技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

世界のxEV、車載用LIB・LIB材料 最新業界レポート

世界のxEV、車載用LIB・LIB材料 最新業界レポート

~中国・欧州・米国・韓国・日本の主要市場の現状と各社のビジネス戦略~

ご案内

 各国の規制強化を受けてEVなどのシフトが一段と加速している。それに伴い、車載用LIB市場はさらに拡大し、メーカーの競争は激化している。これまではLIBメーカー大手を中心に、ギガファクトリーに大々的な設備投資が行われ、2019年後半からは新規参入組も加わり、次々とギガファクトリーの建設プロジェクトが立ち上がっている。
 LIB需要が急拡大するにつれ、主要4部材 (セパレーター、正極材、負極材、電解液) を生産する材料メーカーにも引き合いが絶えない。
 現状、中国・韓国勢がLIB、及びLIB向け主要四部材に対しての投資が盛んであり、生産体制を拡充させている。マーケットシェアでは、中国・韓国メーカーが一挙に台頭してシェア上位を占め、それに押される形で日本メーカーのシェアが下がってきている。
 ただ、全固体電池がEV市場のゲームチェンジャーとなる可能性がある。EVの普及を妨げてきた航続距離の短さなどの欠点を解決し、本格普及に期待が集まっている。この分野は材料技術が必要で、日本勢は優位な分野でもある。現状ではEV市場で劣勢の日本メーカーではあるが、電池革命が起きたときには、世界をリードする可能性がある。
 各国の市場を調査すると、中国と並びEV市場を牽引する欧州では、ここ数年、欧州政府による政策や各国の補助金などでEVの販売が急速に伸びていることがわかった。NIOや長城汽車などの中国のEVメーカーが欧州に攻勢をかけている。
 また、現時点では、欧州には有力な車載用LIBメーカーが存在しない。欧州の自動車大手にLIBを供給するサプライヤーは中国・韓国、日本のメーカーに集中し、なかでも中国企業同士が激しい受注競争を繰り広げている。
 本レポートでは、世界におけるxEV、及び、車載用LIB・LIB材料に焦点を合わせ、中国・欧州・米国・韓国・日本の主要市場の現状と今後について業界分析をした。今後の展開を見据えたうえでの次世代ビジネスにつながるレポートになっている。

CMCリサーチ調査部

目次

第I編 xEV (EV・PHEV・HEV)

第1章 市場・業界動向
  • 1. 自動車メーカーの電動化戦略
  • 2. 世界におけるEV・PHEV・HEVの販売予測
  • 3. 世界における電動車の車種別売台数ランキング
第2章 EV企業のビジネス戦略
  • 1. テスラ
  • 2. トヨタ自動車
  • 3. 日産自動車
  • 4. ルノーグループ
  • 5. フォルクスワーゲン
  • 6. 現代自動車
  • 7. BMW
  • 8. Daimler
  • 9. Mercedes-Benz
  • 10. Volvo Cars
  • 11. Porsche
  • 12. SUBARU
  • 13. 鴻海テクノロジーグループ
  • 14. 出光興産
  • 15. ソニーグループ

第II編 車載用LIB

第1章 市場・業界動向
  • 1. 市場シェア
  • 2. 世界の車載用LIB生産能力の推移
  • 3. LIBメーカーの材料ベースのビジネス戦略
  • 4. LIBのコスト構成
  • 5. 各社によるLIBの低コスト化
第2章 車載用LIB企業のビジネス戦略
  • 1. CATL
  • 2. LG エナジーソリューション
  • 3. パナソニック
  • 4. BYD
  • 5. サムスンSDI
  • 6. SK on
  • 7. エンビジョンAESC
  • 8. Volkswagen Group Components
  • 9. プライム プラネット エナジー&ソリューションズ
  • 10. Northvolt
  • 11. ビークルエナジージャパン
  • 12. 三洋化成工業
  • 13. VinFast
  • 14. 東芝、双日、CBMM
  • 15. Enpower Greentech、Enpower Japan、ソフトバンク

第III編 車載用LIB向け主要四部材

第1章 正極材
  • 1. 概要
  • 2. 正極材の種類
    • 2.1 LFP
    • 2.2 NMC
    • 2.3 NCA
    • 2.4 コバルトフリー電池
  • 3. 材料分析
  • 4. 市場分析
  • 5. 企業動向
    • 1 Umicore
    • 2 住友金属鉱山
    • 3 日亜化学工業
    • 4 厦門タングステン
    • 5 杉杉能源
    • 6 容百科技
    • 7 L&F
    • 8 当昇科技
    • 9 エコプロ BM
    • 10 北大先行
    • 11 振華新材料
    • 12 Ultium Cells
    • 13 LG化学
    • 14 Posco Chemical
    • 15 BASF
    • 16 テスラ
    • 17 BYD
    • 18 三井金属鉱業
    • 19 田中化学研究所
    • 20 住友化学
    • 21 住友大阪セメント
    • 22 戸田工業
    • 23 太平洋セメント
    • 24 格林美 (GEM)
    • 25 NOVONIX
    • 26 Johnson Matthey
    • 27 日本化学産業
    • 28 新日本電工
    • 29 クレハ
    • 30 JFE ミネラル
    • 31 トーヨーカラー
    • 32 日本スピンドル
    • 33 Oak Ridge 国立研究所
    • 34 関西ペイント
    • 35 TopBattery
    • 36 東北大学
第2章 負極材
  • 1. 概要
  • 2. 材料分析
  • 3. 天然黒鉛と人造黒鉛のメリット・デメリット
  • 4. 市場分析
  • 5. 企業動向
    • 1 貝特瑞新能源 (BTR)
    • 2 昭和電工マテリアルズ
    • 3 杉杉集団
    • 4 江西紫宸
    • 5 POSCO Chemical
    • 6 三菱ケミカル
    • 7 凱金能源
    • 8 国軒高科
    • 9 ENEOS (旧;JXTGエネルギー)
    • 10 東海カーボン
    • 11 SKC
    • 12 東芝、双日、CBMM
    • 13 東邦チタニウム
    • 14 中国中化
    • 15 JFE ケミカル
    • 16 Sila Nanotechnologies
    • 17 Enovix
    • 18 Enevate
    • 19 韓国科学技術研究所
    • 20 Evonik Industries
    • 21 テスラ
    • 22 日本黒鉛工業
    • 23 日本カーボン
第3章 電解液
  • 1. 概要
  • 2. 材料分析
  • 3. 市場分析
  • 4. 企業動向
    • 1 天赐高新材料
    • 2 新宙邦科技
    • 3 国泰華栄
    • 4 MU アイオニックソリューションズ
    • 5 セントラル硝子
    • 6 BYD
    • 7 杉杉集団
    • 8 BASF
    • 9 Dongwha Electrolyte
    • 10 Soulbrain
    • 11 Enchem
    • 12 三井化学
    • 13 旭化成
    • 14 Lotte Chemical
    • 15 森田化学工業
    • 16 日本触媒
    • 17 東ソー・ファインケム
    • 18 クレハ
    • 19 MI-6、キシダ化学、東京大学、三井物産
    • 20 LANXESS
    • 21 Foosung
    • 22 東北大学1
    • 23 東北大学2
第4章 セパレーター
  • 1. 概要
  • 2. 材料分析
  • 3. 市場分析
  • 4. 企業動向
    • 1 上海エナジー (Semcorp)
    • 2 旭化成
    • 3 星源材質
    • 4 SK ie テクノロジー (SKIET)
    • 5 東レ
    • 6 住友化学
    • 7 河北金力
    • 8 滄州明珠
    • 9 ダブル・スコープ
    • 10 江西恩博新材料
    • 11 帝人
    • 12 宇部興産
    • 13 宇部マクセル
    • 14 三菱ケミカル
    • 15 日本板硝子
    • 16 ニッポン高度紙工業
    • 17 三菱製紙
    • 18 三井化学
    • 19 日本製鋼所
    • 20 日本バイリーン
    • 21 積水化学工業
    • 22 特種東海製紙
    • 23 天間特殊製紙
    • 24 Evonik
    • 25 スリーダム
    • 26 日本ゼオン

第IV編 次世代電池

第1章 全固体電池
  • 1. 概要
  • 2. 全固体電池の特徴
  • 3. 課題
  • 4. 固体電解質材料の種類
  • 5. 車載用全固体電池の市場動向
    • 5.1 概要
    • 5.2 高分子系全固体電池の市場分析
    • 5.3 硫化物系全固体電池の市場分析
    • 5.4 酸化物系全固体電池の市場分析
    • 5.5 錯体水素化物系全固体電池の市場分析
  • 6. 企業動向
    • 1 トヨタ自動車
    • 2 サムスン SDI
    • 3 フォルクスワーゲン
    • 4 QuantumScape
    • 5 Solid Power
    • 6 Blue Solutions
    • 7 Ionic Materials
    • 8 Ilika
    • 9 日立造船
    • 10 出光興産
    • 11 現代自動車
    • 12 BMW
    • 13 CATL
    • 14 上海蔚来汽車 (NIO)
    • 15 三井金属
    • 16 Factorial Energy
    • 17 Stellantis
    • 18 Solvay
    • 19 日産自動車
    • 20 ホンダ
    • 21 GM
    • 22 LGエナジーソリューション
    • 23 SK イノベーション
    • 24 日本触媒
    • 25 TDK
    • 26 マクセルホールディングス
    • 27 太陽誘電
    • 28 FDK
    • 29 日本特殊陶業
    • 30 オハラ
    • 31 imec
    • 32 冨士色素
    • 33 GS アライアンス
    • 34 三桜工業
    • 35 新東工業
    • 36 日本ケミコン、旭カーボン
    • 37 24M
    • 38 ソフトバンク
    • 39 村田製作所
    • 40 大阪ソーダ
    • 41 Britishvolt
    • 42 Graphene Manufacturing Group (GMG)
    • 43 カワタ
    • 44 長瀬産業
    • 45 万向一二三
    • 46 鴻海精密
  • 7. 研究開発動向
    • 1 東京工業大学
    • 2 産業技術総合研究所
    • 3 山形大学
    • 4 大阪府立大学
    • 5 名古屋工業大学
    • 6 首都大学東京
    • 7 豊橋技術科学大学
    • 8 ブラウン大学、メリーランド大学、東京大学
    • 9 イリノイ大学
    • 10 浦項工科大学
    • 11 中国科学技術大学、中国科学院
    • 12 韓国科学技術院 (KAIST)
第2章 リチウム硫黄電池
  • 1. 概要
  • 2. 業界分析
  • 3. コスト
  • 4. 企業動向
    • 1 LG エナジーソリューション
    • 2 Lyten
    • 3 Mercedes-Benz
    • 4 OXIS Energy
    • 5 ソニー
    • 6 GSユアサ
    • 7 GSアライアンス
    • 8 豊橋技術科学大学
    • 9 沖縄科学技術大学院大学

第V編 中国の動向分析

第1章 EV
  • 1. 概要
  • 2. 新エネルギー車の販売台数
  • 3. 各社による高級EV戦略
  • 4. 中間価格帯 (200万~300万円) へのビジネス戦略
  • 5. 企業動向
    • 1 テスラ
    • 2 BYD
    • 3 上汽通用五菱汽車 (SAIC-GM-Wuling Automobile:SGMW)
    • 4 上海蔚来汽車 (NIO)
    • 5 理想汽車
    • 6 フォルクスワーゲン
    • 7 トヨタ自動車
    • 8 広州汽車
    • 9 小鵬汽車
    • 10 吉利汽車
    • 11 長城欧拉
    • 12 雷丁汽車
    • 13 阿維塔科技
    • 14 小米 (シャオミ)
    • 15 Audi
    • 16 BMW
    • 17 GM
    • 18 本田技研工業
第2章 車載用LIB
  • 1. 市場シェア
  • 2. 三元系 VS LFP
  • 3. 中国における大学研究
  • 4. 企業動向
    • 1 CATL
    • 2 BYD
    • 3 LG エナジーソリューション
    • 4 中航鋰電
    • 5 国軒高科
    • 6 孚能科技
    • 7 銀隆新能源
    • 8 捷威動力
    • 9 万向集団
    • 10 天津力神
    • 11 金羽新能科技
    • 12 蜂巣能源 (SVOLT)
    • 13 贛鋒鋰業
    • 14 Amprius (nanjing) Power Energy
    • 15 SK on
    • 16 Microvast
    • 17 エンビジョンAESC
    • 18 小林製作所
第3章 車載用LIB向け主要四部材
  • 1. 正極材
    • 1.1 動向分析
    • 1.2 企業動向
      • 1 BASF Shanshan Battery Materials
      • 2 POSCO Chemical
      • 3 尚志精密化学
      • 4 金川集団
      • 5 格林美 (GEM)
      • 6 湖南瑞翔新材料
      • 7 クレハ
      • 8 当昇科技
      • 9 Umicore
      • 10 中偉新材料
  • 2. 負極材
    • 2.1 動向分析
    • 2.2 企業動向
      • 1 寧波杉杉
      • 2 POSCO Chemical
      • 3 深圳斯諾
      • 4 JFE ケミカル
      • 5 三菱ケミカル
  • 3. 電解液
    • 3.1 動向分析
    • 3.2 企業動向
      • 1 華軟科技
      • 2 三井化学
      • 3 多氟多
      • 4 東莞市杉杉
      • 5 Dongwha Enterprise
  • 4. セパレーター
    • 4.1 動向分析
    • 4.2 企業動向
      • 1 江西恩博新材料
      • 2 中材科技
      • 3 仏山金輝

第VI編 各国の動向分析

第1章 欧州
  • 1. 概要
  • 2. 欧州のEV市場
  • 3. 欧州におけるHEV
  • 4. 中国勢の欧州市場戦略
  • 5. 欧州における車載用LIBの動向
  • 6. ドイツ
    • 6.1 動向分析
    • 6.2 企業動向
      • 1 テスラ
      • 2 Opel
      • 3 フォルクスワーゲン
      • 4 国軒高科
      • 5 CATL
      • 6 BASF
      • 7 長城汽車
      • 8 蜂巣能源科技 (SVOLT)
      • 9 孚能科技
      • 10 Microvast
      • 11 吉利汽車
      • 12 天賜材料
  • 7. スウェーデン
    • 7.1 動向分析
    • 7.2 企業動向
      • 1 Northvolt
      • 2 星源材質
      • 3 科達利
      • 4 Volvo Car
      • 5 Scania
      • 6 Einride
      • 7 吉利汽車
  • 8. ノルウェー
    • 8.1 動向分析
    • 8.2 企業動向
      • 1 上海蔚来汽車 (NIO)
      • 2 小鵬汽車
      • 3 BYD
      • 4 吉利汽車
      • 5 第一汽車集団
      • 6 FREYR Battery
  • 9. ハンガリー
    • 9.1 動向分析
    • 9.2 企業動向
      • 1 SK イノベーション
      • 2 サムスン SDI
      • 3 BMW
      • 4 エコプロ BM
      • 5 上海エナジー
      • 6 東レ
      • 7 GS ユアサ
      • 8 SungEel HiTec
      • 9 Doosan Solus
      • 10 Lotte Aluminium
      • 11 Dongwha Electrolyte
      • 12 東洋インキ SC ホールディングス
      • 13 Soulbrain
      • 14 Audi
  • 10. ポーランド
    • 10.1 動向分析
    • 10.2 企業動向
      • 1 LG エナジーソリューション
      • 2 SK ie テクノロジー (SKIET)
      • 3 SKC
      • 4 Northvolt
      • 5 Umicore
      • 6 Johnson Matthey
      • 7 新宙邦
      • 8 Foosung
      • 9 江蘇国泰
  • 11. チェコ
    • 11.1 概要
    • 11.2 企業動向
      • 1 Skoda Auto
      • 2 現代自動車
      • 3 Nano One、Euro Manganese
      • 4 セントラル硝子
  • 12. 英国
    • 12.1 動向分析
    • 12.2 企業動向
      • 1 上海汽車
      • 2 日産自動車
      • 3 トヨタ自動車
      • 4 Stellantis
      • 5 Royal Dutch Shell
      • 6 Britishvolt
  • 13. フランス
    • 13.1 動向分析
    • 13.2 企業動向
      • 1 Stellantis
      • 2 Automotive Cells Company (ACC)
      • 3 Mercedes‐Benz
      • 4 Renault
      • 5 Verkor
      • 6 東海カーボン
第2章 米国
  • 1. 動向分析
  • 2. 企業動向
    • 1 テスラ
    • 2 Ford Motor
    • 3 フォルクスワーゲン
    • 4 BMW
    • 5 GM
    • 6 LG エナジーソリューション
    • 7 SK on
    • 8 サムスン SDI
    • 9 パナソニック
    • 10 エナジー社
    • 11 CATL
    • 12 Mercedes-Benz
    • 13 Mullen Technologies
    • 14 現代自動車グループ
    • 15 Polestar
    • 16 Arrival
    • 17 Proterra
    • 18 Romeo Power
    • 19 ZenLabs
    • 20 Posco Chemical
    • 21 Ultium Cells
    • 22 Enchem
    • 23 エコプロ BM
    • 24 トヨタ自動車
    • 25 ホンダ
    • 26 宇部興産
    • 27 新宙邦
    • 28 Rivian Automotive
    • 29 Microvast
    • 30 NOVONIX
    • 31 Lucid Motors
    • 32 テキサス大学
第3章 韓国
  • 1. 動向分析
  • 2. 企業動向
    • 1 現代自動車グループ、SK イノベーション
    • 2 LG 化学
    • 3 サムスンSDI
    • 4 コスモ新素材 (Cosmo AM&T)
    • 5 L&F
    • 6 Lotte Aluminium
    • 7 POSCO Chemical
    • 8 住友化学
    • 9 双竜自動車
    • 10 浙江吉利控股集団、ルノー
第4章 日本
  • 1. 概要
  • 2. 日本市場
  • 3. 自動車メーカーの動向
  • 4. EVの普及に向けた国の補助政策
  • 5. 企業動向
    • 1 テスラ
    • 2 日産自動車、三菱自動車
    • 3 マツダ
    • 4 ダイハツ工業
    • 5 スズキ
    • 6 BMW
    • 7 Volvo
    • 8 第一汽車
    • 9 BYD
    • 10 Stellantis

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

A4判 並製本 240ページ

ISBNコード

978-4-910581-16-3

発行年月

2022年2月

販売元

tech-seminar.jp

価格

180,000円 (税別) / 198,000円 (税込)

案内割引について

シーエムシーリサーチからの案内をご希望の方は、割引特典を受けられます。

  • Eメール案内を希望する方 :
    • 冊子版: 162,000円(税別) / 178,200円(10%税込)
    • 冊子版 + PDF版 (CD) セット: 198,000円(税別) / 217,800円(10%税込)
  • Eメール案内を希望しない方 :
    • 冊子版: 180,000円(税別) / 198,000円(10%税込)
    • 冊子版 + PDF版 (CD) セット: 220,000円(税別) / 242,000円(10%税込)

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/7/8 自動車騒音の発生メカニズム、(フェーズ3などの) 規制強化の動き、遮音・防音対策 オンライン
2022/7/14 リチウムイオン電池材料の開発方向性と安全性・寿命解析技術 オンライン
2022/7/15 自動車の電動化、脱炭素化の動向と関連製品の今後の展望 オンライン
2022/7/15 カウンタードローン技術、ドローンの安全対策技術および法規制の動き オンライン
2022/7/19 ドライバ状態モニタリング/センシング技術と統計処理・機械学習の活用 オンライン
2022/7/19 CO2の電解還元および電解合成による有用物質合成 オンライン
2022/7/20 バッテリマネジメントシステム (BMS) の基礎と応用 オンライン
2022/7/21 リチウムイオン二次電池の特性評価、劣化・寿命診断 オンライン
2022/7/21 自動運転用センサフュージョン技術と動向 オンライン
2022/7/22 自動車用パワーエレクトロニクスの基礎と技術動向 東京都 会場
2022/7/22 リチウムイオン蓄電池最適管理のための残量・劣化推定技術解説 オンライン
2022/7/22 EV用リチウムイオン電池のリユース・リサイクル技術の動向と課題、今後の展望 オンライン
2022/7/26 国内外メーカーのEVシフトと超小型EVの現状と今後の展望 オンライン
2022/7/28 自動車の自動運転におけるセンシング技術と移動物追跡技術 オンライン
2022/7/28 パワーエレクトロニクスの基礎とインバータ・コンバータおよび周辺技術 オンライン
2022/7/28 車載インテリアセンサーのグローバル市場動向とビジネスチャンス - 台頭する統合型アプローチ オンライン
2022/7/28 火災事故に学ぶ、LiB電池の安全対策 オンライン
2022/7/29 バッテリマネジメントとセルバランス技術 オンライン
2022/7/29 便利で豊かな社会づくりを支える生体・ヒューマンセンシングおよび情報処理技術とその市場展開・展望 (自動車・感情・生体認証) オンライン
2022/8/2 カーボンニュートラルと自動車用材料 オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/6/13 LiBメーカー主要7社
2022/6/13 LiBメーカー主要7社 (CD-ROM版)
2022/5/6 EV、PHEV、HEVと燃料電池車の環境・走行性能分析 (書籍版)
2022/5/6 EV、PHEV、HEVと燃料電池車の環境・走行性能分析 (書籍+PDF版)
2022/4/15 2022年版 スマートモビリティ市場の実態と将来展望
2022/3/9 EV用リチウムイオン電池と原材料・部材のサプライチェーン (書籍版)
2022/3/9 EV用リチウムイオン電池と原材料・部材のサプライチェーン (書籍 + PDF版)
2022/2/18 2022年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2022/1/20 脱炭素へ、EVの役割と電池・原材料の安定供給 2030/35年モデルと諸問題の検証
2021/9/30 自動車室内の静粛性向上と、防音・防振技術、材料の開発
2021/8/20 2021年版 リチウムイオン電池市場の実態と将来展望
2021/6/28 AI・MI・計算科学を活用した蓄電池研究開発動向
2021/6/22 EV用リチウムイオン電池のリユース・リサイクル2021
2021/4/26 全固体リチウムイオン電池の実用化と新たな材料市場 (書籍版 + CD版)
2021/4/26 全固体リチウムイオン電池の実用化と新たな材料市場
2021/4/16 2021年版 蓄電池・蓄電部品市場の実態と将来展望
2021/4/13 GAFA+Mの自動運転車開発最前線
2021/3/19 2021年版 モビリティ市場・技術の実態と将来展望
2021/2/19 2021年版 二次電池市場・技術の実態と将来展望
2021/1/31 次世代EV/HEV用モータの高出力化と関連材料の開発