技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

バイオリアクターの装置および操作の設計、スケールアップ

バイオリアクターの装置および操作の設計、スケールアップ

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、バイオリアクターについて基礎から解説し、バイオリアクターを使用するためのノウハウを始め、より高度に使いこなすために必要な操作設計に関わる知識まで幅広く解説いたします。

開催日

  • 2021年12月7日(火) 10時30分 16時30分

修得知識

  • バイオリアクターを使用するための基本やノウハウ
  • バイオリアクターをより高度に使いこなすために必要な操作設計
  • バイオリアクターや周辺技術の今後の発展の方向性

プログラム

 本セミナーでは、バイオリアクターの基本から、容器・装置・操作の設計論の基本的事項を解説し、各種細胞への適用における注意点を述べる。
 本セミナーが対象とする技術の範囲は極めて広く、一日で全てをお伝えすることは難しいが、可能な限り平易にエッセンス・考え方に絞って講義する.ユーザーの立場から、どのように装置を使いこなすかという操作の基本事項を押さえて頂き 、今後より深く生物化学工学を学んで頂くきっかけとしてご活用頂きたい。

  1. バイオリアクターとは何か (概論)
    1. バイオリアクターの活躍の場
      ~ 醸造、発酵、環境浄化からバイオ医薬品、再生医療まで ~
    2. 一般的なバイオリアクターの形状
      • 通気撹拌型・気泡塔型固定化担体,固定化細胞の活用
        • センサー,制御系
    3. バイオリアクター運転の基本プロセスおよび操作上の注意点
      • 滅菌
      • 培地仕込み
      • 洗浄方法 他
    4. フラスコ培養とバイオリアクターのちがい
    5. バイオリアクター操作において注意・予測すべき変数と、各種制御の実装
    6. バイオリアクターの基本的取り扱い
      • バイオリアクターのメンテナンス・バイオリアクターのコンタミ対策
      • 起こりがちなトラブルと対処法・他
  2. バイオリアクターに関わる反応の定式化と、操作設計への活用
    1. 一次反応速度式の記述法
    2. 増殖速度論、殺菌速度論
      • 指数的増殖・比増殖速度・比消費速度・比生産速度
      • モノー式
    3. 回分培養操作
      • 増殖連動型・増殖非連動型・基質/生産物による阻害と解除
    4. 流加培養操作と設計式
    5. 連続培養操作と設計式
    6. 酸素供給速度論・酸素移動容量係数
  3. スケールアップの方法論、実際
    1. スケールアップ指標・撹拌所要動力・シェアストレス・酸素供給速度
    2. 教科書的なスケールアップの設計式・無通気培養・通気撹拌培養
    3. スケールアップの実際・流体解析と生物化学工学的検証の統合
  4. 各種細胞の大量培養における注意点
    1. 微生物培養の実際、注意点
    2. 動物細胞培養の実際、注意点
    3. iPS細胞培養の実際、注意点

講師

  • 長森 英二
    大阪工業大学 工学部 生命工学科
    准教授

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

シーエムシーリサーチからの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。
また、2名様以上同時申込で全員案内登録をしていただいた場合、1名様あたり半額の 22,500円(税別) / 24,750円(税込)となります。

  • Eメール案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • Eメール案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 24,000円(税別) / 26,400円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/10/25 バイオ医薬品におけるCMC・CTD申請の3極の記載レベルの差と照会事項における要求の違い オンライン
2021/10/25 バイオ医薬品原薬工場建設の計画・設計・マネージメントのポイント オンライン
2021/10/26 バイオ医薬品生産用の遺伝子組換え体細胞の構築とセルバンク化: 保存管理・更新・試験・申請対応に関する注意点 オンライン
2021/11/4 エクソソームを標的としたリキッドバイオプシーの開発 オンライン
2021/11/5 バイオ医薬品の原薬製造における連続生産プロセスと求められる要素技術 東京都 会場
2021/11/9 マイクロバイオーム市場トレンドとビジネスチャンス オンライン
2021/11/10 医薬品開発におけるmRNAの活用と製造・品質管理動向 オンライン
2021/11/16 生体親和性の発現機構、評価法と材料設計 オンライン
2021/11/17 再生医療等製品製造の工程設計と品質マネジメント オンライン
2021/11/18 再生医療・細胞治療分野を含めたエンドトキシン試験の実際と品質管理のポイント オンライン
2021/11/19 原因解明に基づいた軽減戦略、擬陽性の削減戦略、スクリーニングのプラットフォームと管理戦略の提案 オンライン
2021/11/22 次世代抗体医薬品製造に向けたダウンストリーム工程の生産性強化手法 オンライン
2021/11/24 医用材料の基礎・要求特性および応用展開・最新動向 オンライン
2021/11/25 再生医療に役立つ足場材料研究開発の最前線 オンライン
2021/11/26 細胞の3D化技術とバイオインク材料・技術 オンライン
2021/11/26 遺伝子パネル検査の基礎および品質・信頼性確保のポイント オンライン
2021/11/29 バイオ医薬品GMP入門 オンライン
2021/11/29 バイオリアクターの基礎と微生物培養・動物細胞における設計/スケールアップ オンライン
2021/11/29 核酸医薬品の特許戦略 オンライン
2021/11/30 医薬品製造所における無通告査察を含むGMP (GCTP) 適合性調査で求められる医薬品品質システム (PQS) 等の再構築と注意すべき重要管理ポイント オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/10/29 マイクロバイオームの最新市場動向とマーケティング戦略
2021/8/31 創薬研究者・アカデミア研究者が知っておくべき最新の免疫学とその応用技術
2021/8/31 創薬研究者がこれだけは知っておきたい最新のウイルス学
2021/4/30 バイオリアクターのスケールアップと物質生産事例集
2020/12/24 バイオ医薬品 (抗体医薬品) CTD-CMC記載の要点
2020/1/30 凍結乾燥の最適な条件設定による品質の安定化 - ラボ機と生産機の性能の違いを反映させたスケールアップ -
2018/10/31 細胞培養加工施設の構築と運営管理の省力・省コスト化
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/5/18 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場
2018/4/25 統計学的アプローチを活用した分析法バリデーションの評価及び妥当性
2018/1/30 バイオ医薬品のCTD-Q作成 - 妥当性の根拠とまとめ方 -
2016/12/16 バイオ・医療への3Dプリンティング技術の開発最前線
2014/1/30 再生医療 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/1/30 再生医療 技術開発実態分析調査報告書
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書
2011/8/29 バイオ / 抗体医薬品・後続品におけるCMC研究・申請と同等性確保
2010/4/27 バイオ医薬品及び注射剤における不溶性異物 / 凝集体の評価・分析法