技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

増粘剤・ゲル化剤の種類とメカニズム、選び方と使い方

増粘剤・ゲル化剤の種類とメカニズム、選び方と使い方

オンライン 開催

開催日

  • 2022年8月19日(金) 9時50分 17時20分

受講対象者

  • 増粘剤・ゲル化剤に関連する技術者、開発者、生産技術担当者、品質保証担当者
    • 化粧品
    • 医薬品
    • 製剤
    • 食品
    • 接着剤
    • 乳化剤・界面活性剤 など
  • 増粘剤・ゲル化剤で課題を抱えている方

プログラム

第1部 アクリル系の増粘剤、粘度調整剤、ゲル化剤の特性とその使い方

(2022年8月19日 9:50〜10:50)

 増粘剤やゲル剤は主にゲル化や粘度を調整するために使用される。増粘ゲル化効果を有効的に発揮する方法も、分子量、濃度、温度、更にはその取り扱う条件で多様に異なる。
 本講では、多くの増粘ゲル化剤の効果を統一的に理解するための機構を、現象論的にさらには分子的観点から解説する。またそれらを統一的に理解する評価法について解説する。

  1. アクリル系増粘剤とは
    1. 増粘剤の種類と分類
    2. アクリル系ポリマーの種類
    3. アクリル系増粘剤の種類
  2. 増粘メカニズムと化学構造
    1. 増粘メカニズム
    2. 濃度と粘度
    3. 化学構造と粘度
  3. アクリル系増粘剤の特性と使用方法
    1. アクリル系増粘剤の特性
    2. アクリル系増粘剤の弱点
    3. アクリル系増粘剤の用途
    4. アクリル系増粘剤の設計、選定法
    • 質疑応答

第2部 シリコーン系増粘剤・ゲル化剤

(2022年8月19日 11:00〜12:00)

 シリコーン系増粘・ゲル化技術について、そのメカニズム毎に適用可能な材料を例示し、その機構・特徴・特性・化粧品用途への応用について説明する。

  1. シリコーンの基礎
  2. シリコーン系増粘・ゲル化技術
  3. 各増粘・ゲル化機構に応じたシリコーン系材料
    1. 高重合ポリエーテル変性シリコーン
    2. シリコーン・ポリアミド
    3. アルキル変性シリコーン
    4. シリコーンエラストマー・ブレンド
    5. シリル化シリカ
    6. シリコーンエラストマーとシリル化シリカの併用
    • 質疑応答

第3部 オイルゲル化剤、増粘剤とその使い方

(2022年8月19日 12:50〜13:50)

 オイルゲル化剤、増粘剤の種類、用途および最新のオイル増粘技術について紹介し、特に様々なオイルに用いることができ、透明性を維持したままとろみを付与できるオイル増粘剤の分子設計について報告する。

  1. オイルゲル化剤の種類と用途
    1. オイルゲル化剤の種類
    2. オイルゲル化剤の用途
  2. オイルゲル化剤、増粘剤の設計指針
    1. 分子設計指針
    2. 従来の研究
    3. 技術動向
  3. 新規オイル増粘剤の提案
    1. 開発方針
    2. 従来品の性能
    3. ベンゼンテトラカルボキサミド型増粘剤の開発
    4. シリコーンオイル増粘剤の開発
    • 質疑応答

第4部 モンモリロナイト系 ゲル化剤、増粘剤の特性とその使い方

(2022年8月19日 14:00〜15:00)

 モンモリロナイト(ベントナイトの主成分)の特性を、化学組成、結晶構造、などによって説明し、その特性によって、モンモリロナイトのゲル化剤、増粘剤としての特性を説明する。

  1. モンモリロナイトとは
    • ベントナイト (火山性粘土岩) の主成分粘土鉱物。板状のコロイド粒子
  2. モンモリロナイトの特性
    • 膨潤性、増粘性、粘結性、陽イオン交換性、吸着性など
  3. コロイド粒子
    • 懸濁液の粘度
    • 粒子の容積分率に比例する
    • Einstein の粘度式に従う
  4. モンモリロナイト懸濁液の粘度が高い理由
    • 粒子の総剥離により、粒子数が増大する 。
    • 板状粒子は、水分子のブラウン運動によって回転し、見掛け容積が200倍にもなる。
    • S imha の式。
  5. 流動特性が異なる原因
    • モンモリロナイトの流動性は、母岩母岩である。
    • ベントナイトの産地産地により、大きく異なる。
    • モンモリロナイト粒子の化学組成、アスペクト比、会合様式アスペクト比、会合様式などが異なるためである。
  6. モンモリロナイト懸濁液のゲル化剤
    • 水中でプラスに帯電する粒子 (プラスに帯電する粒子 (MMgOgO など)
    • 硫酸硫酸アルミニウム
    • 高分子量 (数百万) ポリアクリル酸ナトリウムなど。
  7. モンモリロナイト懸濁液の分散・解膠剤
    • ピロリン酸ナトリウム、
    • 低分子量 (2000~3000 程度) ポリアクリル酸ナトリウムなど。
    • 質疑応答

第5部 セルロースナノファイバーの増粘剤としての特徴とその応用・実用化例

(2022年8月19日 15:10〜16:10)

 第一工業製薬では、セルロースナノファイバーを水系機能性添加剤「レオクリスタ」として提供している。本講座では、増粘・ゲル化など、レオロジーコントロール剤としての機能を中心に、セルロースナノファイバーのユニークな特徴や実用化事例などについて紹介する。

  1. セルロースナノファイバー (CNF) とは
    1. CNFの特徴と期待される用途
    2. CNFの種類と製造方法
    3. TEMPO酸化CNFの構造と特徴
  2. 第一工業製薬のCNF「レオクリスタ」の機能と特徴
    1. ネットワーク構造によるユニークなレオロジーコントロール
    2. ヒドロゲルの形成、水溶性高分子との複合化によるダブルネットワークゲルの形成
    3. 油、微粒子への吸着による乳化・分散
    4. 皮膜の形成
  3. CNFの応用例と実用化事例
    1. 化粧品用途
    2. 塗料・インク用途
    3. セラミック用途
    4. 電池用途
    5. その他
    • 質疑応答

第6部 天然物由来の増粘剤、ゲル化剤の特性とその利用

(2022年8月19日 16:20〜17:20)

 天然物由来の水溶性高分子である増粘多糖類の増粘、ゲル化の基本特性をご紹介します。増粘剤としては、キサンタンガムをはじめ、グアーガムやその誘導体、セルロース誘導体等の特徴、ゲル化剤としては、ジェランガム、カラギーナン等の特徴をご紹介します。

  1. 増粘多糖類の特徴
    1. 分類と特性
    2. 利用のポイント
      • 分散
      • 溶解性
  2. 増粘剤としての特徴
    1. 増粘多糖類の一般的粘度特性
    2. キサンタンガムの特徴
    3. グアーガムの特徴
      • 未変性グアーガム
      • 変性グアーガム
        • HP化
        • カチオン化
    4. セルロース誘導体の特徴
  3. ゲル化剤としての特徴
    1. 増粘多糖類の一般的ゲル化特性
    2. ジェランガムの特徴
    3. カラギーナンの特徴
    4. 増粘多糖類の併用ゲルの特徴
    • 質疑応答

講師

  • 長谷川 剛史
    東亞合成 株式会社 技術生産本部 エンジニアリング部 新プロセス課
    主査
  • 神崎 康枝
    ダウ・東レ株式会社 研究開発部門 応用技術2部
    主任研究員
  • 中村 亮太
    株式会社ダイセル 大竹工場 研究開発センター ヘルスケアSBU 事業推進室 研究開発グループ
  • 後居 洋介
    第一工業製薬 株式会社 研究本部 ライフサイエンス統括部 レオクリスタ開発グループ
    専門課長
  • 古津 嘉伸
    三晶 株式会社 中央研究所
    課長

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 66,000円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 55,000円(税別) / 60,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 121,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 181,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方
  • 支払名義が企業の場合は対象外とさせていただきます。
  • 企業に属し、大学、公的機関に派遣または出向されている方は対象外とさせていただきます。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/8/9 プラスチック用添加剤の正しい選択と配合設計による高性能化 オンライン
2022/8/16 熱可塑性エラストマーの技術トレンドと市場動向 オンライン
2022/8/18 生分解性素材の開発と応用展望 オンライン
2022/8/19 ダイコーティングの塗布理論と品質安定化、トラブル対策 オンライン
2022/8/22 放熱樹脂の微視構造の設計と熱伝導フィラー活用のポイント オンライン
2022/8/24 高分子の延伸における分子配向・配向結晶化のメカニズムと物性制御 オンライン
2022/8/24 非可食バイオマスを含むバイオプラスチックの最新動向 オンライン
2022/8/24 レオロジーを特許・権利化するための基礎科学、測定技術、データ解釈 オンライン
2022/8/25 ブロック共重合体の基礎とエレクトロニクス分野への応用 オンライン
2022/8/25 流動場での高分子の結晶化挙動の基礎と成形プロセス中の結晶化解析事例 オンライン
2022/8/25 インクジェット技術入門 オンライン
2022/8/25 シリコーンの基礎と特性・応用例 オンライン
2022/8/25 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術 オンライン
2022/8/26 1日速習:プラスチックの基礎 オンライン
2022/8/26 粘着の基礎と剥離のメカニズム オンライン
2022/8/26 ライフサイクルアセスメント (LCA) の初歩 オンライン
2022/8/26 バイオプラスチックの基礎と応用、開発・利用動向と開発事例 オンライン
2022/8/29 押出機内の樹脂挙動および溶融混練の基礎と最適化 オンライン
2022/8/29 各種機能性高分子ゲルの作製技術と特性制御及び応用展開 オンライン
2022/8/29 ポリウレタンの基礎知識と応用技術、高機能化 オンライン