技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

セラミックス材料の成形・焼結プロセスの基礎と機械・機能性向上のための微構造制御

セラミックス材料の成形・焼結プロセスの基礎と機械・機能性向上のための微構造制御

オンライン 開催

視聴期間は2024年5月29日〜6月5日を予定しております。
お申し込みは2024年6月3日まで承ります。

概要

本セミナーでは、セラミックス成形プロセスについて基礎から解説し、セラミックスの焼結後の微構造を制御するためにスラリー作製から成形および焼結に至る、各プロセスにおける制御因子に関して実例を交えて説明いたします。

開催日

  • 2024年6月3日(月) 10時30分 2024年6月5日(水) 16時30分

受講対象者

  • セラミックスに関する製品の技術者、開発者
  • セラミックス創製に関する方

修得知識

  • バルクセラミックスの作製
  • 特にスラリーなどの湿式プロセスを用いる場合のスラリー作製のための考え方、成型方法、焼結方法

プログラム

 バルクセラミックスでの機能発現や機能向上、また機械特性の向上には、各々の特性に合わせた微構造の作り込みが必要となり、金属材料と異なりバルク化後に塑性加工などの出来ないセラミックスにおいては、焼結後の微構造がその特性を決定づける。
 この微構造を制御するためには焼結方法・条件が重要となり、またその焼結を効果的に行うためには焼結前の成形手法やその条件の最適化が必要となり、さらにはその成形過程での粒子の堆積を制御するためにはスラリー中での粒子の分散制御が必須となる。
 そこで本講義においては、最終的な焼結後の微構造を制御するために上流のプロセスとなるスラリー作製の元となる微粒子分散から成形および焼結に至る各プロセスにおける制御因子に関して概説する。
 さらに、実際の微構造制御について超塑性から電池正極、イオン導電性セラミックス、透光性セラミックス等を例として紹介する。

  1. セラミックス成形プロセスの基礎と実際
    1. スラリー中での微粒子分散・凝集 (コロイドプロセスの利用)
    2. スラリーを用いたセラミックスの成形
    3. 電場を利用したスラリーの成形
    4. 磁場を利用したスラリーの成形 (結晶方位制御)
  2. 焼結プロセスの基礎と実際
    1. 焼結の基礎
    2. 各種焼結手法の紹介
    3. 焼結の実例
      1. 炭化ケイ素のミリ波焼結 (粒子表面修飾の利用)
      2. 無助剤での炭化ケイ素の緻密化 (コロイドプロセスとSPSの利用)
  3. 機能向上のための微構造制御成形プロセスと実例
    1. 超塑性セラミックスの作製事例
      1. アルミナ基セラミックス
      2. ジルコニアセラミックス
      3. 高速超塑性セラミックス
    2. 透光性セラミックスの作製事例
      1. 酸窒化アルミニウム
      2. アルミナ (サファイア)
      3. 窒化アルミニウム
    3. リチウム二次電池電極の微構造制御 (LiCoO2正極の焼結)
    4. イオン伝導体の結晶配向と伝導特性
    5. 細孔構造制御セラミックスの作製
    6. 異方性セラミックスの多軸配向制御
    • 質疑応答

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 45,000円(税別) / 49,500円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

アーカイブ配信セミナー

  • 当日のセミナーを、後日にお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
  • 配信開始となりましたら、改めてメールでご案内いたします。
  • 視聴サイトにログインしていただき、ご視聴いただきます。
  • 視聴期間は2024年5月29日〜6月5日を予定しております。
    ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/6/5 ファインセラミックス高機能化に向けた成形プロセスの基礎と応用 大阪府 会場
2024/6/7 セラミックグリーンシート成形技術および積層部品化技術 オンライン
2024/6/7 二軸押出機における樹脂流動解析の基礎と AI/IoT 活用展開 大阪府 会場
2024/6/11 機械加工技術 オンライン
2024/6/11 各種プラスチック成形品の破損トラブルと原因解析 オンライン
2024/6/12 セラミックス焼結・一体焼結プロセスの高度制御のための計測・解析技術 オンライン
2024/6/14 高分子の粘弾性挙動と時間-温度換算則の活用事例 オンライン
2024/6/18 セラミック玉軸受の優位性の実験的評価と懸念事項 オンライン
2024/6/21 セラミックグリーンシート成形技術および積層部品化技術 オンライン
2024/6/21 セラミックス焼結・一体焼結プロセスの高度制御のための計測・解析技術 オンライン
2024/6/24 金属粉末射出成形 (MIM) の基礎と製品設計のポイント・最新技術動向および金属3Dプリンタとの共進化 東京都 会場
2024/6/24 セラミック玉軸受の優位性の実験的評価と懸念事項 オンライン
2024/6/25 高分子の粘弾性挙動と時間-温度換算則の活用事例 オンライン
2024/6/25 積層セラミックコンデンサ (MLCC) の設計、材料技術、開発動向と課題 オンライン
2024/6/27 粘弾性挙動によるプラスチック成形品の残留応力の発生と解放のメカニズム オンライン
2024/6/27 金属やセラミックスの焼結における基礎とその応用 オンライン
2024/7/2 ポリマー合成の自動化とプロセス分析 オンライン
2024/7/8 セラミックス製造の低温、省エネルギー化技術 オンライン
2024/7/8 積層セラミックコンデンサ (MLCC) の設計、材料技術、開発動向と課題 オンライン
2024/7/9 セラミックス材料の成形・焼結プロセスの基礎と機械・機能性向上のための微構造制御 オンライン