 非定常熱伝導方程式の差分近似
    5. 定常熱伝導方程式の差分近似
  2. 直交座標系1次元非定常熱伝導
    1. 差分近似式はこうなる
    2. 無限平行平板で両表面温度が一定の場合の計算例
    3. 多層無限平行平板の場合の計算例
    4. 対流熱伝達により無限平行平板の両表面温度が変化する場合の計算例
    5. 多層平行平板に一様熱流束が与えられ、反対側に対流熱伝達が存在する場合の計算例
    6. 応用 (1次元非定常熱伝導方程式を用いたモデリング)
  3. 直交座標系2次元非定常熱伝導
    1. 差分近似式はこうなる
    2. 計算方法
    3. VBAの利用方法
    4. 境界面温度が変動する場合の計算式
    5. VBAによる境界面温度の計算
    6. 応用 (周囲を冷却される正方形断面管の温度分布)
  4. 円柱座標系1次元非定常熱伝導の数値解法
    1. 円柱の表面温度が一定の場合の非定常1次元温度分布
    2. 円柱の表面温度が変化する場合の非定常1次元温度分布
  5. 直交座標系定常熱伝導
    1. 差分近似式はこうなる
    2. 1次元定常熱伝導
    3. 壁面温度が固定される場合の2次元定常温度分布
    4. 壁面温度が固定されない場合の2次元定常温度分布
    5. 応用 (二重被覆電線の2次元温度分布)
  6. 円柱座標系定常熱伝導
  7. 非定常拡散
    • 質疑応答

会場

江東区役所 商工情報センター (カメリアプラザ)

9F 会議室

東京都 江東区 亀戸2-19-1
江東区役所 商工情報センター (カメリアプラザ)の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 64,800円 (税込)

割引特典について

  • R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
    • 1名でお申込みいただいた場合、1名につき 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)
    • 複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき 30,000円 (税別) / 32,400円 (税込)
    • 案内登録をされない方は、1名につき 60,000円 (税別) / 64,800円 (税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/11/25 先端・高性能マイクロ熱輸送・冷却デバイスの研究開発動向と応用展開 東京都
2019/11/26 トラブル未然防止のための信頼性試験法と耐用寿命予測の実際 東京都
2019/11/27 医薬品の開発、販売活動にむけた医療ビッグデータ/リアルワールドデータ (RWD) 解析 東京都
2019/11/28 進化計算による多目的最適化の基礎と応用技術 東京都
2019/11/29 食品期限設定ノウハウと期限延長技術 東京都
2019/12/2 電子機器の熱設計技術と熱流体解析 東京都
2019/12/2 統計的データ解析と実験計画法の基礎と実践 東京都
2019/12/4 凍結乾燥プロセスのメカニズム、必須知識、最適化の考え方 東京都
2019/12/5 分析法バリデーションの統計解析 入門 & 専門 2日間コース 京都府
2019/12/5 分析法バリデーションの統計解析 入門コース 京都府
2019/12/6 分析法バリデーションの統計解析 専門コース 京都府
2019/12/6 ダイコーティングの基礎理論とトラブル対策 東京都
2019/12/10 企業価値評価のための割引率の算定 東京都
2019/12/10 放熱材料の高熱伝導化と車載電子製品への応用 東京都
2019/12/12 コンピュータバリデーション & ER/ES指針セミナー (2日間) 東京都
2019/12/12 半導体封止材料の配合設計・製造応用技術と先端パッケージ対応 東京都
2019/12/12 半導体封止材料の設計・製造技術 総合解説 (2日間) 東京都
2019/12/12 光学多層膜の解析と最適設計 東京都
2019/12/12 コンピュータバリデーション & ER/ES指針セミナー 東京都
2019/12/16 Excel実習で学ぶ医薬品の販売数量と薬価の予測 東京都