技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

Roll To Rollウェット工程におけるフィルムの乾燥技術、条件・設備・プロセスの最適化とトラブル対策

Roll To Rollウェット工程におけるフィルムの乾燥技術、条件・設備・プロセスの最適化とトラブル対策

~機能性フィルム製造において最適な乾燥技術を実現するために / ロールツーロール製造における乾燥現象の把握 / 乾燥の工程、プロセス、設備の違いと特徴 / 実験室から量産にスケールアップの方法と留意点~
オンライン 開催

アーカイブ配信で受講をご希望の場合、視聴期間は2023年12月21日〜2024年1月12日を予定しております。
アーカイブ配信のお申し込みは2023年12月21日まで承ります。

概要

本セミナーでは、乾燥プロセスのイメージ作りができるよう、乾燥現象の基礎と留意点についてわかりやすく解説いたします。
基礎理論を紹介した上で、演習ツールを活用して、実際の乾燥条件の計算方法を紹介いたします。
更に、風ムラやベナールセルなど塗工品で発生する面状トラブルの原因と対策についても解説いたします。

開催日

  • 2023年12月14日(木) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • フィルムメーカー、コンバーター、Roll To Roll工程に携わる技術者
  • 塗工研究や製造に携わる方
  • これからRoll To Rollに関わる方

修得知識

  • Roll To Roll製造における乾燥現象の考え方
  • 乾燥工程の設計方法
  • 乾燥設備の違いと特徴
  • 実験室から量産にスケールアップする際の留意点

プログラム

 機能性フィルムをRoll To Rollのウェット工程で製造する際、塗って乾かす工程が必ず必要になる。この中で、乾燥工程は膜質に大きく影響し、新製品開発をスケールアップして量産機で試作しても、少量品の品質性能を再現しにくい一因である。更に乾燥速度は生産能力速度に直結するので、品質を損なわずに生産性を保つ乾燥方法と条件を見つめなければならない。このように乾燥工程はフィルム製品を作る上で重要な要因であるにもかかわらず、多くの研究者や工程技術者は「乾燥は難解」という印象を持っているであろう。何故ならば、乾燥を解説した書物や論文は特殊な現象を取り扱っていたり、厳密さを突き詰めるがあまり、数式が羅列して難篩過ぎるからである。また、塗工液には水系と有機溶媒系があり、乾燥現象を共通して取り扱う書物が少ない。しかし、乾燥現象は洗濯や風呂あがりのドライヤーなど、日常生活で経験する現象であり、乾き方や乾燥時間について誰もがイメージを持っているし、水系・有機溶媒系に関わらず移動現象として共通した説明が可能なはずである。
 そこで、「程ほどにイメージを持てる丁度良い解説」を目指して、このセミナーでは「乾燥プロセスのイメージ作り」ができるよう、乾燥現象のツボを難篩過ぎず解りやすく解説する。基礎理論を紹介した上で、演習ツールを活用して、実際の乾燥条件の計算方法を紹介する。更に風ムラやベナールセルなど塗工品で発生する面状トラブルの原因と対策についても解説する。

  1. はじめる前に
    1. はじめに
    2. 塗工と乾燥 (量産工程と開発過程)
    3. フィルムや塗膜が利用される製品は?
    4. 製品に占めるフィルム要素
    5. フィルムの構成要素 〜厚みと層数〜
    6. 塗る 〜 溶かした液を塗る
    7. 塗れる方式を選択する
    8. 塗工方式と製品群
    9. 乾かし方も色々
  2. フィルム開発におけるスケールアップの留意点
    1. 開発のステップ
    2. 実験室サンプルの改善
    3. 実験室の手塗方式 (量産工程との違い)
    4. 実験室とRoll To Rollの違い
    5. 塗工方法の分類 (三種しかないダイ方式)
  3. 乾燥現象の基礎 (イメージ作り)
    1. 身近な乾燥について
    2. 乾燥速度の支配因子
    3. 塗工機の乾燥設備
    4. 乾燥フロー
    5. 乾燥風の吹き出し方式
    6. 湿度の寄与
    7. 湿度と湿球温度 (空気線図)
    8. 比エンタルピー (=潜熱+顕熱)
    9. 溶媒種の影響
    10. 蒸発潜熱の寄与
    11. 沸点は乾燥に関係ある?
    12. 飽和蒸気圧と溶媒種
    13. 各溶媒の空気線図
    14. 物質と熱の拡散 (ルイス数)
    15. 乾燥に関わる物性値一覧
    16. 減率乾燥
    17. 塗膜の乾燥 (膜内の溶媒移動)
    18. 二成分溶媒系 (MEK+トルエンの場合)
    19. 粒子と高分子鎖の混合系 (コロイダルシリカ+PVA)
  4. 乾燥計算の演習 (ツボになる因子と扱い方)
    1. 減率乾燥期間の乾燥速度を見積もる方法
    2. 限界含水率を調べる方法 (その1:膜面温度による評価)
    3. 限界含水率を調べる方法 (その2:ハンドラミネート法による評価)
    4. 各種乾燥方式の熱伝導度 (並行流)
    5. 各種乾燥方式の熱伝導度 (多孔板)
    6. 各種乾燥方式の熱伝導度 (二次元ノズル)
    7. 各種乾燥方式の熱伝導度 (浮上系)
    8. 各種乾燥方式の熱伝導度 (片面乾燥と両面乾燥)
    9. 各種乾燥方式の熱伝導度 (並行流)
  5. 乾燥が影響する塗膜の面状トラブルと対策
    1. ハジキ (メカニズム)
    2. レベリング (a) 塗布直後
    3. レベリング (b) 基板の凹凸ムラ
    4. レベリング © 風ムラと対策 (風速、風温、圧力バランス)
    5. 塗工室の気流解析 (SimScaleを駆使した数値計算による見える化)
    6. ベナールセル (マランゴニ効果の見積もりと対策)
  6. 乾燥工程に関わる最近の技術動向 〜DryかWetか〜
    1. リチウムイオン電池:正極製造工程 〜 WetからDryへ〜
    2. 全固体電池における固体電解質の課題
    3. ドライプロセスによる複合膜形成
    4. 蒸着からWetプロセスへ (静電噴霧)
    • 質疑応答

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,900円 (税別) / 33,990円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 34,700円(税別) / 38,170円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

ライブ配信対応セミナー / アーカイブ配信対応セミナー

ライブ配信またはアーカイブ配信セミナーのいずれかをご選択いただけます。

ライブ配信セミナーをご希望の場合

  • 「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

アーカイブ配信セミナーをご希望の場合

  • 「ビデオグ」を使ったアーカイブ配信セミナーとなります。
  • 当日のセミナーを、後日にお手元のPCなどからご視聴ができます。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 視聴テスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 別途、ID,パスワードをメールにてご連絡申し上げます。
  • 視聴期間は2023年12月21日〜2024年1月12日を予定しております。
    ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
  • セミナー資料は印刷・送付いたします。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/2/26 塗工技術 (スロットダイ、グラビア、バー、コンマ) のノウハウ オンライン
2024/2/26 ダイコーティングの基礎理論とトラブル対策 オンライン
2024/2/27 半導体ウェット洗浄技術の基礎と最先端技術 オンライン
2024/2/27 高分子医薬品 (バイオ製剤) ・中分子医薬品における凍結乾燥技術と条件設定の考え方 オンライン
2024/3/5 半導体デバイスで良品を作るためのクリーン化技術 オンライン
2024/3/6 ダイコーティングの基礎理論とトラブル対策 オンライン
2024/3/6 コーティングプロセスにおける界面化学とレオロジー解析 オンライン
2024/3/7 高分子医薬品 (バイオ製剤) ・中分子医薬品における凍結乾燥技術と条件設定の考え方 オンライン
2024/3/8 ウェットコーティング・単層、重層塗布方式の基礎とダイ膜厚分布・特許・塗布故障 オンライン
2024/3/11 車載ディスプレイの曲面化及びフレキシブル端末に求められる材料技術の動向 オンライン
2024/3/12 塗料・塗膜 (各塗装工程) の基礎と塗膜欠陥の評価技術 東京都 会場
2024/3/18 先端半導体製造におけるシリコンウェーハ表面のクリーン化技術および洗浄・乾燥技術 (2コースセット) 東京都 会場・オンライン
2024/3/18 先端半導体製造ラインの汚染の実態と歩留向上のためのウェーハ表面汚染防止技術の基礎から最新動向まで 東京都 会場・オンライン
2024/3/19 半導体デバイスで良品を作るためのクリーン化技術 オンライン
2024/3/19 コーティングプロセスにおける界面化学とレオロジー解析 オンライン
2024/3/21 ダイ塗布プロセスの欠陥メカニズム・課題と対策 オンライン
2024/3/22 食品製造工場の点検と監査のポイント オンライン
2024/3/26 コールドスプレーの原理・メカニズムと応用事例 オンライン
2024/3/26 事例を中心とした異物混入の分析・原因解明技術 オンライン
2024/3/26 液膜の塗布・乾燥プロセスで生じる各種膜厚ムラの形成機構と抑制法 オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/5/31 分離工学の各単位操作における理論と計算・装置設計法
2022/5/23 クリーンルーム〔2022年版〕
2022/5/23 クリーンルーム〔2022年版〕(CD-ROM版)
2022/5/20 コーティング技術の基礎と実践的トラブル対応
2021/3/26 超撥水・超撥油・滑液性表面の技術 (第2巻)
2021/3/26 超撥水・超撥油・滑液性表面の技術 (第2巻) (製本版 + ebook版)
2020/10/30 クリーンルームの微小異物・汚染物対策と作業員教育
2020/5/29 凍結乾燥工程のバリデーションとスケールアップおよびトラブル対策事例
2020/1/30 凍結乾燥の最適な条件設定による品質の安定化 - ラボ機と生産機の性能の違いを反映させたスケールアップ -
2018/12/27 押出成形の条件設定とトラブル対策
2018/8/31 防汚・防水・防曇性向上のための材料とコーティング、評価・応用
2017/9/25 乾燥技術の基礎とトラブル対策
2015/7/30 ダイ塗布の流動理論と塗布欠陥メカニズムへの応用および対策
2014/4/5 真空蒸着技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/5 真空蒸着技術 技術開発実態分析調査報告書
2013/6/26 UV・EB硬化型コート材の基礎、各種機能向上技術
2012/10/31 ハイブリッド・デュアルUV硬化の実践的活用
2012/9/20 フッ素樹脂 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/9/20 フッ素樹脂 技術開発実態分析調査報告書
2012/9/4 食と健康の高安全化