技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

5GおよびBeyond 5Gで求められる部品・材料への要求特性と今後の展望

Zoomを使ったライブ配信セミナー

5GおよびBeyond 5Gで求められる部品・材料への要求特性と今後の展望

オンライン 開催

開催日

  • 2020年9月24日(木) 10時30分 16時30分

修得知識

  • 5Gの基礎知識
  • 5Gの現状
  • 高周波に関する基礎知識

プログラム

 年初より世界的に感染が拡大してきた新型コロナウィルスのために、一気にテレワークやWEB会議などが不通に利用されることとなりました。この結果通信の重要性と不十分な点が大きくクローズアップされることとなりました。特に現状の無線規格であるLTEではまだまだ不満があり、5G規格が注目を浴びています。
 5Gとは何か、何ができるのか、また5Gの通信手段である無線はいかなるものかの説明と、その後のBryond5Gに関して解説します。解説するうえで最低限の無線知識を説明し高周波の基礎知識を解説します。

  1. 携帯電話の推移
  2. 5Gとは
  3. 5Gの用途
  4. 5Gの課題
  5. Beyond5G
  6. 高周波とは
  7. 高周波の特性
  8. 電子部品および材料への要求特性
  9. Q&A
    • 質疑応答

講師

  • 梶田 栄
    NPO サーキットネットワーク
    理事

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)

ライブ配信セミナーの受講について

  • 本講座は、Zoomを利用したライブ配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 ミーティングテスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
    セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • Zoomクライアントをご利用の際は、最新版にアップデートをお願いいたします。
  • パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。
  • セミナー配布資料は印刷物を郵送、またはPDFファイルを送付いたします。
  • 当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。
  • 本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。
  • 本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
    複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一部外者が侵入した場合は、管理者側で部外者の退出、あるいはセミナーを終了いたします。

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 45,000円(税別) / 49,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2020/11/27 5G・ローカル5Gの最新動向と今後の展望 オンライン
2020/12/1 電子機器のEMCの基礎とノイズ対策の勘所 オンライン
2020/12/1 ノイズ対策技術 パワエレ機器におけるノイズ対策の実際 オンライン
2020/12/2 5G向け電磁波シールド材、 吸収体の開発と設計 オンライン
2020/12/3 高周波対応基板の開発動向と樹脂/銅の密着性向上技術 オンライン
2020/12/3 回路と基板のノイズ設計技術 オンライン
2020/12/3 5Gに用いるミリ波フェーズドアレイ無線通信技術 オンライン
2020/12/7 最新機種から旧モデルまでスマートフォンを徹底分解 オンライン
2020/12/11 5G、及びBeyond 5Gで求められるノイズ対策・電磁波シールド・吸収材料の設計・技術 オンライン
2020/12/14 基板から装置・システムまでのグラウンドとシールド オンライン
2020/12/21 UWBアンテナの事例と広帯域アンテナ設計のポイント 東京都 会場
2020/12/23 ウェアラブルセンシング技術の総合知識とデバイスへの応用、最新動向 オンライン
2020/12/23 中国5Gの最新市場動向 オンライン
2021/1/8 5G対応のプリント基板技術と要求される材料 オンライン
2021/1/12 電磁ノイズ低減を実現するシールド技術の基礎と応用 オンライン
2021/1/13 ミリ波帯電波吸収体、遮蔽材、透過材の考え方と設計例 オンライン
2021/1/14 高周波基板材料の動向と低損失化 オンライン
2021/1/19 小型アンテナの必須基礎知識と設計のポイント 東京都 会場
2021/1/19 5G・ミリ波対応のプリント基板・実装技術のノウハウ、トラブル対策 オンライン
2021/1/21 メタ・サーフェスの基礎と設計・応用展開 オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/7/17 2020年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2020/7/8 5G基地局分解による5G対応のキーポイントとビジネスチャンス 分解結果のデータDVD
2020/6/19 2020年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2019/7/19 2019年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2019/6/21 2019年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2019/3/29 電磁波シールド・電波吸収体の設計・開発・評価法
2019/1/29 高周波対応部材の開発動向と5G、ミリ波レーダーへの応用
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2017/6/23 2017年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2014/5/30 2014年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/25 2014年版 スマートコミュニティの実態と将来展望
2012/12/10 スマートシティの電磁環境対策
2012/11/5 三星電子(サムスン電子) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/11/5 三星電子(サムスン電子) 技術開発実態分析調査報告書
2012/4/2 '12 EMC・ノイズ対策業界の実態と将来展望
2011/12/27 携帯機器用小形アンテナの高密度実装設計
2011/11/30 NTTグループ8社 (NTTを除く) 技術開発実態分析調査報告書
2011/10/15 通信機器大手3社 技術開発実態分析調査報告書