技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

水素エネルギーの最新動向と有機ハイドライドを用いた水素貯蔵・運搬システムの最前線

水素エネルギーの最新動向と有機ハイドライドを用いた水素貯蔵・運搬システムの最前線

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、水素キャリアとして有望視されている有機ハイドライドを取り上げ、有機ハイドライドの基礎や社会状況に加えて、貯蔵・運搬・生成に必要な基盤技術について解説いたします。
また、基幹技術である脱水素プロセスに関して、触媒に求められる性能や高性能化の方法論について分かりやすく解説するとともに、多元素合金触媒などの最先端の技術・材料についても紹介いたします。

開催日

  • 2022年7月6日(水) 13時00分 15時00分

受講対象者

  • 触媒・プロセス開発関連の研究者・技術者
  • 石油化学工業・水素エネルギー関連化学に携わる研究者・技術者

修得知識

  • 水素社会に関する基礎知識
  • 有機ハイドライドに関する基礎と社会情勢
  • 水素サプライチェーンの実証例と概要
  • 脱水素技術における触媒の設計指針
  • 脱水素触媒開発の進め方

プログラム

 水素キャリアとして有望視されている有機ハイドライドに関して、基礎知識や社会状況に加えて、貯蔵・運搬・生成に必要な基盤技術について解説する。また、有機ハイドライドの技術体系が現在どの程度確立されていて、今後の水素社会の構築に向けて後何が必要かについて明らかにする。
 加えて、基幹技術である脱水素プロセスに関して、触媒に求められる性能や高性能化の方法論について分かりやすく解説するとともに、多元素合金触媒などの最先端の技術・材料及び、本脱水素触媒技術を応用したプロパン脱水素による高効率なプロピレン製造の研究展開についても紹介する。

  1. 水素エネルギーに関する基礎知識と社会情勢
    1. 水素エネルギーシステムの社会導入に関して
    2. 水素キャリアの経済性と安全性
  2. 有機ハイドライドを用いた水素貯蔵・運搬システムの現状
    1. 水素化・脱水素の技術体系
    2. 水素貯蔵・運搬システムの構築と実証化
  3. 脱水素触媒の高性能化
    1. 脱水素触媒に必要な触媒設計の指針
    2. 多元素合金による高性能・高耐久脱水素触媒の開発
    3. 脱水素触媒技術の応用:高効率プロピレン製造への展開

講師

  • 古川 森也
    北海道大学 触媒科学研究所
    准教授

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 35,000円 (税別) / 38,500円 (税込)
複数名
: 17,500円 (税別) / 19,250円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 32,000円(税別) / 35,200円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 17,500円(税別) / 19,250円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 32,000円(税別) / 35,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 35,000円(税別) / 38,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 52,500円(税別) / 57,750円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 35,000円(税別) / 38,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 70,000円(税別) / 77,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 105,000円(税別) / 115,500円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/7/7 CO2の資源化に寄与する触媒開発技術 オンライン
2022/7/12 工業触媒の使い方と劣化対策、活性試験、評価 オンライン
2022/7/21 水素社会を展望するための基礎と関連デバイス オンライン
2022/7/25 金属有機構造体 (MOF) :分離・貯蔵への応用・研究動向 オンライン
2022/7/27 炭素循環 (カーボンリサイクル) 技術 オンライン
2022/7/28 メタネーション技術の開発動向と今後の課題、展望 オンライン
2022/7/28 水素貯蔵材料の基礎と今後の展望 オンライン
2022/8/10 CO2からワンパスで低級オレフィン等の有用物質を合成する触媒の開発 オンライン
2022/8/23 自動車排ガス浄化触媒材料の評価・解析と開発動向 オンライン
2022/8/24 グリーン水素製造・輸送における要素技術および実用化に向けた課題・動向 オンライン
2022/8/25 固体触媒を利用したバイオマスプラスチック原料の環境低負荷合成 オンライン
2022/8/26 水素キャリアおよび脱炭素燃料としてのアンモニア オンライン
2022/8/29 メタネーション技術の過去・現在・未来 オンライン
2022/9/5 アルカリ水電解の開発状況・課題と国内外の動向 オンライン
2022/9/16 水素製造・貯蔵のコスト構造と低コスト化および効率的な水素貯蔵材料の技術開発 オンライン
2022/9/28 メタネーションの基礎と現状、課題、最新動向 オンライン