技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

GAFA+Mの自動運転車開発最前線

Apple Carショック

GAFA+Mの自動運転車開発最前線

~IT企業 vsメーカー 激動の米国クルマ産業~

ご案内

 GAFA+Mは自動運転車市場に進出し、クルマ産業は激動の時を迎えた。自動運転車はAIとソフトウェアが決め手で、メーカーに代わりIT企業が市場をリードし始めた。自動運転車はスマホやPCの延長線上に位置づけられ、IT企業にとって新たなビジネスチャンスとなる。自動車メーカーは存続をかけて生き残りを図る。このセミナーは自動運転車開発の最前線をレポートし、地殻変動を起こした米国自動車産業を解説する。
 Appleは自動運転車開発プロジェクト「Titan」を進めてきたが、これを商用化しApple Carを投入する。Amazonは自動運転車スタートアップZooxを買収し、自動車市場に参入した。Microsoftは自動運転車向けクラウドを開発し、GMにこれを提供する。Google/Waymoは、アリゾナ州で無人タクシーを運行しているが、事業を全米の主要都市に拡大する。Facebookは高度なAIの開発を進めており、自動運転技術に強い関心を示していると噂される。
 メーカーは一斉にEV開発を加速し、その中心に自動運転技術を位置付ける。Teslaはレベル5の自動運転車を開発しているが、いよいよ今年から出荷が始まる。GMはCruiseを核に自動運転車を開発し、その技術が大きく進化している。一方、FordはArgoと提携して自動運転車の開発を進め、巻き返しを図っている。
 このセミナーはビデオや体験レポートなどマルチメディアを用い、最新技術を分かりやすくビジュアルに解説する。

目次

  1. 自動運転で激変する米国クルマ産業
    1. 白熱する自動運転車開発
    2. IT企業 vs メーカーの戦い
  2. GAFA+Mの自動運転車開発
    1. Google 自動運転技術の実力を検証する
    2. Apple スマホとクルマを販売する未来
    3. Facebook 自動運転技術?ロボティックス?
    4. Amazon Bezosが育てるモビリティ事業
    5. Microsoft 自動運転車はクラウド事業
  3. メーカーの自動運転車開発
    1. Tesla 完全自動運転車の販売が始まる
    2. GMの反撃 急成長する自動運転技術
    3. Fordの試練 生き残りをかけた戦い
  4. 自動運転車を支える部材
    1. 半導体 AIチップ開発バトル
    2. センサー LidarとRadarの最新技術
  5. 注目のスタートアップ
    1. 高度な自動運転ソフトウェア
    2. Teslaに挑戦するEVベンチャー
    3. Lidarを使わない自動運転技術
  6. ラストマイルデリバリー
    1. 無人のクルマが商品を宅配
    2. 宅配ロボット体験レポート

執筆者

宮本 和明

米国 VentureClef社

代表/アナリスト

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

DVD (約2時間45分), セミナーテキスト (PDF) 0ページ

発行年月

2021年4月

販売元

tech-seminar.jp

価格

30,300円 (税別) / 33,330円 (税込)

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/7/8 自動車騒音の発生メカニズム、(フェーズ3などの) 規制強化の動き、遮音・防音対策 オンライン
2022/7/15 カウンタードローン技術、ドローンの安全対策技術および法規制の動き オンライン
2022/7/19 ドライバ状態モニタリング/センシング技術と統計処理・機械学習の活用 オンライン
2022/7/21 自動運転用センサフュージョン技術と動向 オンライン
2022/7/22 自動車用パワーエレクトロニクスの基礎と技術動向 東京都 会場
2022/7/26 国内外メーカーのEVシフトと超小型EVの現状と今後の展望 オンライン
2022/7/28 自動車の自動運転におけるセンシング技術と移動物追跡技術 オンライン
2022/7/28 パワーエレクトロニクスの基礎とインバータ・コンバータおよび周辺技術 オンライン
2022/7/28 車載インテリアセンサーのグローバル市場動向とビジネスチャンス - 台頭する統合型アプローチ オンライン
2022/7/29 便利で豊かな社会づくりを支える生体・ヒューマンセンシングおよび情報処理技術とその市場展開・展望 (自動車・感情・生体認証) オンライン
2022/8/2 カーボンニュートラルと自動車用材料 オンライン
2022/8/2 激動の自動車産業の近未来2022 オンライン
2022/8/2 欧州における車載樹脂のリサイクル技術の動向 オンライン
2022/8/5 ドローン/自律飛行ロボットの進化とカウンター・ドローン技術および法規制動向 オンライン
2022/8/19 振動・騒音を低減する材料技術とその予測技術 オンライン
2022/8/19 EVをはじめとした次世代自動車の最新動向とリチウム、コバルト、ニッケル等のレアメタルと希ガスの今後の見通し オンライン
2022/8/23 自動車排ガス浄化触媒材料の評価・解析と開発動向 オンライン
2022/8/26 燃料電池・EV商用車とインフラの最新動向 オンライン
2022/8/30 自動車分野におけるプラスチックの動向およびリサイクルの動き オンライン
2022/8/30 自動車室内の快適性を向上させるスマートウィンドウ技術の最新動向 オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/5/6 EV、PHEV、HEVと燃料電池車の環境・走行性能分析 (書籍+PDF版)
2022/5/6 EV、PHEV、HEVと燃料電池車の環境・走行性能分析 (書籍版)
2022/4/15 2022年版 スマートモビリティ市場の実態と将来展望
2022/2/4 世界のxEV、車載用LIB・LIB材料 最新業界レポート
2021/9/30 自動車室内の静粛性向上と、防音・防振技術、材料の開発
2021/1/31 次世代EV/HEV用モータの高出力化と関連材料の開発
2020/12/25 次世代自動車の熱マネジメント
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/12/14 2019年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/6/30 ADAS・自動運転を支えるセンサーの市場動向
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2016/2/20 自動車用プラスチック部品・材料の新展開 2016