技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

IPランドスケープを用いた各社取り組み事例と知財体制の構築

IPランドスケープを用いた各社取り組み事例と知財体制の構築

~IPL導入・運用の勘所と運営ポイントとは / 各社におけるIPLを機能させてくための組織づくりと進め方 / 経営層、事業部、発明者、各部門に対し、何を、どこまで報告したらよいか~
東京都 開催 会場・オンライン 開催

開催日

  • 2023年10月17日(火) 10時00分 17時45分

プログラム

第1部 企業内におけるIPランドスケープの基本

(2023年10月17日 10:00〜11:15)

 知的財産情報を経営に活かす、IPランドスケープという言葉が広く認知、たくさんの事例も学ぶことができるようになりました。一方、無形資産の活用という側面から考えてみれば、個社のビジネスモデルに大きく依存するため、広く自らの立ち位置を捉え、そこから活動を設計すべきです。
 そこで、当講演では「インハウスIPランドスケープのキホン」と題して、取組前にどういうことを考えて活動すべきか、その基本をまとめご紹介いたします。

  1. 活動をイメージする
    • 研究開発部門における活動事例
    • 自分/顧客にどんな変化をもたらしていきたいか
  2. Whatの前にWhy
    • 自分や組織の置かれている環境を理解する
    • どんな顧客のどんなニーズにこたえていきたいか
    • 起こりうる課題の例
  3. 活動を設計する
    • 活動展開のステップ
    • ゴールをイメージする
    • 質疑応答

第2部 住友化学におけるIPランドスケープの取り組み事例と知財体制の構築

(2023年10月17日 11:30〜12:45)

 当社では、事業競争力の強化に加え、社会課題解決に必要な他者との共創・協調に資する知的財産活動を推進しており、その重点施策として知財インテリジェンス強化を掲げている。事業部、研究所と密接したIPランドスケープの導入から成長に向けた取り組みについて紹介したい。

  1. 当社概要
  2. 当社知財活動方針
  3. 当社知財体制 〜事業部・研究所と密接した知財活動〜
  4. 当社におけるIPランドスケープとは
  5. 当社内でのアプローチ 〜導入から成長へ〜
    • 経営層、事業部、研究所へのアプローチ
    • 幹部、中堅、若手へのアプローチ
    • 社内報告会・社内知財研修の活用、地道な社内営業等
  6. IPランドスケープの実践体制
  7. 当社事例紹介
    • 知的財産部、研究所、事業部が担った役割を中心に
    • 質疑応答

第3部 半導体企業ロームにおけるIPランドスケープの浸透と実施事例

(2023年10月17日 13:30〜14:45)

 コロナ危機を脱しつつある現在においても、半導体企業がおかれた経営環境は地球環境、米中摩擦、武力衝突、AIの市場投入など、変化のスピードは上がる一方である。しかし半導体企業の成長には、変化への対応とともに長期視点にもとづく技術の準備が欠かせない。そういった観点からは、IPランドスケープ (IPL) を、特許による長期視点に基づく技術情報と市場の急速な変化を結び付けた、企業活動への新たな視点を提供するツールととらえることができる。
 本講演では、数年前から始まったロームのIPランドスケープ活動の浸透と実施事例を発表する。

  1. ロームの知財体制
    • 知財戦略会議
    • 職務発明専門部会
    • 発明月間
  2. 経営層に向けたIPLの実践
    • オリジナル分析
    • 知財ポジション
  3. 事業部に向けたIPLの実践
    • お品書き
    • 開発テーマの探索
    • 市場分析
  4. 発明者に向けた働きかけ
    • IPマンスリーレポート
    • 知財白書
    • 統合報告書
  5. 今後の課題
    • 変化への追従から変化を起こす企業へ
    • 質疑応答

第4部 ダウ・東レにおけるIPランドスケープの取り組み実践的な組織づくり

(2023年10月17日 15:00〜16:15)

 IPランドスケープは、特許・非特許情報などの情報を利用して状況を把握する作業である。IPLの認知度や報告相手の理解度に応じて、IPLに期待されるところや最適な実践方法が異なる。
 本セミナーでは、IPLによって、だれが何を知りたいのか、どの程度知りたいのか、なぜ知りたいのか、いつ知りたいのか、などの代表的な項目を起点として、IPLの影響力を増やすための勘所を紹介する。組織内でIPLを実践するための要所、IPランドスケーピングと特許出願を連携させた知財戦略、IPLを浸透する組織づくり、IPLのネタ、実践するときの主な課題と解決方法を紹介する。

  1. IPLを使う勘所
    • なぜ、研究開発部門がIPLを必要とするのか?
    • なぜ、事業部門 (営業・企画部などを含む) がIPLを必要とするか?
    • なぜ、経営陣がIPLを必要とするか?
    • 知財部自身は、IPLを必要か?
    • 各々の目的を達成するための実践的なIPL
  2. どのようなIPLをするか
    • 研究開発部門が持っている情報と、持っていない情報。
    • どのようなIPLのマップ、図が望ましいか?
    • IPLの結果を、どう使うか。
  3. IPLが浸透していく実践的な組織づくり
    • どのような情報を蓄積、共有すべきか。
    • プロジェクトのステージゲート管理
    • 特許出願戦略
    • 特許出願の件数目標vs質
    • 特許の社内教育制度
    • IPLテーマの一覧表
    • 質疑応答

第5部 ニデックにおけるIPランドスケープの取り組みと知財戦略への活用

(2023年10月17日 16:30〜17:45)

 弊社では、2017年より、IPLに代表される攻めの知財活動を強く推進してきた。本講演では、IPLに代表される攻めの知財活動に関する業務の立ち上げ時から、これまでに取り組んできた、種々のIPL関連活動について紹介する。

  1. 会社紹介と背景
  2. 攻めの知財活動の推進と当社における知財ビジョン
    • 攻めの知財活動の推進と当社における知財ビジョン
  3. 当社における知財推進体制の特徴と独自資源について
    • IPL活動におけるシステムとポイント
    • IPL情報と知財戦略の連動
    • 新たな取り組み
  4. IPLを用いた知財部門での新たな取り組み事例
    • 質疑応答

講師

  • 梶間 幹弘
    積水化学工業 株式会社 R&Dセンター 知的財産グループ (つくば)
  • 坂元 徹
    住友化学 株式会社 知的財産部
    担当部長
  • 山本 勲
    ローム株式会社 法務・知的財産部
    担当部長
  • 吉田 伸
    ダウ・東レ株式会社 (ダウ・ケミカル・グループ) 研究開発部門
    シニアマネージャー
  • 石井 友也
    株式会社ニデック 薬事法務本部 知的財産部 知的財産課
    課長

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 66,000円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 55,000円(税別) / 60,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 121,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 181,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方
  • 支払名義が企業の場合は対象外とさせていただきます。
  • 企業に属し、大学、公的機関に派遣または出向されている方は対象外とさせていただきます。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/6/24 オンコロジー領域における医薬品売上予測手法とデータ収集及び注意点 オンライン
2024/6/25 医療機器開発のための事業化戦略とプロジェクトマネージメント オンライン
2024/6/26 新規事業創出のための発想法と技術ロードマップの作成、技術・事業・知財戦略の実践方法 オンライン
2024/6/26 分割出願、及び、除くクレームを活用した強い特許権の取得・行使のための特許戦略 オンライン
2024/6/28 技術者・研究者のための特許の効率的な読み方と強い特許取得への生かし方 オンライン
2024/6/28 医療機器とヘルスケア機器 (非医療機器) に向けた薬機法と製品/パッケージデザイン・商品プロモーション開発 オンライン
2024/7/3 医薬品の知財制度と特許戦略 入門講座 オンライン
2024/7/3 革新的新商品・技術、新規事業を生み出すアイデアが湧き出る発想法 オンライン
2024/7/3 オンコロジー領域における医薬品売上予測手法とデータ収集及び注意点 オンライン
2024/7/4 競合情報の収集、分析と技術開発戦略の策定 オンライン
2024/7/4 営業秘密漏洩対応と予防策 オンライン
2024/7/5 新規事業テーマ中止/撤退判断への基準作りと運用の仕方 オンライン
2024/7/5 分割出願、及び、除くクレームを活用した強い特許権の取得・行使のための特許戦略 オンライン
2024/7/5 市場分析・競合他社ベンチマーキング分析と情報収集の進め方 オンライン
2024/7/8 技術者・研究者のための特許の効率的な読み方と強い特許取得への生かし方 オンライン
2024/7/9 医薬品市場予測・マーケティング 基礎と応用 オンライン
2024/7/9 新規事業創出のための発想法と技術ロードマップの作成、技術・事業・知財戦略の実践方法 オンライン
2024/7/10 研究開発部門が行うべきマーケティングの知識と活動 (基本理論編 & 実践編) オンライン
2024/7/10 研究開発部門が行うべきマーケティングの知識と活動 (基本理論編) オンライン
2024/7/10 営業秘密漏洩対応と予防策 オンライン

関連する出版物

発行年月
2024/4/15 テンセント (騰訊Tencent) 〔中国特許および日本特許〕技術開発実態分析調査報告書 (日本語版) (CD-ROM版)
2024/4/15 テンセント (騰訊Tencent) 〔中国特許および日本特許〕技術開発実態分析調査報告書 (日本語版)
2024/3/29 後発で勝つための研究・知財戦略と経営層への説明・説得の仕方
2024/3/11 アリババ (阿里巴巴 Alibaba) 〔中国特許および日本特許〕技術開発実態分析調査報告書 (日本語版)
2024/3/11 アリババ (阿里巴巴 Alibaba) 〔中国特許および日本特許〕技術開発実態分析調査報告書 (日本語版) (CD-ROM版)
2023/10/31 出口戦略に基づく研究開発テーマの設定と事業化への繋げ方
2022/7/29 費用対効果に基づく外国特許出願国の選び方・進め方
2022/4/4 軸受6社 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2022/4/4 軸受6社 技術開発実態分析調査報告書
2022/2/28 With・Afterコロナで生まれた新しい潜在・将来ニーズの発掘と新製品開発への応用
2021/10/29 “未来予測”による研究開発テーマ創出の仕方
2021/8/31 研究開発の "見える化" によるR&Dテーマ評価、進捗管理と進め方
2021/3/31 研究開発テーマの評価と中止/撤退判断の仕方
2021/3/31 経営・事業戦略に貢献する知財価値評価と効果的な活用法
2020/3/24 リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法 - 各データベースの選択と組み合わせ -
2019/5/31 医薬品モダリティの特許戦略と技術開発動向
2019/4/1 軸受の保持器 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2019/4/1 軸受の保持器 技術開発実態分析調査報告書
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書