技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

深紫外光による菌・ウイルスの不活化技術

Zoomを使ったライブ配信セミナー

深紫外光による菌・ウイルスの不活化技術

オンライン 開催

概要

コロナ禍の中、紫外線 (UV) による不活化効果が話題となっています。
本セミナーでは、黴菌とウイルスのUVおよび電子線 (EB) による不活化について、メカニズムを含む基礎技術から応用について解説いたします。

開催日

  • 2020年9月24日(木) 10時30分 16時30分

プログラム

 コロナ禍の中、紫外線 (UV) による不活化効果が話題となっている。そこで、黴菌とウイルスのUVおよび電子線 (EB) による不活化について、メカニズムを含む基礎技術から応用について解説する。

  1. 殺菌/ウイルスの不活化技術の基礎
    1. 不活化が必要な理由
      1. 危害について
        1. 感染
        2. 食中毒
        3. 腐敗
    2. 微生物の基礎知識
      1. カビ
      2. ウイルス
  2. ウイルスを不活化する紫外光の働き
    1. 光の波長と紫外光の分類
    2. 深紫外光の光源の種類と特長
    3. UVとは
      1. 波長とエネルギー
      2. 光化学反応とは
    4. 殺菌に有効な波長とは
      1. 殺菌メカニズム
      2. 微生物の光感受性 (殺菌に必要なエネルギー)
    5. UV光源と計測技術
      1. UV光源の種類と特徴
        • 殺菌灯
        • LED
        • パルス光 など
      2. UV計測
    6. UVC-LED
    7. 事例紹介
      1. 空気殺菌
      2. 表面殺菌
      3. 水殺菌 (上・下水処理を含む)
    8. UV光利用の新規ガス滅菌の可能性
  3. ウイルスを不活化する電子線 (EB) の働き
    1. 電子線 (EB) の基礎
      1. EBとは
      2. EBの発生メカニズムと装置
      3. 低エネルギーEB装置の特徴
      4. 法的規制について
    2. EBの物質への作用について
      1. 物質に入ったEBの振舞
      2. 放射線化学反応
      3. エネルギーの考え方と計測について
      4. EB (放射線) による滅菌のメカニズム (UV殺菌との比較)
    3. EB滅菌の事例
      1. 各種微生物へのD値について
      2. 実測例
      3. 応用例
    • 質疑応答

講師

  • 木下 忍
    株式会社アイ・エレクトロンビーム
    代表取締役

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)

ライブ配信セミナーの受講について

  • 本講座は、Zoomを利用したライブ配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 ミーティングテスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
    セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • Zoomクライアントをご利用の際は、最新版にアップデートをお願いいたします。
  • パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。
  • セミナー配布資料は印刷物を郵送、またはPDFファイルを送付いたします。
  • 当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。
  • 本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。
  • 本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
    複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一部外者が侵入した場合は、管理者側で部外者の退出、あるいはセミナーを終了いたします。

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 45,000円(税別) / 49,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2020/9/28 中国・インド・ASEAN主要国の薬事制度と市場を絡めた進出のポイント オンライン
2020/9/28 新しい医療時代に見据えた体外診断用医薬品/機器の開発・薬事の基礎講座 オンライン
2020/9/29 銅の抗菌、抗ウイルス作用のメカニズム、評価と感染対策への応用 オンライン
2020/9/29 ウイルス不活化のメカニズムと抗ウイルス製品の評価 オンライン
2020/9/30 医療機器のプロセスバリデーション (PV) と工程管理 オンライン
2020/10/7 参入相次ぐ遠隔医療関連ビジネスの勝機 東京都 会場・オンライン
2020/10/8 各種滅菌・殺菌、抗ウイルス技術のメカニズム、使い方、応用 オンライン
2020/10/13 放射線滅菌における医療機器の安定性試験および包装バリデーション 東京都 会場・オンライン
2020/10/15 問診・診療を自動化するAIチャットボット技術と活用の実際 オンライン
2020/10/15 初心者のための消毒、滅菌の基礎と滅菌バリデーション入門 オンライン
2020/10/19 ISO 10993-1 & JIS T 0993-1改定を踏まえた生物学的安全性評価の基本的考え方と運用 オンライン
2020/10/22 放射線滅菌の実務と包装・滅菌バリデーションおよび安定性試験のポイント オンライン
2020/10/22 医療機器におけるEO滅菌の基礎および滅菌バリデーション 東京都 会場・オンライン
2020/10/22 医療機器開発のための事業化戦略とプロジェクトマネージメント オンライン
2020/10/23 体外診断薬の海外市場を踏まえたマーケティング戦略 オンライン
2020/10/23 医療情報活用の展開と医療イノベーション オンライン
2020/10/26 医療機器QMSで有効な統計的手法とサンプルサイズ決定 東京都 会場
2020/10/26 薬事承認・保険適用・診療報酬改定に関する理解とそれらを総合した保険収載戦略の必要性とその要点 オンライン
2020/10/27 医療機器開発プロセスにおける保険適応と製品価格戦略 オンライン
2020/10/28 医療機器における生物学的安全性試験の申請/評価の進め方と3極比較 東京都 会場・オンライン

関連する出版物

発行年月
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/5/31 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2016/12/16 バイオ・医療への3Dプリンティング技術の開発最前線
2016/9/9 抗菌剤・抗カビ剤・抗ウイルス剤の基礎と応用
2015/9/30 医療機器/ヘルスケア関連商品の薬事法 (薬機法) “超”入門講座【2】
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/4/1 メディカルバイオニクス(人工臓器) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/1 メディカルバイオニクス(人工臓器) 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/25 先端癌治療機器 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/25 先端癌治療機器 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/10 人工透析装置 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/10 人工透析装置 技術開発実態分析調査報告書
2014/2/10 PET装置(診断) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/2/10 PET装置(診断) 技術開発実態分析調査報告書
2014/1/25 京セラ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書