技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

化粧品粉体の基礎と表面処理

化粧品粉体の基礎と表面処理

オンライン 開催

視聴期間は2024年5月20日〜31日を予定しております。
お申し込みは2024年5月29日まで承ります。

概要

本セミナーでは、粉体の基礎・表面処理の基礎から解説し、機能性ナノコーティングとその応用について詳解いたします。

開催日

  • 2024年5月29日(水) 10時30分 2024年5月31日(金) 16時30分

受講対象者

  • 化粧品の製造・研究に携わっている技術者・研究者
  • 化粧品用粉体原料を扱っている企業の技術者・研究者

修得知識

  • 粉体の粒子特性、表面特性など粉体の全体像
  • 化粧品に使われる粉体の概要
  • 粉体が関係するトラブルの原因
  • 粉体の表面処理の考え方
  • 機能性ナノコーティングの概要
  • 化粧品分野における事例から自分の分野での粉体の機能性付与のヒントがつかめる

プログラム

 化粧品には様々な粉体が配合されているが、粉体はバルクの性質に加えて粉の性質と表面の性質があるために、とても扱い難いものである。特に粉体表面の触媒活性はさほど強い活性がなくても香料や油脂など共存する成分に影響を与え、製品の品質を劣化させる場合があり、その対策として表面処理がなされる場合がある。また、製品の特性を向上させるために、製品に配合されている粉体に表面処理を行って機能性を付与することも様々な分野で行われている。
 本講では粉体表面の基本性質、化粧品に用いられる粉体、化粧品分野における表面処理、および表面を不活性化した後に機能性を付与する「機能性ナノコーティング」について述べる。化粧品用粉体を主に説明するが、化粧品以外の産業にも大きなヒントを与えると考えている。

  1. はじめに
  2. 粉体の基本的性質
    1. 粉体の粒子的性質
      • 粒子の大きさ
      • 粒子の形
    2. 粉体の表面の性質と分散
      • 表面積、細孔分布
      • 濡れ、表面張力
      • 表面水酸基電荷、等電点、
      • 粉体の分散
    3. 粉体の触媒活性
      • 固体酸、固体塩基
      • 指示薬法を用いた固体酸・塩基の評価法
      • モデル反応を利用した固体酸・塩基の評価法
      • 油脂の酸化
      • 光触媒
  3. 化粧品に用いられる粉体
    1. メーキャップに使われる粉体
      • 体質顔料
      • 有色顔料
      • パール顔料
      • 光学粉体
    2. サンスクリーンに使われる粉体
      • 光半導体
    3. 悪臭防止に使われる粉体
      • 悪臭吸着粉体
    4. スキンケアに使われる粉体
      • スキンケア粉体
  4. 化粧品用粉体の表面処理
    1. 金属酸化物処理
    2. 油脂・金属石鹸処理
    3. シリコーン処理
    4. その他の処理
  5. 機能性ナノコーティング
    1. あるがままの表面を利用した表面処理
      • プロピレンオキシドの重合
      • スチレンの重合
    2. 環状シロキサンによるポリメチルシロキサン (PMS) ナノコーティング
      • PMSナノコーティング粉体のキャラクタリゼーション
      • PMSナノ薄膜の生成機構と特性
      • PMS粉体の酸化および結晶転移抑制
    3. コーティング膜へのペンダント基の付加と応用
      • アルキル基の付加
      • アルコール性水酸基の付加
      • イオン交換基の付加
  6. 未来への展望

講師

  • 福井 寛
    福井技術士事務所
    代表 / 技術士 (化学部門)

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 45,000円(税別) / 49,500円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

アーカイブ配信セミナー

  • 当日のセミナーを、後日にお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
  • 配信開始となりましたら、改めてメールでご案内いたします。
  • 視聴サイトにログインしていただき、ご視聴いただきます。
  • 視聴期間は2024年5月20日〜31日を予定しております。
    ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/5/23 化粧品における薬機法・景品表示法・公正競争規約の留意点 オンライン
2024/5/23 造粒・打錠プロセスにおけるトラブル対策とスケールアップの進め方 オンライン
2024/5/23 チクソ性 (チキソ性) の基礎と評価および活用方法 オンライン
2024/5/24 ASEAN・台湾の最新化粧品申請制度解説 オンライン
2024/5/24 化粧品・医薬部外品・洗剤・雑貨商品開発のための効率的なデータ管理 オンライン
2024/5/24 塗膜の濡れ・付着・密着コントロールとトラブル対策 オンライン
2024/5/27 粉体の付着・凝集・流動メカニズムとその評価、トラブル回避の考え方 オンライン
2024/5/28 乳化・懸濁重合の反応機構と装置設計、重合反応の制御 オンライン
2024/5/29 ぬれ性のメカニズムと制御・測定技術 オンライン
2024/5/29 フィルムへの塗工技術とプロセス最適化、トラブル対策 オンライン
2024/5/29 化粧品の防腐処方設計と保存効力試験実施のポイント オンライン
2024/5/29 高品質化に向けた乳化・分散・溶解・攪拌技術の基礎および化粧品・皮膚外用剤への応用 オンライン
2024/5/30 溶解度パラメータ (3D, 4DSP値) の基礎と活用技術 オンライン
2024/5/30 めっき膜の密着性改善・剥離対策の考え方と分析・解析手法 オンライン
2024/5/30 化粧品をめぐる日本と海外の規制と動向 オンライン
2024/5/31 造粒・打錠プロセスにおけるトラブル対策とスケールアップの進め方 オンライン
2024/5/31 リチウムイオン電池電極スラリーの分散、混練技術とその最適化 オンライン
2024/5/31 Tダイ成形機の基礎とフィルム成形トラブル対策 東京都 会場
2024/6/3 化粧品・医薬部外品・洗剤・雑貨商品開発のための効率的なデータ管理 オンライン
2024/6/3 高品質化に向けた乳化・分散・溶解・攪拌技術の基礎および化粧品・皮膚外用剤への応用 オンライン

関連する出版物