技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ベンゾオキサジン系材料の反応メカニズム、分子設計、複合化、その応用

ベンゾオキサジン系材料の反応メカニズム、分子設計、複合化、その応用

オンライン 開催

開催日

  • 2021年10月28日(木) 10時00分 17時00分

プログラム

第1部 ベンゾオキサジン系材料の基礎

~特性、反応メカニズム、 分子設計など~

(2021年10月28日 10:00〜11:10)

  1. ポリベンゾオキサジンの基礎
    1. ポリベンゾオキサジンとは
    2. ベンゾオキサジンの合成
    3. 熱開環重合
  2. ベンゾオキサジンの分子設計
    1. 高耐熱性化に向けた分子設計
    2. 強靭化に向けた分子設計
  3. 複合化によるポリベンゾオキサジンの高性能化
    1. 高性能高分子との複合化
    2. 有機 – 無機ハイブリッド
  4. 機能性材料としてのポリベンゾオキサジン
    • 質疑応答

第2部 低粘度ベンゾオキサジン系熱硬化性樹脂の実用化に向けた開発

(2021年10月28日 11:20〜12:30)

 高耐熱性樹脂として期待されているベンゾオキサジン誘導体に関し、低粘度化による飛躍的な配合アローワンスの拡大、並びに本系の潜在的な欠点であった反応開始温度の高さの克服に関して講師らが取り組んだ研究について解説する。

  1. 低粘度ベンゾオキサジン系熱硬化性樹脂開発の背景
    1. ベンゾオキサジンの特徴
    2. 課題と開発目標
    3. 低粘度化のアプローチ
  2. 種々のベンゾオキサジン誘導体の合成
    1. 評価方法
    2. 揮発性と分子量
    3. 反応開始温度と置換基効果
  3. 硬化触媒の検討
    1. 反応開始温度と酸触媒のpKa
    2. 触媒の立体的効果
  4. 実用化に向けた配合検討
    1. 発泡対策
    2. 硬化物物性及び従来樹脂との比較
    • 質疑応答

第3部 プロパルギル基を有する新規ベンゾオキサジンの合成と熱分解性の克服

(2021年10月28日 13:20〜14:20)

 ベンゾオキサジンはフェノール類、アミン類、ホルムアルヒドから容易に合成でき、原料の種類が多いことは、モノマーの分子設計・材料設計の観点から非常に魅力的である。筆者らは、アニリン成分およびフェノール類への架橋性官能基の導入と、フェノール類の最適化により、360℃を超える物理的耐熱性 (ガラス転移温度) と同時に、課題であった熱分解性を克服し、400℃に迫る化学的耐熱性 (5%重量減少温度) を有する、新規ベンゾオキサジン化合物の創成に成功した。

  1. 研究背景
  2. 従来技術のトレース結果
  3. 耐熱性を上げるアイデア
  4. 実験詳細
  5. 硬化物の性能評価
  6. 構造と熱分解性の関係に関する考察
  7. まとめ
    • 質疑応答

第4部 ポリイミド、エポキシ樹脂、ウレタン他の樹脂とベンゾオキサジンのポリマーアロイについて

(2021年10月28日 14:30〜15:40)

  1. ポリベンゾオキサジン系ポリマーアロイの基礎
    1. ベンゾオキサジン系樹脂の基本特性
    2. アロイ化の目的
  2. ベンゾオキサジン系ポリマーアロイの具体例
    1. エポキシ樹脂との複合化
    2. ポリイミド樹脂との複合化
    3. その他の複合化
  3. 高分子量ベンゾオキサジン系ポリマーアロイ
    1. 高分子量ベンゾオキサジンの基本特性
    2. 高分子量ベンゾオキサジン系ポリマーアロイ
    • 質疑応答

第5部 ベンゾオキサジン樹脂を用いた高性能熱硬化性樹脂

(2021年10月28日 15:50〜17:00)

 ベンゾオキサジンとエポキシ樹脂あるいはビスオキサゾリン等の他の化合物との共重合反応による高性能熱硬化性樹脂の作製とその特性評価についてお話します。

  1. 熱硬化性樹脂
    1. フェノール樹脂
    2. ベンゾオキサジン
    3. ベンゾオキサジンの合成方法
    4. 様々なベンゾオキサジン
    5. ベンゾオキサジンの利用
  2. ベンゾオキサジンとエポキシ樹脂からなる熱硬化性樹脂
    1. 硬化挙動
    2. 硬化物の特性と高性能化
  3. ベンゾオキサジンとビスオキサゾリンからなる熱硬化性樹脂
    1. 硬化挙動
    2. 硬化物の特性と高性能化
  4. ベンゾオキサジンの硬化反応促進
    1. ベンゾオキサジンとエポキシ樹脂からなる熱硬化性樹脂
    2. ベンゾオキサジンとビスオキサゾリンからなる熱硬化性樹脂
  5. ベンゾオキサジンを用いた繊維強化複合材料 (FRP)
    1. FRP作製方法
    2. FRPの特性
  6. ベンゾオキサジンを用いた応用展開
    1. 燃料電池用セパレーター
    2. 砥石
    3. ブレーキシュー
    4. 宇宙・航空用材料
  7. ベンゾオキサジンとシアネートエステル樹脂からなる熱硬化性樹脂
    1. 硬化挙動
    2. 硬化物の特性と高性能化
    • 質疑応答

講師

  • 河内 岳大
    龍谷大学 先端理工学部 応用化学課程
    教授
  • 西田 裕文
    金沢工業大学 革新複合材料研究開発センター
    研究員
  • 有田 和郎
    DIC 株式会社 総合研究所 コア機能開発センター 機能材料5グループ
    主席研究員
  • 古川 信之
    佐世保工業高等専門学校 物質工学科
    教授 / 地域共同テクノセンター長
  • 木村 肇
    独立行政法人 大阪市立工業研究所 有機材料研究部 熱硬化性樹脂研究室

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 66,000円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 55,000円(税別) / 60,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 121,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 181,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/12/7 熱分解分析法 オンライン
2021/12/7 ポリウレタン樹脂原料の基礎と最新動向 オンライン
2021/12/8 高分子材料の劣化反応メカニズムの基礎と分析方法 オンライン
2021/12/9 マテリアルリサイクルのためのモノマテリアル化およびポリマーブレンドの技術ポイント オンライン
2021/12/10 SDGsを踏まえた高分子分野の新規開発テーマ 東京都 会場・オンライン
2021/12/13 リサイクル樹脂の改質技術 オンライン
2021/12/13 注目の新規バイオプラスチック素材・技術・市場開発最前線 オンライン
2021/12/13 光硬化型樹脂の基礎と実践ノウハウ オンライン
2021/12/13 高分子の結晶化と結晶高次構造の特徴 オンライン
2021/12/14 ナノフィラーの分散・充填技術、コンポジット材料の開発動向 オンライン
2021/12/14 流動場での、高分子の結晶化挙動の基礎と成形プロセス中の結晶化解析事例 オンライン
2021/12/14 高分子・ポリマー材料の合成、重合反応の基礎とそのプロセス及び工業化・実用化の総合知識 オンライン
2021/12/14 共重合体の構造制御と機能創出 オンライン
2021/12/14 高屈折率材料の基礎と技術応用 オンライン
2021/12/15 振動・騒音対策のための材料技術と評価・設計手法 オンライン
2021/12/15 二酸化炭素・二硫化炭素を用いる高分子材料の合成 オンライン
2021/12/16 5G高度化と6Gに対応する低誘電特性樹脂・高分子材料の開発と技術動向 オンライン
2021/12/16 フィルム成形過程での内部/表面・界面変化挙動と条件最適化に向けたポイント オンライン
2021/12/16 プラスチックの力学特性と複合化による耐衝撃性の向上 オンライン
2021/12/16 チクソ性 (チキソ性) の基礎、制御、測定・評価と実用系への活用方法 オンライン

関連する出版物