技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

海洋分解性プラスチックへの分解開始スイッチ機能の付与

海洋分解性プラスチックへの分解開始スイッチ機能の付与

~微生物、光をトリガーとした機構の導入 / 分解性と強度の両立~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、バイオプラスチックの基礎から実用化の現状、開発動向、将来展望、廃プラスチック・マイクロプラスチックによる海洋汚染を契機とする海洋生分解について詳解いたします。

開催日

  • 2023年12月13日(水) 10時30分 16時15分

修得知識

  • バイオプラスチックに関する基礎知識
  • バイオプラスチックの課題
  • バイオプラスチックの開発動向
  • プラスチックの海洋生分解に関する基礎知識
  • 新規な生分解性プラスチック開発の現状・方向性
  • 生分解速度に影響する材料側の因子と環境因子
  • 生分解スイッチの考え方
  • 生分解性プラスチックの海洋生分解
  • 海洋生分解性評価法

プログラム

第1部 海洋生分解機能発現の材料設計とスイッチ機能の付与

(2023年12月13日 10:30〜12:00)

 近年、マイクロプラスチックの海洋汚染が深刻になっている。プラスチックごみの中でも、とりわけ海洋へ流出する可能性が高いワンウェイ用途のプラスチックについては、海洋へ流出しても環境への負荷が小さい素材 (海洋生分解性プラスチック) へ代替することが社会的に切望されている。
 本講では海の微生物が表面に付着することで分解を開始するスイッチ機能を搭載したプラスチックや、その社会実装に向けた取り組みについて解説する。

  1. 多糖類の基礎
    1. デンプン
    2. セルロース
  2. プラスチック/多糖類複合材料
    1. 複合材料の基礎
    2. プラスチック/セルロース複合材料
  3. デンプン配合海洋生分解プラスチック
    1. デンプンとセルロースナノファイバー、生分解性プラスチックの複合化
    2. 多糖類をトリガーとするスイッチ機能の付与
    3. 海洋生分解のメカニズム
    4. 耐水性、耐衝撃性等の向上
    5. MBBP開発プラットフォーム
  4. 社会課題解決に向けて
    1. カーボンニュートラル、サーキュラーエコノミーとの関連
    2. 海洋プラスチックごみ問題との関連
    • 質疑応答

第2部 ポリロタキサンを活用したポリマー材料の強靭化と分解スイッチ機能の付与

(2023年12月13日 13:00〜14:30)

 高分子材料では、強靭性と分解性はトレードオフの関係にあり、両者を同時に実現することは一般的に困難である。我々は、ポリロタキサンを様々な高分子材料の添加剤として利用することで、高分子材料の強靭性と海洋生分解性を同時に向上することを目指している。ポリロタキサンは、ネックレス状の超分子であり、環状分子がスライドすることで局所的な応力を分散し、亀裂の進展を抑え、材料の引亀裂き強度などを向上することが知られている。また、ポリロタキサンはシクロデキストリンやポリカプロラクトンなどの海洋生分解性の分子から構成されていることから、添加剤として利用することで、高分子材料の生分解性を促進することが期待できる。本講では我々の研究成果を中心に解説する。

  1. ポリロタキサンについて
    1. 滑車効果による応力分散と伸長性、強靭性
    2. 海水分解性
  2. UV照射によるマルチロック分解
    1. ポリロタキサン架橋による使用環境かでの強靭化
    2. 光照射によるポリロタキサン構造の分解
    3. 分解菌による生分解の加速
  3. ポリマーの強靭化と分解性の両立事例
    1. ポリエステル
    2. ポリウレタン
    • 質疑応答

第3部 光増感剤を用いた海洋生分解性プラスチックの分解制御と分解性評価

(2023年12月13日 14:45〜16:15)

 海洋プラスチックごみ問題を解決する方策の一つして、生分解性プラスチックが期待されています。その使われ方は、包装材料のように不本意ながらごみ化する用途と肥料や水産用資材のように海洋ごみ化があらかじめ予想される分野とがあり、それぞれ想定される生分解材料も異なります。迅速な社会実装を進めるために、どのような材料、技術が求められるのか、考えたいと思います。

  1. 生分解性プラスチック (中山 氏)
    1. 開発が進む新規生分解性プラスチック
    2. 高分子構造と生分解性
    3. 生分解の制御
  2. 海洋生分解性の評価法 (中山 氏)
    1. ISOの各種生分解試験法
    2. ラボ生分解試験/簡易試験法と国際標準法
    3. フィールド試験
  3. 環境中での生分解 (中山 氏)
    1. 土壌中での生分解
    2. 海水中での生分解
  4. 光による生分解性制御 (日野 氏)
    1. 無機系光触媒を用いた場合
    2. 有機系光増感剤を用いた場合
    3. 活用が期待される分野
  5. 生分解性プラへの期待 (中山 氏)
    • 質疑応答

講師

  • 宇山 浩
    大阪大学 大学院 工学研究科 応用化学専攻
    教授
  • 安藤 翔太
    東京大学 大学院 新領域創成科学研究科
    特任助教
  • 中山 敦好
    国立研究開発法人 産業技術総合研究所 バイオメディカル研究部門
    主任研究員
  • 日野 彰大
    国立研究開発法人 産業技術総合研究所 バイオメディカル研究部門 生体分子創製研究グループ
    研究員

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 50,000円(税別) / 55,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 60,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方
  • 支払名義が企業の場合は対象外とさせていただきます。
  • 企業に属し、大学、公的機関に派遣または出向されている方は対象外とさせていただきます。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/2/23 リグニンの構造と分析・可視化技術および分離・抽出、高機能化、利用技術 オンライン
2024/2/26 樹脂・ゴム材料中におけるブリードアウト&ブルーム現象の発生メカニズムの解明と防止・対策技術 オンライン
2024/2/26 高分子材料の物性分析、分子構造解析技術の基礎と材料開発、物性改善への応用 オンライン
2024/2/26 熱伝導性フィラーを用いたポリマー系コンポジットの設計・開発ノウハウ オンライン
2024/2/27 プラスチック/フィルムにおける応力・ひずみ発生のメカニズムとその評価、応用 オンライン
2024/2/27 プラスチックの高度マテリアルリサイクルと高度成形プロセス オンライン
2024/2/28 高分子材料 (樹脂・ゴム材料) 中におけるブリードアウト & ブルーム現象の発生メカニズムの解明と防止・対策技術 オンライン
2024/2/28 ブルーカーボンの考え方、 取組み事例、企業参入のポイント、CO2吸収量の予測・活用 オンライン
2024/2/28 ポリマーアロイにおける相溶性の基礎と構造・物性制御 オンライン
2024/2/28 プラスチックリサイクル技術の現状・課題・最新動向 オンライン
2024/2/28 樹脂の硬化反応におけるレオロジー解析 オンライン
2024/2/28 流動場での、高分子の結晶化挙動の基礎と成形プロセス中の結晶化解析事例 オンライン
2024/2/28 再生医療のための機能性高分子バイオマテリアルの基礎と最新動向 オンライン
2024/2/29 高分子・複合材料の熱膨張メカニズムと低膨張化 オンライン
2024/2/29 生分解性プラスチックの土壌・海洋生分解と具体的な実験手順・ポイント オンライン
2024/2/29 セルロースナノファイバーを扱うための基礎 & 必須知識 オンライン
2024/2/29 高分子成形加工を理解するための高分子レオロジー入門 オンライン
2024/3/1 架橋技術 オンライン
2024/3/5 粘弾性挙動によるプラスチック成形品の残留応力の発生と解放のメカニズム オンライン
2024/3/6 高分子材料のレオロジー (粘弾性) の基礎と動的粘弾性測定 オンライン