技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ヒト (薬物) 代謝物の毒性評価と構造解析・同定ノウハウ

ヒト (薬物) 代謝物の毒性評価と構造解析・同定ノウハウ

~活性/構造と毒性の関連、精度・正確を必要とする構造解析・同定方法~
東京都 開催 会場 開催

開催日

  • 2014年1月27日(月) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 医薬品、製剤に関連する技術者、品質担当者、管理者

プログラム

第1部 『薬物代謝物の活性/構造と毒性評価』

(2014年1月27日 10:30〜13:00)

 医薬品における代謝物の毒性は原薬の非臨床試験で一般的に評価が行われていますが、既知の毒性代謝物や動物種差のみられる代謝物では、ケースバイケースで評価試験が実施されています。ICH ガイドラインM3 (R2) では、in vitroにおける動物種差データに基づいたトキシコキネティクスの重要性が指摘され、Q&Aでは、ヒトにおける代謝物量に応じた非臨床評価スキームが示されている。ICH S2 (R1) では、遺伝毒性試験の評価において生体特有の要素 (代謝物等) を加味して毒性評価を行うこと等、代謝物への毒性評価対策が明らかになってきています。
 今回、ICHガイドラインに加えて代謝物の活性や構造に起因する毒性の事例とともに毒性評価の課題を整理して解説いたします。

  1. 薬物代謝物とは
    1. 不活性代謝物
    2. 活性代謝物
    3. 親化合物と類似の活性代謝物
    4. 親化合物以上の活性を有する代謝物
    5. 新規の活性代謝物
    6. 毒性代謝物
  2. ガイドラインにおける毒性評価のポイント
    1. 原薬並びに代謝物の毒性評価
    2. 代謝物の評価ポイント
  3. 薬物代謝と毒性評価
    1. 活性と毒性
    2. 代謝と毒性
    3. 化学構造と毒性
  4. 薬物代謝酵素誘導と阻害
    1. 代謝酵素と毒性
  5. 薬物代謝における遺伝子多型と毒性
    1. 非臨床毒性試験成績とヒトにおけるリスクアセスメント
    • 質疑応答・名刺交換

第2部 『開発スケジュール・申請データを意識したヒト代謝物の構造解析・同定ノウハウ』

(2014年1月27日 13:50〜16:30)

 講師は2013年度薬物動態学会での創薬貢献北川賞の受賞に繋がるセフィキシム (経口抗生物質) 、ソマゾン (成長ホルモン) 、タクロリムス (免疫抑制剤) 、ミカファンギン (抗カビ抗生物質) 、アイソダック (制癌抗生物質) の代謝物の構造解析と定量分析での難題を解決し創薬に貢献した。LC-MSの改良や構造解析ソフトの改良にも貢献した。
最近の業績はSafety Testing of Drug Metabolites (MIST) ガイダンスの対策をマイクロドース試験で実施した。また標準物質のない代謝物をLC-MSで定量するMIST対策を確立し論文発表した。
 先ず、LC-MSのプロトン化分子とフラグメンテーションに基づいたヒト代謝物の構造解析の知識、測定技術、演習問題で構造解析の基礎力をつける。ヒト代謝物の構造解析・同定のMIST対策は開発スケジュールに大きく影響し、安全性試験動物の選択、臨床試験でのヒトin vivo代謝物による開発候補品の選択の判断基準、ヒトでの活性代謝物の諸問題の解決対策、申請データまで重要な役割を担っている。
構造解析のスピードを重視する早期での戦略・方法・実施と、申請データの網羅的代謝物の精度、正確を必要とする代謝物の構造解析の戦略・方法・実施をお話し、医薬品も合成低分子医薬品、醗酵や天然物の比較的分子量の大きな医薬品、最近の傾向では蛋白・核酸の高分子医薬品があり、構造解析の方法・戦略・実施が異なる。製薬会社で創薬・医薬品開発の合成研究・薬物動態研究の経験、学生時代から今日まで創薬・医薬品開発研究の経験で培った質量分析の知識・技術のknow-howを若い世代に引き継いでおきたい。

  1. ヒト代謝物の構造解析の質量分析
    1. 理論 (プロトン化分子、フラグメンテーション、マスシフト)
    2. 測定
      1. 特徴 1.2.2 選択 1.2.3 使い方
    3. データ
    4. 演習
  2. 高分解能質量分析装置を用いたヒト代謝物の構造解析
    1. 理論
    2. 測定
      1. 特徴 2.2.2 選択 2.2.3 使い方
    3. データ
    4. 演習
  3. 医薬品開発段階に応じたヒト代謝物の構造解析
    1. 意味
    2. 戦略
    3. 方法論
    4. In vitroヒト代謝試験
      1. 肝ミクロソーム Phase I代謝物
      2. ヘパトサイトPhase I & II代謝物
      3. S9 PhaseI & II代謝物
      4. ロボットを用いた探索代謝
    5. In vivo代謝試験
      1. 代謝ケージ動物試験試料
      2. 安全性試験試料
      3. 臨床試験試料
  4. Safety Testing of Drug Metabolites
    1. 内容
    2. 戦略
    3. 対策
  5. Microdose Clinical Study でのMIST評価の意味・戦略・実際
    1. 内容
    2. 戦略
    3. 対策
  6. 標準物質のない代謝物をLC-MSで定量するMIST対策
    1. 内容
    2. 戦略
    3. 対策
  7. In vivo代謝比較試験と毒性試験動物の選択
    1. 内容
    2. 戦略
    3. 対策
  8. In vitro代謝試験と探索代謝試験でのヒト代謝物の構造解析
    1. 内容
    2. 戦略
    3. 対策
  9. 質量分析によるヒト代謝物の構造解析の実践
    1. 低分子医薬品の質量分析によるヒト代謝物の構造解析の実践
      1. 合成医薬品 9.1.2 醗酵医薬品
    2. 高分子医薬品の質量分析によるヒト代謝物の構造解析の実践
      1. タンパク質 9.2.2 核酸
  10. 活性代謝物と生体成分複合体の質量分析による構造解析の実践
    1. 内容
    2. 戦略
    3. 対策
    • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 飯島 護丈
    AEIC研究所
    代表 非臨床開発コンサルタント
  • 戸塚 善三郎
    大阪大学 大学院 薬学研究科招聘
    教授

会場

連合会館

4F 401

東京都 千代田区 神田駿河台三丁目2-11
連合会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,667円 (税別) / 44,800円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名同時申込みで1名分無料 (1名あたり23,625円)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/11/19 オーファンドラッグ開発における情報収集ノウハウと疾患選択基準 オンライン
2021/11/22 ICH-GCP及びグローバル開発を踏まえた品質マネジメントシステム (QMS) 構築 オンライン
2021/11/22 改正省令に対応したGQP・GMPの重要ポイント オンライン
2021/11/22 次世代抗体医薬品製造に向けたダウンストリーム工程の生産性強化手法 オンライン
2021/11/24 PIC/S査察官向けガイダンスを踏まえたラボと製造のデータインテグリティ実務対応 オンライン
2021/11/24 リモート監査を含むGMP査察での必須英語表現と効果的説明ノウハウ オンライン
2021/11/24 医薬品製造における逸脱/変更管理 (同等性評価) と一変・軽微の判断基準 オンライン
2021/11/25 オイルゲルの基礎と使用感触・製品安定性のコントロール オンライン
2021/11/25 臨床移行を目指した創薬段階でのスクリーニング試験の効率的な実施と信頼性基準適用 オンライン
2021/11/25 医薬品原薬工場の設備設計およびバッチ製造から連続製造へ転換のポイント オンライン
2021/11/25 体外診断用医薬品 (IVD) の臨床開発戦略と薬事申請における留意点 オンライン
2021/11/26 凍結乾燥製剤の設計とスケールアップ対策講座 オンライン
2021/11/26 改正GMP省令下における品質リスクマネジメントとその要求事項・対応/必要な体制 オンライン
2021/11/26 非無菌医薬品における微生物学的品質管理の必要レベルと微生物限度試験法実施事例 オンライン
2021/11/26 実例をふまえた臨床開発での電子データ取得におけるデータインテグリティ確保するための方策 オンライン
2021/11/26 「Quality Culture」診断とRCSA活動による「患者リスク」対策事例 会場・オンライン
2021/11/26 遺伝子パネル検査の基礎および品質・信頼性確保のポイント オンライン
2021/11/29 グローバルGMPをふまえた最新バリデーションの理解 オンライン
2021/11/29 技術移転 (製法・試験法) の手順と同等性の評価方法 (バイオ編) 東京都 会場・オンライン
2021/11/29 医薬品製造における交叉汚染リスクと汚染管理戦略 オンライン

関連する出版物

発行年月
2011/8/3 「回顧的バリデーション」および「リスクアセスメント」実施方法
2011/7/10 抗癌剤 技術開発実態分析調査報告書
2011/7/5 分析機器やLIMSのバリデーションとER/ES指針
2011/7/1 コンピュータバリデーション実施の手引き
2011/6/29 3極申請対応をふまえた不純物の規格設定と不純物プロファイル管理
2011/6/28 治験の臨床検査値における軽微変動が意味するもの / 有害事象判定
2011/6/28 3極要求を反映したGMP-SOP全集
2011/5/26 厚生労働省ER/ES指針、21 CFR Part 11とコンピュータバリデーション (中級編)
2011/5/25 超入門 厚生労働省ER/ES指針、21 CFR Part 11とコンピュータバリデーション
2011/4/20 厚生労働省「コンピュータ化システム適正管理ガイドライン」対応実践講座
2011/1/28 3極GMP/局方における無菌性保証と査察対応
2011/1/25 供給者監査実施のノウハウと注意点
2010/12/6 日本での申請をふまえたアジアンスタディと各国の相違
2010/12/1 「コンピュータ化システム適正管理ガイドライン」対応準備の手引き
2010/11/29 FDA Part11査察再開と欧州ANNEX11要求対応
2010/11/25 EDC適合性調査と医療機関事前対応
2010/11/10 開発段階に応じたグローバル対応の治験薬開発QA
2010/10/28 薬物動態(「ヘ」項)試験におけるデータ・試験の信頼性確保・保証とQC・QA手法/タイミング
2010/8/20 3極GMP査察対応シリーズ
2010/5/27 CMCレギュレーションとドラッグマスターファイル(DMF)作成入門