技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

医薬品の連続生産を成功させるフロー合成技術の導入と製造コスト削減

医薬品の連続生産を成功させるフロー合成技術の導入と製造コスト削減

~製薬企業の成功ケースに学ぶフロー合成技術・スケールアップ・コスト削減 / フロー合成装置を医薬品製造に活用するには? 連続生産のためにはどのように装置を選ぶ?~
オンライン 開催

開催日

  • 2023年6月27日(火) 10時00分 17時15分

プログラム

第1部 医薬品・化粧品を中心としたワイエムシィにおけるフロー合成装置への取組

(2023年6月27日 10:00〜11:30)

  1. マイクロリアクタ事業紹介
    • マイクロリアクタとは
    • マイクロリアクタ三大特徴
    • KeyChem用ミキサの選択方法)
  2. マイクロリアクタ 反応の利用例
  3. マイクロリアクタ製品紹介
    • 液-液反応用システム KeyChem-L
    • 導入用システム KeyChem-Basic
    • 異相系フロー合成装置 KeyChem-Integral
    • 気-液反応用フローリアクタ
    • 光-液反応システム KeyChem-Lumino
  4. ラボからスケールアップへの実例
  5. GMP対応に向けたフロー合成装置の提案

第2部 連続生産における装置の選び方のポイント

(2023年6月27日 12:15〜13:45)

  1. 連続生産における考え方
    1. モノづくりのキーワード
    2. 連続生産における課題
    3. 運転 (装置) と生産 (操業プロセス) のバッチと連続について
    4. スケール (規模) について-ラボ
    5. ベンチ
    6. パイロット
    7. 商業 (コマーシャル)
  2. 要素技術 (主に下流工程について)
    1. 上流工程
      • 反応
      • 抽出
      • 濃縮
      • 溶媒置換
      • 晶析
    2. 下流工程
      • 固液分離
        • 濾過
        • 遠心分離
      • 乾燥
      • 充填
      • 固液分離装置の種類
      • 乾燥機の種類
      • 濾過と乾燥の連続化
      • 濾過、乾燥の影響因子
      • 濾過、乾燥の装置選定における注意点
    3. 全体として
      • サージ
      • 制御
      • 分析
  3. 連続生産装置の最新事例:iFactoryRの紹介)
    1. iFactoryRのコンセプト
    2. 目指す効果
    3. 開発体制と出口戦略
    4. 規模および生産能力 (目安)
    5. 開発状況
    6. 取組への評価

第3部 製薬企業におけるフロー合成導入と連続生産の成功ケース

(2023年6月27日 14:00〜15:30)

 早期承認取得および長期収益化を目的として医薬品開発期間は短くなっており、またより低コスト化も求められる。原薬生産におけるフロー技術はこれらを解決する手段の一つとして期待されている。
 本セミナーでは、フロー合成技術に対し、医薬品CMC開発の観点で本技術に期待すること、および当社のフロー技術を用いた研究、製造の事例を紹介する。また、フロー合成の中でも最もフロー化の特徴が活かされる。「フラッシュケミストリー」技術を用いたスケールアップ技術についても紹介する。

  1. CMC研究におけるプロセス化学
    • プロセス化学とは (創薬化学とプロセス化学)
    • プロセス化学の役割 (安全・安定・安価)
    • 実験〜製造
  2. 私たちが考えるフロー合成技術とは
    • 定義
    • 製法ルート設計におけるフロー合成のメリット
  3. Flash Chemistry Processの開発
    • フラッシュケミストリーとは
    • フラッシュケミストリー技術を用いたプロセス研究
    • フラッシュケミストリー技術を活用したライブラリ合成への応用
    • フラッシュケミストリー技術を活用したスケールアップ生産
  4. ナパブカシン製法開発におけるフロー合成技術の貢献
    • バッチでの製法開発と課題
    • 拡散と流路依存性の相関
    • マイクロミキシングによる高度な反応制御とプロセス開発
    • スケールアップ生産
    • プロセス強化 (Process Intensification) への貢献

第4部 フロー合成によるAPI製造コスト削減の取り組み

(2023年6月27日 15:45〜17:15)

 フロー合成技術は近年合成技術として浸透しつつある。フロー合成技術は文字通り流すこと (フロー) で反応を完結する技術であり、従来のバッチ反応と比較して全く違う概念での反応になる。反応液は反応が完結した時点で流れ出るため、次のStepに順次進めることが可能となり、連続反応が可能となるシステムである。
 本セミナーではフロー合成技術を連続生産に応用してAPI製造のコスト低減を検討した事例 (主にマルチパーパスコンテナラボ) およびフロー合成技術の自動合成に強い側面を応用して創薬研究の自動化を行い研究コストの低減を指向した事例を紹介する。

  1. 医薬品原薬製造 (API) における製造コスト低減のチャレンジ
  2. 連続生産とは
  3. 医薬品業界における検討状況
  4. 連続生産の規制当局の動向
  5. 原薬連続生産の方法論
  6. フロー合成を用いたcGMP下でAPIを生産した事
  7. CDMOでの活用事例と活用の方向性
  8. 製薬企業の連続生産を活用したLCM戦略
  9. 医薬品の研究開発のボトルネック
  10. オンデマンド合成へのチャレンジ
  11. 製法検討の自動化
  12. 創薬研究の自動化へのチャレンジ
  13. 展望 (まとめ)

講師

  • 前澤 真
    株式会社 ワイエムシィ 国内営業部
    次長
  • 細野 武彦
    三菱化工機 株式会社 機械事業本部 産業機械技術部
    主幹セールスエンジニア
  • 臼谷 弘次
    住友ファーマ株式会社 技術研究本部 プロセス研究所 プロセス研究第1グループ
    主席研究員
  • 高山 正己
    京都大学医学部附属病院 先端医療研究開発機構
    プロジェクトマネージャー

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 66,000円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 55,000円(税別) / 60,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 121,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 181,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方
  • 支払名義が企業の場合は対象外とさせていただきます。
  • 企業に属し、大学、公的機関に派遣または出向されている方は対象外とさせていただきます。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/7/22 改正GMP省令で求められているGMP文書・記録の作成・管理のポイント オンライン
2024/7/23 開発から製造販売後までの一貫した安全性評価の取りまとめ方と効率的な資料作成方法 (基礎編 + 実践編) オンライン
2024/7/23 開発から製造販売後までの一貫した安全性評価の取りまとめ方と効率的な資料作成方法 (実践編) オンライン
2024/7/23 医薬品薬事・申請業務のための英文メディカルライティング基礎講座 オンライン
2024/7/23 非GLP試験での信頼性基準試験におけるリスクベースドアプローチを用いた信頼性保証 オンライン
2024/7/23 体外診断用医薬品の臨床性能試験の進め方と薬事申請対応のポイント 東京都 会場
2024/7/24 海外当局GMP査察に対するプレゼン、翻訳、バックルーム対応 オンライン
2024/7/24 CMC開発での生データの取り方・管理とDI及びQC実施 オンライン
2024/7/24 化学吸収法による二酸化炭素 (CO2) 分離回収技術の最前線 オンライン
2024/7/24 海外製品導入/導出品のCTD-Q (CMC申請資料) 作成の留意点 オンライン
2024/7/24 医薬品品質リスクマネジメントセミナー オンライン
2024/7/25 凍結乾燥製剤の設計とスケールアップ対策ならびにトラブル防止の具体的ポイント 東京都 会場・オンライン
2024/7/25 癒着防止材の各種外科での選択・使用法と今後求められる製品像 オンライン
2024/7/25 製造管理/品質保証担当者の質を高めるための教育訓練/文書管理における逸脱防止のノウハウ オンライン
2024/7/25 医薬品製造現場における少人数体制のQC/QA業務効率化/コスト削減 オンライン
2024/7/25 脂質ナノ粒子を用いた核酸・遺伝子送達技術の基礎と応用 オンライン
2024/7/25 バリデーション入門 オンライン
2024/7/25 バイオ医薬品 原薬製造工程・セルバンク管理/申請コース オンライン
2024/7/25 現場事例から学ぶCSV (コンピュータ化システムバリデーション) の基礎と実務理解・考え方 オンライン
2024/7/25 バイオ医薬品・再生医療等製品における国内外の規制当局の考え方をふまえたセルバンク管理と申請資料への記載方法 オンライン

関連する出版物

発行年月
2024/3/22 GxP領域でのクラウド利用におけるCSV実施/データインテグリティ対応 (製本版 + ebook版)
2024/3/22 GxP領域でのクラウド利用におけるCSV実施/データインテグリティ対応
2024/1/31 不純物の分析法と化学物質の取り扱い
2023/12/20 遺伝子治療用製品の開発・申請戦略 (製本版 + ebook版)
2023/12/20 遺伝子治療用製品の開発・申請戦略
2023/11/30 当局査察に対応した試験検査室管理実務ノウハウ
2023/11/30 造粒プロセスの最適化と設計・操作事例集
2023/11/29 開発段階に応じたバリデーション実施範囲・品質規格設定と変更管理 - プロセス/分析法バリデーション -
2023/11/29 開発段階に応じたバリデーション実施範囲・品質規格設定と変更管理 - プロセス/分析法バリデーション - (製本版 + ebook版)
2023/8/31 ゲノム編集の最新技術と医薬品・遺伝子治療・農業・水畜産物
2023/5/31 塗布・乾燥のトラブル対策
2023/5/26 グローバル展開・3極規制要件の違いをふまえたRMP (日本/欧州) ・REMS (米国) 策定とリスク設定・対応 (製本版 + ebook版)
2023/5/26 グローバル展開・3極規制要件の違いをふまえたRMP (日本/欧州) ・REMS (米国) 策定とリスク設定・対応
2023/4/28 ケモインフォマティクスにおけるデータ収集の最適化と解析手法
2023/2/28 mRNAの制御機構の解明と治療薬・ワクチンへの活用
2023/1/31 新規モダリティ医薬品のための新しいDDS技術と製剤化
2023/1/31 超入門 改正GMP省令セミナー
2022/12/9 データインテグリティに適合するための電子/紙データ・記録の運用管理とSOP作成手法 (製本版 + ebook版)
2022/12/9 データインテグリティに適合するための電子/紙データ・記録の運用管理とSOP作成手法
2022/11/30 抗体医薬品製造