技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

カーボンニュートラル (CN) 社会における水素の役割とその技術動向

カーボンニュートラル (CN) 社会における水素の役割とその技術動向

オンライン 開催
本セミナーは、申し込みの受け付けを終了いたしました。

視聴期間は2024年5月23日〜6月6日を予定しております。
お申し込みは2024年6月4日まで承ります。

概要

本セミナーでは、CCUSの技術内容および事業展開の現状と将来などを詳しく解説いたします。

開催日

  • 2024年6月4日(火) 10時30分 2024年6月6日(木) 16時30分

修得知識

  • カーボンニュートラル (CN) 社会の構図と水素の役割
    • CO2を排出しない再生可能エネルギー電力を水素に変換蓄電して輸送&貯蔵
    • CO2を排出しないクリーン燃料・クリーン原料としての水素
  • 水素の技術動向
    • 製造技術
      • 褐炭ガス化法ブルー水素
      • 電解法グリーン水素
        • アルカリ水電解法
        • PEM法
        • SOEC法
      • 人工光合成グリーン水素
      • 水素製造コスト
    • 水素キャリアと輸送技術
      • 液化水素
      • メチルシクロヘキサン
      • アンモニア
    • 水素蓄電
      • 蓄電方式と充放電時間 – 出力特性、水素と蓄電池の効率比較
    • 水素利用技術
      • 水素発電
        • 燃料電池自動車
        • 水素還元製鉄
        • CCUS
          • メタネーション
          • 合成燃料
          • メタノール (MTO原料)
          • パラキシレン (ポリエステル原料)

プログラム

 水素関連事業の推進や起業計画されている会社の事業企画部門、研究開発部門、生産技術部門、環境管理部門の皆様、経営層の皆様、大学や公的研究機関の研究者の皆様を主対象に、カーボンニュートラル (CN) 社会における水素の役割とその技術動向を包括解説いたします。

  1. カーボンニュートラル (CN) 社会と水素の役割
    1. CN社会の構図と水素の役割
    2. 水素と再生可能エネルギー・CCUSとの関係
  2. 水素の技術動向
    1. 水素製造技術
      • 技術ロードマップ
      • グレー水素:製鉄副生・ナフサ分解の各水素
      • ブルー水素:褐炭ガス化+CCS
      • グリーン水素
        • 苛性ソーダ副生水素
        • 水電解法
          • アルカリ水電解法
          • PEM法
          • SOEC法
        • 人工光合成法
        • 水素製造コスト
    2. 水素キャリアと輸送技術
      • 液化水素 (LH2)
      • メチルシクロヘキサン (MCH)
      • アンモニア
      • 各水素キャリアの比較
    3. 水素蓄電
      • 蓄電方式による充放電時間 – 出力特性の比較
      • 水素と蓄電池の効率比較
    4. 水素利用技術
      • 技術ロードマップ
      • 水素発電
      • 燃料電池自動車 (FCV)
      • 水素還元製鉄
      • CCUS
        • メタネーション
        • 合成燃料製造
****メタノール製造 (MTO原料)
  • パラキシレン合成 (ポリエステル原料)
  1. 提言

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 45,000円(税別) / 49,500円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

アーカイブ配信セミナー

  • 当日のセミナーを、後日にお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
  • 配信開始となりましたら、改めてメールでご案内いたします。
  • 視聴サイトにログインしていただき、ご視聴いただきます。
  • 視聴期間は2024年5月23日〜6月6日を予定しております。
    ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
本セミナーは、申し込みの受け付けを終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/5/23 ゼロから学ぶ再エネビジネス基礎講座 (全2回) オンライン
2024/5/23 FIP、コーポレートPPA等、2023年4月施行を踏まえて抑えたい知識と実務 オンライン
2024/5/23 水素サプライチェーンの実用化への取り組みと将来に向けた技術開発シナリオ 東京都 会場・オンライン
2024/5/24 水素脆化のメカニズムと評価・解析法、耐水素脆化特性に優れた材料の開発 オンライン
2024/5/29 CO2分離回収技術に関連したプロセスおよびコスト計算の基礎と実例 オンライン
2024/5/29 ガス分離膜の細孔径・ガス透過性評価手法とシリカ系多孔膜によるCO2分離技術 オンライン
2024/5/30 微生物による二酸化炭素固定、カーボンリサイクルの現状と将来展望 オンライン
2024/5/30 洋上風力発電を取り巻く最新動向と今後の事業戦略 東京都 会場・オンライン
2024/5/30 e-fuelはモビリティー脱炭素化の切り札となるか オンライン
2024/5/31 二酸化炭素 (CO2) 、二硫化炭素 (CS2) を原料とする高分子材料の合成技術と応用 オンライン
2024/6/3 MOF/PCPを利用したCO2の分離・回収技術 オンライン
2024/6/4 容量市場・需給調整市場の基礎と最前線論点 (全2回) 会場・オンライン
2024/6/4 ゼロから学ぶ電気事業と需給調整市場 東京都 会場・オンライン
2024/6/10 金属材料の水素脆化メカニズムと抑制手法および分析方法の最新の動向 オンライン
2024/6/11 CO2分離回収技術に関連したプロセスおよびコスト計算の基礎と実例 オンライン
2024/6/12 自動車塗料、塗装工程のCO2削減 オンライン
2024/6/12 ガス分離膜の細孔径・ガス透過性評価手法とシリカ系多孔膜によるCO2分離技術 オンライン
2024/6/13 二酸化炭素 (CO2) 、二硫化炭素 (CS2) を原料とする高分子材料の合成技術と応用 オンライン
2024/6/13 洋上風力発電を取り巻く最新動向と今後の事業戦略 オンライン
2024/6/17 中高温用蓄熱技術の最前線 オンライン