技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

生分解性プラスチックの分解制御技術と製品設計指針

生分解性プラスチックの分解制御技術と製品設計指針

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、PLAを中心とした生分解性プラスチックの生分解分解制御と機能化を解説いたします。

開催日

  • 2022年1月17日(月) 10時00分 17時00分

修得知識

  • 地球環境保全・資源循環型社会に向けて、SDGsとしての生分解性プラスチック
  • 生分解性プラスチックの高性能・高機能化材料設計技術
  • 生分解性プラスチックの成形加工と製品・市場開発動向

プログラム

 海洋プラスチック汚染問題に代表される地球環境・資源・廃棄物問題が顕在化した今日、生分解性プラスチックへの関心が本格化しているが、その成否を支配するのは、既存石油系プラスチックの広範な性能・機能と応用展開をどこまでカバーし得るかに係っている。
 本講では、生分解性プラスチックの中でも中核素材であるポリ乳酸を中心に、先ず生分解機構の視点から製品寿命の短い使い捨て製品から長期使用耐久性製品までをコントロールするための分解制御技術を論究し、次に既存石油系プラスチックを代替えする上で必須の要件である耐衝撃性や耐熱性、抗菌・防カビ性等の高性能・高機能化技術を詳述する。
 今日までの約35年間、生分解性プラスチックの基礎・応用研究から技術・事業開発までを産学両分野に渡り世界に先駆け成し遂げた講師による渾身のセミナーである。

  1. 地球環境・資源・廃棄物問題と生分解性プラスチック
    1. 地球環境・資源・廃棄物問題の抜本的解決のために
      1. 海洋プラスチック汚染問題の正しい理解と生分解性プラスチックの役割
        • 海洋プラ濃度の経年変化 (累積増加) 曲線
        • 海洋汚染問題に対する短期的視点と長期的 (グローバルな) 視点
        • 海水中のマイクロチップ (流木、草本類) は太古の昔より存在した!
        • 自然生態系が許容し得る海水中の生分解速度…ポジティブ・コントロールは?
      2. 地球上に生命が誕生して38億年、地球はなぜ廃棄物で埋もれなかったのか?
      3. 自然界が有する真のリサイクルシステムである炭素循環へのリンク
    2. 生分解性プラスチックの識別表示と環境負荷低減効果
      1. 日本バイオプラスチック協会 (JBPA) 識別表示制度
      2. カーボン・フットプリント…LCAによる環境負荷の客観的・定量的評価
    3. 生分解性プラスチックの分類、基本特性と応用展開
      1. 硬質タイプ…ポリ乳酸 (PLA) :Tg/Tm=58℃/175℃
      2. 軟質タイプ
        1. ポリブチレンアジペート・テレフタレート (PBAT) :Tg/Tm= – 35℃/115℃
        2. ポリブチレンサクシネート系 (PBS, PBSA) :Tg/Tm= – 47~ – 35℃/84~115℃
      3. その他
        • 微生物産生ポリエステル (PHBV, PHBH)
        • デンプン系
    4. 世界の法規制と業界動向
      1. 欧米グリーンガイド指針…ポイ捨てを助長するbiodegradable表示は禁止、再資源化手法としてのCompostable (堆肥化可能) 表示を!
      2. 世界の法規制動向…欧州ではごみ袋やレジ袋、使い捨ては生分解性に!
      3. 業界動向…世界ラーメンサミット「大阪宣言」
  2. 生分解性プラスチックの生分解機構と分解 (開始・速度) 制御技術
    1. 生分解機構の分類 (分解の初期から中期にかけて)
    2. 分解開始・速度の支配的因子と分解制御技術
      1. PLAの特異的な2段階2様式の生分解機構…生分解性と耐久性の両立可
        • 第1ステップ…化学的加水分解 (分子量、強度低下による形状崩壊)
        • 第2ステップ…生成した水溶性乳酸を微生物が資化・代謝 (生分解)
      2. PLAのTg:58℃≒生ごみ堆肥化温度…分解開始トリガー (自動的スイッチオン機構)
      3. PLAの分解速度の制御…残留ラクチドとCOOH末端基濃度と製品寿命
        1. タイプS (残留ラクチド:多) …分解速度速い/製品寿命短い
        2. タイプM (残留ラクチド:少) …中程度
        3. タイプL (COOH末端基封鎖) …分解速度遅い/製品寿命長い
    3. PLAの様々な環境下における (非) 分解挙動と応用展開
      1. 生体内…生体内分解吸収性医用材料 (タイプS)
      2. 自然環境下 (土壌、海水) …農林・園芸・土木・水産資材 (タイプM)
      3. 再資源化/バイオリサイクル (堆肥化またはバイオガス化)
        • 使い捨て容器・包装資材
        • 生活・衛生・雑貨 (タイプM)
      4. 高温・高湿下 (自動食器洗い機) …リターナブル食器 (タイプL)
      5. 再資源化/マテリアルリサイクル
        • リターナブル食器
        • 電気・電子機器筐体・部品
        • 産業資材
        • 自動車内装材 (タイプL)
  3. 生分解性プラスチックの高性能・高機能化技術の進展
    1. 耐熱性…荷重たわみ温度 (DTUL) 、熱変形温度 (HDT) 又は熱収縮率
      1. 結晶性高分子の耐熱性支配因子…成形加工工程での結晶化速度
        • 主剤…高L組成ポリ乳酸 (High %L PLA)
        • 添加剤…造核剤、結晶化促進剤、マルチ機能改質剤
        • 透明耐熱性…溶解型造核剤
      2. 耐熱性、透明耐熱性の現状到達レベル
        • 電気・電子機器筐体・部品…150 ℃/低荷重下 (0.45MPa)
        • 食品容器…120~130℃ x 5分/電子レンジ加熱可
        • ティバッグ、飲用カップ…5~100℃/熱湯注入可
        • 透明耐熱性 (ヘイズ<5%) …130℃
    2. 耐衝撃性
      1. 添加剤の配合設計と作用機序
      2. 耐衝撃性の現状到達レベル
        • 電気・電子機器筐体、部品…9.6 kJ/cm2 (シャルピー衝撃強度)
        • シート成形品…落球法 (100gの重りを50㎝の高さから)
      3. 耐熱性と耐衝撃性の同時改良が可能なマルチ機能改質剤とその発現機構
    3. 抗菌・防カビ性…生分解性概念と相反する機能を有する奇跡の素材とは?
      1. ネズミ食害試験
      2. プラスチックのカビ抵抗性試験…JIS Z – 2911
      3. 生鮮イチゴ収納容器のカビ抵抗性試験
      4. 繊維の抗菌・防カビ性試験…繊維製品新機能評価協議会・抗菌防臭加工基準
      5. ポリ乳酸の抗菌・防カビ性発現機構
      6. 消費者から届けられた声
  4. 質疑応答

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 45,000円(税別) / 49,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 ミーティングテスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。電子媒体での配布はございません。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/1/28 高分子の熱分析 オンライン
2022/1/31 バイオマスプラスチックの開発、環境負荷の低減とその評価技術 オンライン
2022/1/31 高分子フィルム・繊維の延伸プロセスにおける分子配向形成と制御技術 オンライン
2022/1/31 EUVレジスト材料開発と評価・プロセス技術 オンライン
2022/2/1 プラスチック・ゴム・粘/接着製品の劣化メカニズムと寿命予測・劣化加速条件の設定手法 オンライン
2022/2/1 ゴム製品開発における解析技術の基礎講座 オンライン
2022/2/3 難燃剤、難燃化技術の基礎と最新動向 オンライン
2022/2/4 基礎から理解するポリイミドの高性能化・機能化設計 オンライン
2022/2/4 高分子材料のトライボロジーの特性と摩耗・摩擦低減技術 オンライン
2022/2/4 バイオディーゼル燃料の基礎、応用および開発動向 オンライン
2022/2/7 高分子材料の残留応力発生のメカニズムと低減化 東京都 オンライン
2022/2/9 固体NMR法の基礎と測定・解析ノウハウ オンライン
2022/2/9 ポリウレタンの基礎知識および応用展開と高機能化技術 オンライン
2022/2/10 バイオガスから新エネルギー オンライン
2022/2/15 プラスチックの表面処理・改質技術と接着性の改善・評価方法 オンライン
2022/2/15 車載パワーモジュールの実装技術と高放熱・耐熱性材料の設計 オンライン
2022/2/15 二酸化炭素を利用した樹脂接合法の基本原理と産業利用 オンライン
2022/2/16 ポリマーの生分解メカニズムと生分解性ポリマーの高性能化・高機能化 オンライン
2022/2/17 プラスチック/ゴムの劣化・破壊メカニズムとその事例および寿命予測法 オンライン
2022/2/17 UV硬化樹脂の硬化不良要因と硬化状態の測定・評価技術 オンライン