技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ものづくり、研究開発の成功に必要な論理的技術者思考とその実践

ものづくり、研究開発の成功に必要な論理的技術者思考とその実践

~効率的、確実に目的を達成できる考え方と具体的方法を演習で学ぶ~
オンライン 開催

概要

本セミナーは、分析手法の解説から、モノづくりや問題解決のための手法選択から分析の進め方といった分析設計について、基本となるセオリーから豊富な事例やケーススタディーを用いて、詳細に解説いたします。

開催日

  • 2024年6月19日(水) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 研究開発、モノづくりに携わる方
  • 品質保証部門の方
  • 製品トラブル解決に関わる方
  • 分析部門の方
  • 上記に関わる管理者

修得知識

  • 目的志向でゴール設定し、確実に目標達成する力
  • 仮説思考でロジックを構築する論理思考力
  • 埋もれた情報を掘り起こす多面的複眼視点
  • 熱い思い (Passion) と冷徹な判断力を兼ね備えた技術者となる
  • ストーリー力と俯瞰視点が形作る最適化力
  • 結果を結論に加工して成果に昇華するアウトプット力

プログラム

 日本の高い技術力は、言うまでもなく飽くなき探求心に基づく研究開発の歴史によるものです。しかし、時代の変遷と共により高いレベルでの研究開発と同時に、スピードと効率性も強く求められるようになってきています。
 これらの要求に対応すると同時に研究開発の目標を達成するためには、目標設定、研究開発のための技術者としての思考力、計画力、実行力や、これらを支える仮説思考と検証力を持って目的志向で考え、進めることが必要となります。そして、これらを駆使することで得た結果を成果とするためには、コミュニケーション力、情報発信力も必要不可欠となる。
 本講では、単なるロジカルシンキングといったものではなく、様々な研究開発の場面はもちろん、製造トラブルなどの問題解決においても必要となる、実務において必要とされる技術者としての考え方、進め方としての論理的技術者思考について、詳細な解説と演習とによって修得します。

  1. イントロ
    • ベースとなる論理思考とはいったいどのようなものであるのかについて、単なる言葉の定義ではなく、その構造を含めてイントロダクションとして整理します。
  2. 企業における研究開発
    • 知識としての論理思考ではなく、能力としての論理的技術者思考を考える上で基盤となる企業における研究開発業務とはどのようなもので、何が求められるのかについて解説します。
      1. 必要な要素
      2. 新規性の難しさ
      3. 結果を成果へ
      4. 魔の川・死の谷・ダーウィンの海
      5. 三位一体
  3. 目的と目標
    • 机上の空論で終わらせない、実験を発散させない、求める成果を得るための基盤となる目的と目標とは何、そこに求められることについて解説します。
      1. スタート地点
      2. 演習
      3. 真の目的 (ゴール)
      4. 目的と目標
      5. 目標の条件
      6. 目的の構成要素
      7. 演習
  4. 開発 (ものづくり) の進め方
    • 企業における研究開発、ものづくりに求めれることを整理しつつ、技術者としてこれをどのように捉え、考えて、進めていくかについて解説します。
      1. ベンチマーク⇒ポジショニング
      2. 未来予想
      3. 課題設定による計画化
      4. 絵コンテシナリオ
      5. スタートとゴール
      6. 優先順位
      7. イシュードリブン
      8. ボトルネックシーク
      9. 評価とヘッジ
      10. Go&Stop
      11. 演習
      12. ディシジョンポイント
      13. Perfect Close
      14. リスクマネジメント
      15. 研究開発型PDCA
      16. 基本的な研究開発フロー
  5. 研究開発のための思考
    • 研究開発において求められる論理的技術者思考とはどのようなものであり、どう実践するのかについて、求められるスキルを含めて解説します。
      1. 本当の思考とは
      2. 4思考
      3. 目的志向
      4. アウトプット志向
      5. 演習
      6. 仰望視点と俯瞰視点
      7. 逆走型思考の併用
      8. メタフィールド思考
      9. 逆説的思考
      10. 思考のポイント
      11. 失敗からのリカバリー
      12. データ解釈における認知バイアス
      13. 目利き力
      14. 概算力
      15. 演習
      16. ヒラメキの種
      17. イノベーションを生む発想と行動
  6. 論理的な考え方と解釈
    • 実験結果等の情報をどのように捉えて、扱えば良いかについて、論理的技術者思考をベースとして、普段何気なく行っている行為の落とし穴なども含めて解説します。
      1. 論理思考とは
      2. 論理思考によって成すこと
      3. 論点
      4. 正しいとは何か
      5. 帰納法と演繹法
      6. 演習
      7. その他の論理思考法
      8. ロジックの条件
      9. 帰納法、演繹法の落とし穴
      10. 帰納法の実務的利用
      11. 平均の罠
      12. 相関解析とその落とし穴
      13. 数字 (データ) の取り扱い
  7. 論理の検証
    • 構築した論理事実となって意味のあるもの、価値のあるものとなるために必須の論理検証の考え方と方法について論理構築の流れに沿って解説します。
      1. 論理構築のプロセス
      2. 情報パート
      3. 思考パート
      4. 論理構築パート
      5. 検証の基本
      6. 反証法
      7. 演習
      8. 検証:結論の条件
  8. 思考の道具
    • 論理的技術者思考を進めるにあたって用いられる代表的な思考の道具、テクニックについて解説します。
      1. 論理思考の5ステップ
      2. 思い付きとロジック
      3. 要素分解
      4. 演習
      5. 抽象化と具体化
      6. 情報・思考の階層
      7. 思考のイメージ化
      8. 本当のフレームワーク
      9. If then思考
  9. 仮説と検証
    • 論理構築はもちろん、論理的技術者思考の根幹とも言える仮説構築とその検証について、ポイントだけでなく陥りがちな落とし穴も含めて解説します。
      1. 仮説とは何か
      2. 仮説→課題設定→計画
      3. 仮説の考え方
      4. 仮説の精度と確度
      5. 仮説の精度を決めるもの
      6. 演習
      7. 2種類の事実
      8. Fact v.s. 主観、予想
      9. 2種類のカン
      10. 情報の条件
      11. 情報収集の考え方
      12. 情報整理
      13. 多面性
  10. 実験の本質とは
    • 研究開発、ものづくりの主役とも言える実験とは何かについて改めて正しい理解のために説明すると共に、実験を考えるということも含めて解説します。
      1. 実験と思考
      2. 実験の本当の意味
      3. 実験を考えるとは
      4. 実験の神髄
  11. まとめと質疑

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 36,200円 (税別) / 39,820円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込)

免責事項

大変申し訳ございませんが、講師とご同業 (経営・人事研修・技術コンサルタント、またはこれに類する事業を手掛けている等) の方のご参加はお断り申し上げます。

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 36,200円(税別) / 39,820円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/8/30 成功する交渉・折衝スキル オンライン
2024/8/30 開発者/技術者のための発想法と実現方法 オンライン
2024/8/30 コア技術の価値を再定義して真の新規事業を立ち上げる方法 オンライン
2024/9/4 コア技術の価値を再定義して真の新規事業を立ち上げる方法 オンライン
2024/9/4 技術伝承コーチング (基本編) オンライン
2024/9/5 自社の未来に備える研究開発ポートフォリオのマネジメントの全体像と具体的展開法 オンライン
2024/9/6 部下育成やチームビルディングに役立つリーダーシップ オンライン
2024/9/6 研究資金獲得のための申請書の書き方と応募戦略 オンライン
2024/9/6 自社の強みを活かした開発マーケティング実践講座 オンライン
2024/9/10 原因追及、再発防止の決め手「なぜなぜ分析」の実践 東京都 会場
2024/9/10 技術・商品・事業それぞれのロードマップの作り方、統合化と活用法 オンライン
2024/9/11 新規事業、新規R&Dテーマを社内で通すための経営層への説明・説得の仕方 オンライン
2024/9/11 効果的な情報整理と伝達のための文書作成術 オンライン
2024/9/12 技術・研究開発部門における実践的マネジメントとそのポイント オンライン
2024/9/12 新製品への生成AIの組み込み方、実装方法 オンライン
2024/9/13 開発・設計におけるフレームワークの有効活用術 オンライン
2024/9/13 技術者・研究者のための新規事業創出と成功の具体的方法 オンライン
2024/9/17 技術・商品・事業それぞれのロードマップの作り方、統合化と活用法 オンライン
2024/9/17 デジタルツインの導入・実践のための基礎とキー技術およびスマートものづくりへの応用 東京都 会場・オンライン
2024/9/18 研究開発部門が行う高収益ビジネスモデルの構築 オンライン