技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

プロセスバリデーションの具体的な計画書・記録書・報告書の作成セミナー (医療機器)

受講者特典: アーカイブ配信付き、プロセスバリデーションの手順書配布、予習用動画教材

プロセスバリデーションの具体的な計画書・記録書・報告書の作成セミナー (医療機器)

オンライン 開催

プロセスバリデーションの手順書を配布いたします。

概要

本セミナーでは、プロセスバリデーション手順書を配布し、医療機器における具体的な計画書、記録書、報告書の作成方法を分かりやすく解説いたします。

開催日

  • 2022年7月27日(水) 13時00分 16時00分

修得知識

  • 医療機器におけるプロセスバリデーション
  • プロセスバリデーションの実施方法、記録方法
  • プロセスバリデーション報告書作成

プログラム

 医療機器製造の特殊工程 (例:半田付け、滅菌、かしめ、接着、溶接、圧着等) において、プロセスバリデーションの実施は重要です。プロセスバリデーションを実施することによって、当該プロセスが恒常的に規格に合格した製品を通常の操作条件において生産できることを高度に保証することが必要です。そのためには、管理する変動要因を適切に把握しなければなりません。適格性評価で確立した実生産の条件で製品を製造し、様々なアクションレベル、それを含んだ標準操作手順書 (SOP) の内容を確認し、チャレンジテストの繰り返しでよりプロセスの保証を高めなければなりません。
 製品やプロセスのデータは、プロセスのアウトプットが規格内である通常の変動範囲が決まるように解析されるべきです。通常の変動範囲を知ることで、コントロールされた状態か特定のアウトプットを製造できるのに一定の許容範囲にあるかが明確になります。変動幅を軽減し管理すると高度な品質保証につながります。
 プロセスバリデーションの実施手順は、試験法バリデーション、洗浄バリデーション、滅菌バリデーション等に対しても同様に応用することが出来ます。また、プロセスバリデーションを実施する前に構造設備の適格性評価を実施する必要があります。
 適格性評価が実施された構造設備を用いて、実生産スケールで実際に製造してみることが必要です。さらに、手技 (手作業) で実施している特殊工程においては、作業者の適格性評価が必要です。
 その際にバリデーションを実施するロット数 (N) は、統計的手法を用いて適切に決定する必要があります。プロセスバリデーションでは、計画書、記録書、報告書を揃える必要があります。
 いったいどのような手順でプロセスバリデーションを実施し、記録を作成すれば良いのでしょうか。本セミナーでは、プロセスバリデーション手順書を配布し、具体的な計画書、記録書、報告書の作成方法を分かりやすく解説します。

  1. プロセスバリデーション手順書解説
  2. プロセスバリデーション計画書の記載方法
  3. プロセスバリデーションの実施方法、記録の作成方法
  4. プロセスバリデーション報告書の記載方法
    • 質疑応答

講師

  • 村山 浩一
    株式会社 イーコンプライアンス
    代表取締役

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,000円 (税別) / 33,000円 (税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルをダウンロードいただきます。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

受講特典

  • プロセスバリデーションの手順書を配布
  • 予習用セミナービデオ (セミナー開催日まで視聴可能)
  • アーカイブ配信付 (セミナー開催後、1週間程度の編集期間後に配信開始予定、配信から10営業日 視聴可能)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/8/19 欧州医療機器規則MDRセミナー オンライン
2022/8/22 医療機器の承認申請書の作成およびPMDA対面助言のポイント オンライン
2022/8/24 医療機器ソフトウェア オンライン
2022/8/24 医療機器QMSにおける統計手法の適用とサンプルサイズ決定方法 オンライン
2022/8/25 プログラム医療機器の保険適用戦略 オンライン
2022/8/26 一般医薬品における有効期間を考慮した規格及び試験方法の設定と分析法バリデーションの実施方法 東京都 会場・オンライン
2022/8/26 医療機器にかかる広告規制 オンライン
2022/8/30 医療機器における生物学的安全性試験の申請/評価の進め方と新旧ガイダンスの比較解説 オンライン
2022/8/30 GMP対応工場における設備・機器の維持管理 (保守点検) と設備バリデーションの実際 オンライン
2022/8/30 バリデーション文書/サイトマスターファイル作成時の必修事項と記載例 オンライン
2022/8/31 改正GMP省令が求めるラボにおけるデータインテグリティ実務対応 オンライン
2022/8/31 コンカレントエンジニアリングを用いたフロントローディングによる医療機器開発における上流設計の強化 会場・オンライン
2022/8/31 欧州医療機器規則 (MDR) における市販後監視/ビジランスの要求事項・対応と品質マネジメントシステムへ取り込むべき内容 オンライン
2022/9/2 モノクローナル抗体のスクリーニング法と創薬への活用 オンライン
2022/9/2 デジタルヘルスケア・新医療機器製品開発に向けた戦略的な薬機法の活用法 オンライン
2022/9/6 一般医薬品における有効期間を考慮した規格及び試験方法の設定と分析法バリデーションの実施方法 オンライン
2022/9/7 欧州医療機器規則MDR (臨床評価編 + PMS・ビジランス編) オンライン
2022/9/7 欧州医療機器規則MDR (臨床評価編) オンライン
2022/9/8 バリデーション文書/サイトマスターファイル作成時の必修事項と記載例 オンライン
2022/9/8 欧州医療機器規則MDR (PMS・ビジランス編) オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/11/10 医療機器製造におけるバリデーション基礎講座
2021/10/18 医療機器の設計・開発時のサンプルサイズ設定と設定根拠
2021/10/15 医療機器のプロセスバリデーション (PV) と工程管理
2021/3/30 経験/査察指摘/根拠文献・規制から導く洗浄・洗浄バリデーション:判断基準と実務ノウハウ
2021/3/15 体温計 (CD-ROM版)
2021/3/15 体温計
2020/10/28 QMS/ISO要求をふまえた医療機器「プロセス」「滅菌」「包装」「ソフトウェア」バリデーションの進め方
2020/7/31 生体情報センシングと人の状態推定への応用
2020/5/29 凍結乾燥工程のバリデーションとスケールアップおよびトラブル対策事例
2020/4/30 生体情報計測による感情の可視化技術
2019/11/21 医療機器企業におけるリスクマネジメントセミナー (DVD)
2019/11/21 医療機器企業におけるリスクマネジメントセミナー (オンデマンド)
2019/6/27 FDAが要求するCAPA導入の留意点
2019/4/24 洗浄バリデーション実施ノウハウと実務Q&A集
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/5/31 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発
2017/8/29 洗浄バリデーション実施・サンプリング妥当性とDHT・CHT/残留許容値の設定
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2017/5/10 分析法バリデーション実務集