技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

加工知識と設計見積り力で即戦力を実現するノウハウ

実務ですぐに活用できる

加工知識と設計見積り力で即戦力を実現するノウハウ

~加工法とコスト見積ができれば必ず良い部品設計ができる~
オンライン 開催
  • ライブ配信セミナーには、特典としてアーカイブ配信が付きます。
  • アーカイブ配信の視聴期間は、2024年6月20日〜26日を予定しております。
  • ライブ配信を受講しない場合は、「アーカイブ配信」をご選択ください。

概要

本セミナーでは、低コスト化、設計見積り、加工法を理解した原価計算、コストの決定、材料選択について、設計者が知っておくべき加工と見積に必要な情報について、実践的に分かりやすく解説いたします。

開催日

  • 2024年6月13日(木) 10時00分 16時30分

受講対象者

  • 商品設計や生産設計に配属された新人から中堅技術者の方
  • 設計部商品設計や生産設計へ異動した技術者
  • 部品調達/資材/購買部の機械系担当者
  • 企業の技術教育部門
  • EV (電気自動車) を含む電気電子機器、およびその部品を設計/製造する各企業
  • 上記企業の研究、開発、設計、生産技術の機械系技術者

修得知識

  • 低コスト化設計の基本
  • 門外不出の加工限界データ、見積データに基づいた自分で設計した部品のコスト概算

プログラム

 急激に技術力を身につけた隣国をはじめ、世界のどの工業国でも限りなく高品質 (Q) の商品を開発できる 実力を有しています。そこに、「C (コスト) 」と「D (期日) 」と「Pa (特許) 」を加味する商品開発の ストラテジーを有してはじめて、競争の土俵にのぼることができる時代となりました。
 特に「C」に関しては、 熾烈な競争が展開されています。コスト競争に勝つために、多くの企業では「低コスト化活動」が盛んですが、よく出るアイデアが「二体 部品の一体化」や「金属部品の樹脂化」ですが、本当に低コスト化が図れるのでしょうか? このような図面がないシーンでも、およそのコストと型費の概算見積りが設計者や生産技術者に求められています。この概算見積りを「設計見積り」と言います。
 また、100円ショップのオーナーから「50cmの定規を設計してほしい」との注文があったとき、図面を描く前の構想段階で、あなたはその材料と加工法を理解して定価100円に対する原価をもとめ、設計の目標 コストを決定し、材料選択をはじめ、設計が可能か否かを判断する必要があります。 前述同様に、この概算 見積りを「設計見積り」と言います。
 そこで本セミナーは、やさしい講義と豊富な演習でこれらの策に一翼を担います。

  1. 第1章 総編
    1. 設計のお客様は次工程である加工現場
    2. 設計者は加工法の得手不得手だけ理解すればよい
    3. 見積りができれば低コスト化設計ができる
  2. 第2章 板金加工編
    1. 打ち抜き/曲げ/絞り/溶接だけ理解すればよい
    2. 展開図の作成が低コスト設計の基本だった
    3. 設計ポイントは、剪断/引っ張り/圧縮だけ
    4. 各種加工法の加工限界を知る
    5. 部品コスト/型費の見積り方法
    6. 見積り演習で実力アップ
  3. 第3章 樹脂加工編
    1. 射出成形だけ理解すればよい
    2. 板金でできない部品を樹脂化するのがコツ
    3. 設計ポイントは、熱/流動/型開閉だけ
    4. 各種加工法の加工限界を知る
    5. 部品コスト/型費の見積り方法
    6. 見積り演習で実力アップ
  4. 第4章 切削加工編
    1. 研削/フライス/旋盤だけ理解すればよい
    2. 樹脂化できない部品を切削するのがコツ
    3. 設計ポイントは、熱/変形/応力だけ
    4. 各種の加工法の加工限界を知る
    5. 部品コストの見積り方法
    6. 見積り演習で実力アップ
    • 質疑応答

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 40,000円 (税別) / 44,000円 (税込)

配布テキスト・受講特典

講師著書 加工知識と設計見積り力で「即戦力」 (日刊工業新聞社)をメインテキストとして使用します。

加工知識と設計見積り力で「即戦力」

複数名同時申込割引について

複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 40,000円(税別) / 44,000円(税込) で受講いただけます。

  • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
  • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 80,000円(税別) / 88,000円(税込)
  • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 120,000円(税別) / 132,000円(税込)

テキスト送付に係る配送料

ライブ配信・アーカイブ配信受講の場合、別途テキストの送付先1件につき、配送料 1,100円(税別) / 1,210円(税込) を頂戴します。

ライブ配信対応セミナー / アーカイブ配信対応セミナー

  • 「Zoom」を使ったライブ配信またはアーカイブ配信セミナーのいずれかをご選択いただけます。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

ライブ配信セミナーをご希望の場合

  • セミナー資料は、郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

アーカイブ配信セミナーをご希望の場合

  • 当日のセミナーを、後日にお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
  • 配信開始となりましたら、改めてメールでご案内いたします。
  • 視聴サイトにログインしていただき、ご視聴いただきます。
  • 視聴期間は2024年5月23日〜29日を予定しております。
    ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
  • セミナー資料は別途、送付いたします。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/5/22 機械設計の基礎知識と応用技術 オンライン
2024/5/24 トヨタ流 検図 必要な図面のみを検図する具体的ポイント 東京都 会場・オンライン
2024/5/31 加工方法の性質を考慮した意義ある図面の書き方と活用法 オンライン
2024/5/31 Creo Parametric 3DA オンライン
2024/6/4 エンジニアのための明日から実践できる原価計算とコストダウン オンライン
2024/6/14 加工方法の性質を考慮した意義ある図面の書き方と活用法 オンライン
2024/6/18 基礎から学ぶ「機械設計」 オンライン
2024/6/21 品質とコストを両立させる「超低コスト化設計」の進め方 オンライン
2024/6/28 Creo Parametric 3DA オンライン
2024/7/1 基礎から学ぶ「機械設計」 オンライン
2024/7/17 圧倒的な速さを実現する機械設計の企画書・設計書・構想設計の書き方、使い方 オンライン
2024/7/23 たった1日でわかるデジタル技術による技能・技術伝承 オンライン
2024/7/25 ディープニューラルネットワークモデル/MTシステムの基礎と学習データ最小化 オンライン
2024/7/26 AIやxRを活用した機械設計製図の最新動向と将来展望 オンライン
2024/7/26 Creo Parametric 3DA オンライン
2024/7/31 実用的な機械設計法と産業機械設計における留意点 東京都 会場・オンライン
2024/8/6 メカトロニクスの5つのコア要素技術と技術動向 会場・オンライン
2024/8/7 AIやxRを活用した機械設計製図の最新動向と将来展望 オンライン
2024/8/19 Creo Parametric 3DA オンライン
2024/8/26 設計標準化の基本と効果的な進め方 オンライン