技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

基材表面への防曇性付与と持続性の向上

基材表面への防曇性付与と持続性の向上

~防曇性と密着性、耐摩耗性、透明性、耐熱性などの両立へ向けて~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、防曇性、除曇性とその持続性の評価、透明材料の曇り具合の評価のポイントについて詳解いたします。

開催日

  • 2024年5月24日(金) 10時00分 16時00分

受講対象者

  • 表面処理に従事している方
  • 各種基材表面への撥水性、撥油性、親水性の付与技術・手法を開発している方

修得知識

  • ぬれ (撥水/親水性) に関する基礎知識
  • 実用的な防曇処理の設計指針
  • 国内外の最新の研究開発動向
  • 防曇コーティングに関する知識
  • ポリグリセリンを母骨格とした多官能モノマーであるポリグリセリン系モノマーを用いた吸水型防曇コーティングの知識
  • ポリグリセリン系モノマー (アクリレート・アルコキシシラン) の材料特性
  • ポリシルセスキオキサンの基礎
  • ポリシルセスキオキサンの合成
  • ポリシルセスキオキサンの性質
  • ポリシルセスキオキサンの耐傷つき性防曇コート膜への応用

プログラム

第1部 ぬれ性制御を利用した防曇処理の最新開発動向

(2024年5月24日 10:00〜12:00)

 透明基材表面に微小水滴が付着すると“曇化 (曇り) ”が発生する。曇化を防止する防曇処理は、安心・安全、快適性、機器の信頼性や効率化の観点から、我々の日常生活において極めて重要な表面処理の一つである。
 本講演では、曇化をぬれの観点から考え、防曇表面をいかにデザインするか? 親水性、撥水性のいずれが好ましいのか?これまでの研究事例を紹介しながら分かりやすく詳細に解説する。

  1. ぬれの基礎
    1. 静的接触角/動的接触角
    2. 親水性/超親水性表面とは?
    3. Cassieの式 (凹凸表面におけるぬれ)
    4. Wenzelの式 (複合表面におけるぬれ)
    5. 親水性/超親水性を得るためには?
  2. 防曇処理の研究事例
    1. 曇り (曇化) のメカニズムとぬれ性制御の重要性
    2. 防曇処理のカテゴリー
      1. 親水化/超親水化/吸水化
      2. 超撥水化
      3. 両性化 (親水/撥水・撥油)
    3. 国内外の防曇処理の最新研究開発動向
    4. これまでの防曇処理の課題と問題点
  3. 自己修復型透明防曇皮膜
    1. 自己修復型透明防曇皮膜の国内外の研究開発動向
    2. 自己修復型多機能透明防曇皮膜
      • 自己修復性
      • 抗菌性
      • 水中超撥油性
    3. 大面積処理/撥油性 (防汚性) 付与技術
    4. インテグラルブレンド法による自己修復型透明防曇皮膜の簡易作製技術
  4. その他トピック
    1. 滑水性に優れた透明親水性皮膜
    • 質疑応答

第2部 防曇性を発現するコーティング用モノマーの開発とその応用

(2024年5月24日 13:00〜14:20)

 本セミナーでは、防曇コーティング技術の概要 、防曇コーティングに用いられているモノマー原料について解説します。トピックスとして、当社が開発に注力している多官能モノマーであるポリグリセリン系モノマー (アクリレート、アルコキシシラン) の開発経緯と材料特性、さらに、ポリグリセリン系モノマーのアプリケーションとして防曇ガラスコーティング技術をご紹介します。

  1. 防曇コーティングの概要
    1. 防曇とは
    2. 防曇メカニズム
    3. 防曇コーティングの応用例
    4. 防曇コーティングの課題
    5. 防曇コーティングに用いられるモノマー
  2. ポリグリセリン系モノマーについて
    1. ポリグリセリンと水の関係
    2. ポリグリセリン系モノマーの材料特性 (アクリレート・アルキルエーテル)
    3. ポリグリセリン系モノマーと防曇
  3. ポリグリセリン系 モノマー を用いた防曇コーティング
    1. ポリグリセリン系モノマーからなる硬化塗膜の防曇メカニズム
    2. ポリグリセリン系アクリレートによる防曇コーティング
    3. ポリグリセリン系アルコキシシランによる防曇ガラスコーティング
    4. レベリング剤との併用による防曇性の向上技術
  4. 製品紹介
    1. SYシンテック® SAシリーズについて
    2. SYシンテック® SIシリーズについて
    • 質疑応答

第3部 ポリシルセスキオキサンをベースとした耐傷つき性防曇コート膜の開発と応用展望

(2024年5月24日 14:30〜16:00)

 有機-無機ハイブリッド材料は、有機物の柔軟性、加工性と無機物の耐久性といった両者の特長を併せ持つ材料として注目されてきた。吸水性防曇材料は、一般に柔らかいものが多く、耐傷つき性が不足しているため、用途に限りがあった。
 最近、耐傷つき性に優れた材料が開発されているが、ここでは、ポリシルセスキオキサンに親水性機を導入した構造を基本骨格とした耐傷つき性防曇コート膜の開発研究について紹介したい。

  1. 防曇コート膜について
    1. 防曇コート膜の種類とメカニズム
    2. 防曇コート膜の必要性
  2. ポリシルセスキオキサン
    1. 基本的な性質
    2. 合成法
    3. 応用
  3. 親水性ポリシルセスキオキサンをベースとした耐傷つき性防曇コート膜
    1. アミノ基を親水性基とするもの
    2. 水酸基を親水性基とするもの
    3. アンモニウム基の導入
    4. 親水性架橋基の導入
    5. 今後の展望
    • 質疑応答

講師

  • 穂積 篤
    国立研究開発法人 産業技術総合研究所 極限機能材料研究部門 光熱制御材料研究グループ
    上級主任研究員
  • 宮路 由紀子
    阪本薬品工業 株式会社 研究所 素材開発グループ
    グループリーダー
  • 大下 浄治
    広島大学 大学院 先進理工系科学研究科
    教授

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 50,000円(税別) / 55,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 60,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方
  • 支払名義が企業の場合は対象外とさせていただきます。
  • 企業に属し、大学、公的機関に派遣または出向されている方は対象外とさせていただきます。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/6/3 防汚コーティング技術の総合知識 オンライン
2024/6/4 プラズマCVD (化学気相堆積) 装置による高品質薄膜の成膜技術、および量産化対応 オンライン
2024/6/5 顔料の分散安定化と使いこなし術 オンライン
2024/6/6 めっき技術の基礎と品質トラブル対策 東京都 会場
2024/6/7 めっきの基礎および不良要因とその対策 オンライン
2024/6/7 塗布膜乾燥の基本とプロセス・現象・本質の理解&最適化と欠陥・トラブル対策 オンライン
2024/6/10 塗工 (スロットダイ、グラビア、バー、コンマ) の基礎と応用およびトラブル対策 オンライン
2024/6/11 塗布膜におけるぬれ・広がり挙動、乾燥中の粒子挙動とその制御 オンライン
2024/6/12 フィルムの乾燥プロセス技術とトラブル対策 オンライン
2024/6/13 トライボロジーの基礎、メカニズムと表面分析 オンライン
2024/6/18 起泡・消泡の基礎および評価のポイント オンライン
2024/6/19 塗工 (スロットダイ、グラビア、バー、コンマ) の基礎と応用およびトラブル対策 オンライン
2024/6/19 塗布膜乾燥の基本とプロセス・現象・本質の理解&最適化と欠陥・トラブル対策 オンライン
2024/6/20 めっき技術/新めっき技術と半導体・エレクトロニクスデバイスへの応用・最新動向 オンライン
2024/6/21 分散剤の使い方、選択と配合技術 オンライン
2024/6/21 フッ素樹脂をはじめとするPFASの基礎と欧州PFAS規制の動向および用途別の代替手段 オンライン
2024/6/21 アニオン重合の基礎知識と高分子の精密制御 オンライン
2024/6/24 シランカップリング剤のメカニズムと使用方法 オンライン
2024/6/25 界面・表面、応力影響、剥離・破壊の基本知識と密着性の改善技術と評価方法 東京都 会場・オンライン
2024/6/26 フィルムの乾燥プロセス技術とトラブル対策 オンライン

関連する出版物

発行年月
2024/4/1 反射防止フィルム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2024/4/1 反射防止フィルム 技術開発実態分析調査報告書
2023/8/31 “ぬれ性“の制御と表面処理・改質技術
2023/5/31 塗布・乾燥のトラブル対策
2022/5/20 コーティング技術の基礎と実践的トラブル対応
2021/3/26 超撥水・超撥油・滑液性表面の技術 (第2巻) (製本版 + ebook版)
2021/3/26 超撥水・超撥油・滑液性表面の技術 (第2巻)
2019/12/20 高分子の表面処理・改質と接着性向上
2018/8/31 防汚・防水・防曇性向上のための材料とコーティング、評価・応用
2018/3/29 超親水・親油性表面の技術
2015/10/1 すぐ分かるラミネート加工技術と実際およびトラブル・シューティング
2015/7/30 ダイ塗布の流動理論と塗布欠陥メカニズムへの応用および対策
2014/8/25 ぬれ性のメカニズムと測定・制御技術
2014/4/5 真空蒸着技術 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/5 真空蒸着技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/6/26 UV・EB硬化型コート材の基礎、各種機能向上技術
2012/10/31 ハイブリッド・デュアルUV硬化の実践的活用
2012/9/20 フッ素樹脂 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/9/20 フッ素樹脂 技術開発実態分析調査報告書
2012/6/1 超撥水・超親水化のメカニズムとコントロール