技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

mRNA医薬品の安定性制御/翻訳品質管理と研究開発/レギュラトリーサイエンス

mRNA医薬品の安定性制御/翻訳品質管理と研究開発/レギュラトリーサイエンス

~細胞内でのmRNAの安定性やmRNAから活性を持ったタンパク質を発現させる技術 / mRNA創薬の理解と、その製造、非臨床試験、臨床試験などの開発プロセスをレビュー~
オンライン 開催

開催日

  • 2021年6月25日(金) 13時00分 16時30分

プログラム

第1部 mRNA安定性制御と翻訳品質管理の分子機構と生理機能

(2021年6月25日 13:00〜14:30)

 正確な遺伝子発現は生命現象の根幹であり、その破綻や異常は様々な疾患の原因となる。正確なタンパク質合成を保証するため、細胞は異常な翻訳伸長阻害を認識し排除する品質管理機構としてRQC (Ribosome – associated Quality Control) を保持している。
 本セミナーでは、翻訳の正確性を維持する分子機構RQCの概要について紹介する (文献1 – 4) 。マウスではRQC の機能欠損による神経細胞死の詳細を解析し、神経におけるRQC機能を理解する分子基盤が明らかにした (文献5) 。また最近mRNA安定性がコドン最適度で決定される機構 (文献6) も明らかにしており、mRNA安定性制御と翻訳品質管理の分子機構と生理機能に関する最新の知見も紹介する。
 mRNAワクチンの成功は、mRNA創薬の可能性を大きく広げた。細胞内でのmRNAの安定性やmRNAから活性を持ったタンパク質を発現させる技術の重要性はますます高くなることは間違いない。本セミナーでは、mRNAの安定性決定機構、正しい翻訳を保証する分子基盤である翻訳品質管理機構に関する最新の知見を紹介したい。

  1. mRNAの安定性
    • ポリA 短鎖化複合体Ccr4-NOTによる翻訳速度の感知とmRNA安定性決定機構
  2. 正しい翻訳を保証する分子基盤である翻訳品質管理機構
    • リボソーム修飾の機能
  3. 異常翻訳の実体としての衝突リボソーム
    • クライオ電子顕微鏡による構造決定
  4. 翻訳品質管理と疾患の関係
    • 生理機能解析に関する最近の知見
    • 質疑応答

第2部 mRNA医薬品の研究開発動向とレギュラトリーサイエンス

- 何故SARS-COV-2 mRNAワクチンは一年未満で実用化されたのか –

(2021年6月25日 14:45〜16:15)

 SARS-COV-2が引き起こす肺炎は21世紀最大の疫病であり、世界のすべての人々の生活に大きな影響を与えそのライフスタイルを完全に変貌させた。我々が以前の生活を取り戻す為にはSARS-COV-2ワクチンが必須であるが、従来型のワクチン開発では短期間でのワクチン開発は難しいことが常識であった。しかしながら、mRNA創薬/ワクチン開発で世界をリードするBioNTechおよびModernaは、SARS-COV-2の遺伝子配列が公開されると同時にmRNA開発に着手し、僅か11カ月でその実用化に成功した。世界はそのスピードの速さと完成したワクチンの高い有効性の驚愕し、mRNAは創薬モダリテイとしての市民権を得た。
 本講座では、何故SARS-COV-2 mRNAワクチンが短期間で実用化されたのか、その背景と理由について考察し、mRNAワクチンおよびmRNA創薬の現状について分析すると共に、その将来のポテンシャルについても考察したい。
 mRNA創薬の概念についての理解を深めると共に、その製造、非臨床試験、臨床試験などの開発プロセスをレビューし、世界の主要なmRNA創薬のプレイヤーを紹介する。mRNAワクチンのこれまでの開発の歴史を振り返り、がんおよび感染症ワクチンへの応用についての成果を紹介すると共に、SARS-COV-2 mRNAワクチンの開発についてBioNTech/PfizerおよびModernaの開発を詳細にレビューし分析する。その結果を踏まえて、今後のmRNAワクチンおよびmRNA創薬の将来性と課題について言及する。

  1. mRNA医薬とは?
    1. mRNAの原理
    2. 創薬モダリテイとしてのmRNAの特長
    3. mRNA医薬の定義とその構造
    4. mRNA医薬の利点と課題
  2. mRNA医薬のレギュラトリーサイエンス
    1. mRNA医薬の分類
    2. mRNA医薬品の品質および安全性の考え方
    3. mRNA原薬のGMP製造法
    4. mRNA医薬の薬物送達システム
    5. 脂質ナノ粒子
  3. mRNA医薬研究開発の最前線
    1. mRNA医薬をリードするバイオテック企業
    2. 臨床試験に進んだワクチン以外のmRNA医薬
    3. 実例研究1:VEGF mRNA
    4. 実例研究2:CFTR mRNA
    5. 実例研究3:組織再生医療としてのmRNA (変形性関節症)
  4. SARS-COV-2 mRNAワクチン開発
    1. SARS-COV-2ウイルスの起源とその構造
    2. mRNAワクチンのデザインとメカニズム
    3. Emergency Use可能なSARS-COV-2
    4. SARS-COV-2 mRNAワクチン:既承認2剤と後続の4剤
    5. BioNTech/PfizerのmRNAワクチン:コミナテイ (BNT162b)
    6. ModernaのmRNAワクチン:mRNA-1273
    7. 変異型SARS-COV-2
    8. 変異型ウイルスに対するワクチンの有効性
    9. 変異型ウイルスに対するmRNAワクチン
    10. SARS-COV-2 mRNAワクチンの免疫学的な作用メカニズム解析
  5. 今後の展望
    • 質疑応答

講師

  • 稲田 利文
    東京大学 医科学研究所
    教授
  • 秋永 士朗
    ナノキャリア株式会社 研究開発本部
    研究開発本部長 / CSO

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,400円 (税別) / 33,440円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 30,400円(税別) / 33,440円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/8/5 医薬品品質システムコース (5日間) オンライン
2021/8/17 質量分析の基礎とマススペクトルの解釈 オンライン
2021/8/19 バイオリアクターの設計・操作とスケールアップ オンライン
2021/8/19 アンメットニーズの掘り起こしと分析、および事業性評価への活用 オンライン
2021/8/19 品質リスクマネジメントコース オンライン
2021/8/20 サイトQA員に求められる監査能力 オンライン
2021/8/20 スプレッドシートのバリデーションと指摘事例及びその対応法 オンライン
2021/8/20 臨床試験における臨床検査値の読み方・判断および有害事象症例の検討 東京都 会場
2021/8/23 一般医薬品における有効期間を考慮した規格及び試験方法の設定と分析法バリデーションの実施方法 東京都 会場・オンライン
2021/8/23 医薬品、医療機器工場における生体由来物混入の実際と管理・防止対策 オンライン
2021/8/23 体外診断用医薬品の保険申請戦略と申請書の書き方 オンライン
2021/8/23 バイオ医薬品の開発・申請に見られる大きな齟齬について オンライン
2021/8/23 新たな裁判例と審査基準の改訂に基づく医薬品特許LCM戦略の新たな視点 オンライン
2021/8/23 EU 個人情報規制 (GDPR) 対応セミナー: 個人情報保護とサイバーセキュリティ オンライン
2021/8/24 統計学が専門でない人向けのサンプルサイズ設定演習 オンライン
2021/8/24 再生医療等製品/細胞加工物におけるGCTP省令の要求事項と申請上の留意点及びPMDAの査察対応 東京都 会場・オンライン
2021/8/24 CAPAコース オンライン
2021/8/24 後発医薬品を含む医療用医薬品のCTD-Q作成上のポイント オンライン
2021/8/25 医薬品・医療機器包装における3極 (日欧米) 法規制の比較と申請書記載方法 オンライン
2021/8/25 ワクチン効果を高めるモダリティ「アジュバンド」「ワクチンデリバリー/粘膜ワクチン」の開発・課題・動向 オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/12/24 バイオ医薬品 (抗体医薬品) CTD-CMC記載の要点
2020/6/30 米国での体外診断用医薬品の開発/審査対応 実務集
2020/3/24 リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法 - 各データベースの選択と組み合わせ -
2020/2/27 海外データ (試験施設) /海外導入品の信頼性基準適用と効率的なデータ利用・CTD申請
2020/1/30 凍結乾燥の最適な条件設定による品質の安定化 - ラボ機と生産機の性能の違いを反映させたスケールアップ -
2019/6/27 EU GVP Module I /ISO9001要求をふまえたQuality Management System の実装と運用
2019/4/24 洗浄バリデーション実施ノウハウと実務Q&A集
2018/11/30 希少疾患用医薬品の適応拡大と事業性評価
2018/10/30 高薬理活性医薬品封じ込めQ&A集 Part2
2018/9/28 腸内細菌叢を標的にした医薬品と保健機能食品の開発
2018/8/31 がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/6/29 医薬品グローバル開発に必要な英語実務集
2018/5/30 GVP Module改訂をふまえたEU Pharmacovigilance規制の実装
2018/5/18 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場
2018/4/25 統計学的アプローチを活用した分析法バリデーションの評価及び妥当性
2018/1/30 バイオ医薬品のCTD-Q作成 - 妥当性の根拠とまとめ方 -
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/8/29 洗浄バリデーション実施・サンプリング妥当性とDHT・CHT/残留許容値の設定