技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

知財ミックス戦略の進め方と組織体制構築

知財ミックス戦略の進め方と組織体制構築

~特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権による強固な権利構築の仕方 / 技術重視型、ブランド重視型の知財ミックス戦略を実例を交えながら詳解~
オンライン 開催

開催日

  • 2023年9月28日(木) 10時00分 16時15分

修得知識

  • 特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権による強固な権利構築
  • 技術重視型、ブランド重視型の知財ミックス戦略

プログラム

第1部 知財ミックス戦略実施への組織体制構築と効果的な活用方法

(2023年9月28日 10:00〜12:00)

 知財ミックス戦略は、ある製品やサービスを複数の種類の知的財産権 (特に産業財産権である特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権等) で多面的に保護する戦略である。従来の「知財戦略」は特許を中心として語られることが多かったように思えるが、知財ミックス戦略によって、それぞれの知的財産権を有機的に関連付けることで、各権利の単独和を超える相乗効果を生じさせることができる。
 本セミナーでは、知財ミックス戦略を実施するための組織体制構築・運用、及び、知財ミックスの効果的な活用方法について、各社の事例を紹介しながら解説する。

  1. 知財ミックス戦略とは
    1. 知財ミックス戦略の重要性
    2. 知財ミックス戦略の実施状況
  2. 様々な知財ミックス戦略
    1. 技術重視型の知財ミックス戦略
    2. ブランド重視型の知財ミックス戦略
  3. 知財ミックス戦略を実施するための組織体制構築・運用
    1. 特許戦略からの脱却の課題
    2. 知的財産を一元管理する組織体制構築
    3. 知的財産を一元管理するマネジメント
    4. 知的財産の可視化 (IPランドスケープ)
  4. 知財ミックスの効果的な活用
    1. プロダクトライフサイクルに応じたポートフォリオ管理
    2. 知財ミックス戦略活用の具体的事例
      1. A社の事例
      2. B社の事例
      3. C社の事例
      4. D社の事例
      5. E社の事例
    • 質疑応答

第2部 知財ミックス戦略の進め方と組織体制構築のポイント

(2023年9月28日 13:00〜14:30)

 “知財ミックス”という言葉を耳にするようになってきたが、その言葉の意味するところの深い検討はあまりなされておらず、自社での実施において、その適否について判断するのが難しいテーマである。
 本日は、“知財ミックス”のあるべき姿について再考するとともに、シスメックスにて20年以上にわたって実践してきた知財活動について、組織体制構築から自社出願活動まで、実例を交えながら、その考え方を紹介する。

  1. 自己紹介・会社紹介
  2. ”知財ミックス”とは
  3. 知財活動は、そもそもが”知財ミックス”
  4. 企業の競争力の本質
  5. 知的財産権の役割
  6. いま、なぜ”知財ミックス”が推奨されるのか
  7. 知財ミックスの必要性
  8. 効果的な知財ミックス戦略の実践
  9. シスメックスの事例
    • 質疑応答

第3部 知財ミックス戦略の進め方と組織体制の構築、運営の仕方

(2023年9月28日 14:45〜16:45)

 近年、投資家・金融関係者の中で、企業価値に占める無形資産価値の評価についての議論が活発化している。また、内閣府の知財戦略本部などにおいて、我が国産業の再生化の文脈での無形資産の価値評価も注目が集まっている。しかしながら、このような環境変化に対して、企業の無形資産について、企業内において総合的に担当する組織が設置されている例はほとんどない。
 今回、食品企業である明治での検討を例に、知財ミックス戦略とは何かを分析した後に、現在の無形資産をめぐる環境変化を踏まえた知財組織の現実的な対応について、考察を加えていきたい。

  1. はじめに
  2. 企業の知財組織をめぐる環境変化
    1. 経営資源としての知的財産の位置付けの変化
  3. 知財戦略についての考察
    1. 知財ミックス戦略とは何か
    2. 価値創造サイクル
    3. 技術系知的財産とブランド系知的財産のシナジー
    4. 戦略各論
  4. 知財戦略を担う組織体制の構築と運営
    1. 組織設計のポイント
    2. 組織設計各論
  5. まとめ
    • 質疑応答

講師

  • 萬 秀憲
    よろず知財戦略コンサルティング
    代表
  • 井上 二三夫
    シスメックス 株式会社 知的財産本部
    理事 / 本部長
  • 石丸 和彦
    株式会社 明治 研究本部 知財戦略部
    専任部長

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 50,000円(税別) / 55,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 60,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方
  • 支払名義が企業の場合は対象外とさせていただきます。
  • 企業に属し、大学、公的機関に派遣または出向されている方は対象外とさせていただきます。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/7/24 共同研究開発における契約書のチェックポイントと留意点 オンライン
2024/7/24 知財インテリジェンス活動の実践事例と推進体制、人材の育成 オンライン
2024/7/26 特許請求の範囲 (クレーム) をしっかり読めますか? オンライン
2024/7/29 IPランドスケープ®実践に役立つ6つのハウツー講座 オンライン
2024/7/29 知財戦略の基礎と策定から実践のポイント オンライン
2024/8/1 「事業に役立つ強力な特許を絞り出せる開発者」になるための具体的ノウハウ オンライン
2024/8/2 特許調査、分析への生成AI活用とノイズ除去 オンライン
2024/8/2 知財戦略の基礎と策定から実践のポイント オンライン
2024/8/5 IPランドスケープの実践と社内普及のポイント オンライン
2024/8/6 長期的視点で高収益を実現するための 「市場・製品・技術ロードマップ作成」の全体プロセスと具体的手法 オンライン
2024/8/6 他社特許を分析して事業に役立つ強い特許を取得する権利化戦略 オンライン
2024/8/7 ビジネスモデルの本質理解、分析と設計・活用法 オンライン
2024/8/8 次世代抗体における特許戦略の構築と新たな視点 オンライン
2024/8/9 モノづくり企業が知っておきたい知的財産契約の基礎知識 オンライン
2024/8/12 他社特許を分析して事業に役立つ強い特許を取得する権利化戦略 オンライン
2024/8/13 モノづくり企業が知っておきたい知的財産契約の基礎知識 オンライン
2024/8/19 ビジネスモデルの本質理解、分析と設計・活用法 オンライン
2024/8/21 次世代抗体における特許戦略の構築と新たな視点 オンライン
2024/8/23 後発でも勝てる特許戦略と先行特許の崩し方、攻め方 オンライン
2024/8/23 発明のポイントのつかみ方、特許明細書の書き方 オンライン

関連する出版物

発行年月
2024/4/15 テンセント (騰訊Tencent) 〔中国特許および日本特許〕技術開発実態分析調査報告書 (日本語版)
2024/4/15 テンセント (騰訊Tencent) 〔中国特許および日本特許〕技術開発実態分析調査報告書 (日本語版) (CD-ROM版)
2024/3/29 後発で勝つための研究・知財戦略と経営層への説明・説得の仕方
2024/3/11 アリババ (阿里巴巴 Alibaba) 〔中国特許および日本特許〕技術開発実態分析調査報告書 (日本語版) (CD-ROM版)
2024/3/11 アリババ (阿里巴巴 Alibaba) 〔中国特許および日本特許〕技術開発実態分析調査報告書 (日本語版)
2022/7/29 費用対効果に基づく外国特許出願国の選び方・進め方
2022/4/4 軸受6社 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2022/4/4 軸受6社 技術開発実態分析調査報告書
2021/3/31 経営・事業戦略に貢献する知財価値評価と効果的な活用法
2019/5/31 医薬品モダリティの特許戦略と技術開発動向
2019/4/1 軸受の保持器 技術開発実態分析調査報告書
2019/4/1 軸受の保持器 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2018/10/1 軸受の密封 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2018/9/28 コア技術を活用した新規事業テーマの発掘、進め方
2017/12/27 「特許の棚卸し」と権利化戦略
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)