技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

深層学習を活用した自然言語処理によるチャットボットの構築

深層学習を活用した自然言語処理によるチャットボットの構築

オンライン 開催 デモ付き

概要

本セミナーでは、深層学習と自然言語処理を組み合わせ、自社にある日本語テキストデータをAIに学習させることで、独自のチャットボットの開発、構築方法を解説いたします。

開催日

  • 2021年9月28日(火) 10時30分 16時30分

修得知識

  • AIを活用したチャットボット (QAシステム) の概要・構築の勘所
  • AIにおける自然言語処理の概要

プログラム

 自然言語処理の基本から学習できるセミナーです。数式などは極力排した構成で、自然言語 (日本語テキストデータ) をいかに数値化し、AIに学習させるか、を学ぶことができます。また、学習したAIモデルでFAQを自動作成の手順、オープンソースのチャットボットシステムによる、QAシステムを構築の手順を解説します。
 セミナーで使用するプログラムは配布されますので、セミナー終了後に自身でAIを活用したチャットボットの構築が可能です。社内に大量にストックされているテキスト情報の活用のきっかけとなるセミナーです。

  1. チャットボット
    1. チャットボットとは
    2. チャットボットの種類
      1. QAシステム
      2. その他
    3. オープンソースを活用したシステム
    4. とりあえず動かしてみる
  2. 自然言語処理の基本
    1. 統計処理とは
    2. 次元とベクトル
    3. 機械学習と統計
    4. 言語を数値情報へ変換する
    5. 言語に対する統計的処理
      1. コサイン距離
      2. TF-IDF
      3. 分散表現
  3. 自然言語処理の活用
    1. 深層学習を活用した自然言語処理
      1. 学習の目的
        • 感情分析
        • 翻訳
        • 文書分類
      2. 深層学習の活用
        • 深層学習とは
    2. 文書分類の実際
      1. 辞書の用意
      2. 前処理
      3. 学習 (深層学習モデルの活用)
      4. 評価
  4. 自然言語処理の発展
    1. 分散表現
    2. TRANSFORMER
    3. BERT
    4. GPT
  5. チャットボットに組み込む
    1. QA履歴からFAQの自動生成
    2. チャットボットに組み込み
    3. 精度向上のための工夫
  6. このセミナーだけで終わらせないために

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/10/25 AI (機械学習) に対する品質の考え方と検証技術、品質保証への取り組み オンライン
2021/10/26 AIを用いた革新的実験計画法 「Multi-Sigma」とその活用 オンライン
2021/10/27 機械学習/Deep Learningの画像データ前処理に活用できる画像フィルタリングの基本と最新動向 オンライン
2021/10/27 統計的機械学習モデルの基礎 オンライン
2021/10/28 機械学習による先行技術・技術動向調査と特許実務へのAI利用の現状及び課題・展望 オンライン
2021/10/28 エンジニアのための実験計画法&Excel上で構築可能な人工知能を併用する非線形実験計画法入門 オンライン
2021/10/28 マテリアルズ・インフォマティクスにおける機械学習技術の活用 オンライン
2021/11/2 自動車の自動運転におけるセンシング技術と移動物追跡技術 オンライン
2021/11/2 AIの基礎知識およびAIを利用した医療機器の開発プロセス オンライン
2021/11/5 AIによる化学プロセスの異常検知技術 オンライン
2021/11/8 AI / IoT技術における日本・海外の特許動向と特許化のポイント オンライン
2021/11/9 畳み込みニューラルネットワークの基礎と画像認識への応用・判断根拠の理解 オンライン
2021/11/15 少ないデータに対する機械学習のすすめ方 オンライン
2021/11/15 AI画像認識システムの基礎と応用 オンライン
2021/11/16 マルチモーダル情報処理・機械学習に基づき多様な行動情報から人間の性格・スキル・認知状態などの内面を推定する社会的信号処理技術 オンライン
2021/11/17 グラフニューラルネットワーク (GNN) の基礎と応用 オンライン
2021/11/17 時系列データを対象とした異常検知への応用としての数理 オンライン
2021/11/19 in silico解析 (ビッグデータ/機械学習) をつかった創薬/ドラッグリポジショニング オンライン
2021/11/24 グラフニューラルネットワーク入門 オンライン
2021/11/24 画像認識技術を用いたAI外観検査の現場導入事例と精度向上指針 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/7/30 マテリアルズインフォマティクスのためのデータ作成とその解析、応用事例
2021/6/30 人工知能を用いた五感・認知機能の可視化とメカニズム解明
2021/3/15 QRコード決済
2021/3/15 QRコード決済 (CD-ROM版)
2020/8/11 化学・素材業界におけるデジタルトランスフォーメーションの最新調査レポート
2020/7/31 生体情報センシングと人の状態推定への応用
2020/4/30 生体情報計測による感情の可視化技術
2020/3/24 リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法 - 各データベースの選択と組み合わせ -
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/5/31 “人工知能”の導入による生産性、効率性の向上、新製品開発への活用
2013/6/21 機械学習によるパターン識別と画像認識への応用
2013/4/15 暗号化技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/4/15 暗号化技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/4/15 暗号化技術 技術開発実態分析調査報告書
2013/3/8 PAT3によるモデル検証
2013/1/31 JCSPプログラミング技法
2006/11/30 ソフトウェア設計・レビュー・テスト現場ノウハウ集
2003/12/16 ソフトウェアの要求獲得法と仕様書の書き方
2003/6/27 ニューアルゴリズムによる画像処理システム事例解説
2003/5/22 ソフトウェア品質保証の考え方と技術の実際