技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

「不具合ゼロ検図」の考え方と進め方

「不具合ゼロ検図」の考え方と進め方

~その検図ではトラブルはなくならない~
オンライン 開催

開催日

  • 2022年10月28日(金) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 機械設計技術者
    • 図面を描き始めた新人
    • 経験4~5年の中堅技術者

修得知識

  • 検図の重要性を知り
  • 効果的な検図方法
  • 「チェックリスト」の作成・運用の仕方
  • 確実な自己検図のやり方

プログラム

 製造業におけるトラブル原因の94%は設計が原因といわれています。そして設計品質を保つための最後の砦が「検図」です。トラブル防止に重要な検図ですが、近年検図作業が形骸化している、検図ができない技術者が急増しているように感じられます。理由としては3DCAD普及によるインプット工数の増大、複雑化した製品構造により、設計の難易度が高くなる、大規模DRの実施、その他取扱説明書、納入仕様書等ドキュメントの作成により設計者の負荷が増え、検図に十分な時間を割り当てることができないことが考えられます。
 結果トラブル発生し、その対応に時間がとられる→さらに検図がおろそかになる→またトラブルが発生の悪循環にはまります。このようなことにならないためにも、「検図」について、経験も含めて最も効果的な方法を紹介いたします。
 もちろん、不具合をなくすためには、設計のやり方の改善やツール導入、設計能力向上なども必要となってきますが、昔から存在する「検図」をまずは改革してほしい思いでこの講座を開きました。受講することにより検図のスキルを習得し、御社の製品の品質が向上することを願っております。

  1. 検図の現状と課題
    1. 今設計の現場で何が起きているか
    2. 検図の実態
    3. 昔の検図と今の検図の違い
    4. 検図は設計品質を保つための最後の砦
  2. 検図における基本的な考え方
    1. 設計とは何か
    2. 検図力は設計力である
    3. 検図の重要性とその目的
    4. フロントローディング開発と検図
    5. デザインレビュー (設計審査) と検図
  3. 検図の方法と必要な内容
    1. 機能検図と生産検図
    2. 検図のタイミング
    3. 各設計段階でのチェックポイント
    4. 検図に必要な準備物
  4. 自己検図の勘どころ
    1. 間違った自己検図法
    2. 干渉チェックは自己検図で
    3. 自己検図のすすめ方
  5. 実際に検図をしてみよう
    1. 手巻きウインチ部品を検図する
    • 質疑応答

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 45,000円(税別) / 49,500円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/12/23 公差設計 (応用) オンライン
2022/12/23 SolidWorks 3DA操作セミナー オンライン
2023/1/12 設計ナレッジの可視化と技術伝承 オンライン
2023/1/17 機械設計における3D CAD・CAEの効果的な使い方 オンライン
2023/1/18 図面ミスを失くす、効果的な検図の進め方 オンライン
2023/1/26 機械図面の見方・描き方、実務向け実践講座 オンライン
2023/1/26 SolidWorks 3DA操作セミナー オンライン
2023/1/27 機械設計における3D CAD・CAEの効果的な使い方 オンライン
2023/1/30 材料力学入門 オンライン
2023/2/7 材料力学入門 オンライン
2023/2/7 カム機構の基礎と設計・製作のポイント オンライン
2023/2/17 公差設計 (基礎) オンライン
2023/2/27 SolidWorks 3DA操作セミナー オンライン
2023/3/6 幾何公差 オンライン
2023/3/17 構造用接着接合体試験の基礎から耐久性評価のポイント オンライン
2023/3/28 公差設計 (応用) オンライン
2023/3/30 SolidWorks 3DA操作セミナー オンライン