技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

自動車 (部品) 業界の品質管理手法とその考え方

自動車 (部品) 業界の品質管理手法とその考え方

~演習を通して、自動車業界の品質管理手法を体得~
オンライン 開催 演習付き

開催日

  • 2021年10月28日(木) 10時30分 16時30分

修得知識

  • QC七つ道具「特性要因図」「管理図」などの正しい使い方 (演習あり)
  • トヨタグループで使われている「QAネットワーク」の考え方と使い方 (演習あり)

プログラム

 乗員の安全性の絶対確保を最優先する自動車 (部品) 業界を例にして、品質確保が企業経営の生命線であること、そのために品質管理は企業全体で取り組むべききわめて重要なマネジメントであることを学んでいただきます。

  1. 品質管理とは何か?
    1. 品質管理概論
    2. 自動車業界における品質管理
      • トヨタ生産方式と品質管理
  2. 源流における品質の作り込み
    1. 自動車業界における初期流動管理とは?
      • コンカレント・エンジニアリングで品質作り込み
    2. エンジニアリングチェーンの重要性
      • QFD (品質機能展開)
      • 設計FTA
      • 設計FMEAなど
  3. 工程管理の実際と演習
    1. QC七つ道具
      • 自動車業界の特性要因図と演習
    2. サプライチェーンの視点の重要性
      • QAネットワークの演習
  4. 変化点管理の重要性
    1. 変更管理と変化点管理の違い
    2. 変化点管理の基本と具体的な手法
      • 発見
      • 未然防止
      • 問題処置
      • 再発防止
  5. 質疑応答と全体討議

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 45,000円(税別) / 49,500円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/12/9 これからの自動運転車とドローンにおける安全対策技術と法規制の動向 オンライン
2021/12/9 公差設計入門 オンライン
2021/12/9 EV/PHVのPCU (パワーコントロールユニット) と自動車用パワーエレクトロニクス技術動向 オンライン
2021/12/10 自動車パワートレーンの電動化、脱炭素化の動向と関連製品の今後の展望 オンライン
2021/12/13 品質機能展開実践 (QFD) の基本と活用法 オンライン
2021/12/14 中国における燃料電池市場の現状・今後と燃料電池部品の企業・技術開発動向 オンライン
2021/12/16 FTA / FMEA / DRBFMの作成・運用方法 オンライン
2021/12/17 ミリ波レーダ技術の基礎と自動車分野への応用 オンライン
2021/12/17 形骸化したFMEAを改善した実践演習セミナー (問題発見 + 問題解決) オンライン
2021/12/17 形骸化したFMEAを改善した実践演習セミナー (問題発見) オンライン
2021/12/20 形骸化したFMEAを改善した実践演習セミナー (問題解決) オンライン
2021/12/21 自動車用CFRP・CFRTPの最新技術動向と、CFRTPの自動車適用技術開発プロジェクト オンライン
2021/12/23 自動車内装表皮材の開発トレンドと今後の展開 オンライン
2021/12/23 信頼性の基礎 (2日間) オンライン
2021/12/23 信頼性の基礎 (1) オンライン
2021/12/24 信頼性の基礎 (2) オンライン
2021/12/27 自動車の電動化と車載電池の再利用および課題 オンライン
2022/1/14 プラスチック加飾技術の最新動向と今後の展望 オンライン
2022/1/18 自動車で発生する振動・騒音の原因と対策事例 オンライン
2022/1/18 ドライバ状態モニタリング/センシング技術と統計処理・機械学習の活用 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/9/30 自動車室内の静粛性向上と、防音・防振技術、材料の開発
2020/12/25 次世代自動車の熱マネジメント
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/12/14 2019年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016
2015/11/20 2016年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2015/10/22 FMEA・DRBFMの基礎と効果的実践手法
2015/9/18 2015年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2015/2/27 2015年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2014/9/26 2014年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2014/8/10 過給機(ターボチャージャ、スーパーチャージャ) 技術開発実態分析調査報告書