技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

アンメットニーズの掘り起こしと分析、および事業性評価への活用

Zoomを使ったライブ配信セミナー

アンメットニーズの掘り起こしと分析、および事業性評価への活用

~不確実性が高い開発早期でのニーズの見極め/製品価値を最大化するために~
オンライン 開催

開催日

  • 2020年8月19日(水) 12時30分 16時00分

修得知識

  • アンメットニーズを掘り起こす考え方
  • アンメットニーズを掘り起こす市場調査のノウハウ
  • 事業性評価にアンメットニーズからのインサイツを活かしていく考え方

プログラム

 アンメットニーズは新薬の市場性事業性評価、製品戦略、マーケティング様々な観点から重要で、医療の領域でもすっかり定着する概念となったが、その掘り起こしと活用は簡単ではない。アンメットニーズはカスタマーのマインドの中に時に顕在的に、時には潜在的に存在する。疾患治療市場の成熟度や充足度によりアンメットニーズは様々であるし、ひとつの疾患市場においても医師と患者とではアンメットニーズへの認識が異なることは少なくない。 こうした様々なアンメットニーズをいかに掘り起こし、解釈をするかについて未だ王道と言えるものはない。
 一方で事業性評価においてアンメットニーズを満たすことで製品価値を最大化するという視点は非常に大切である。特に開発段階が早期であればある程、そのTPP、市場環境など不確実性が高いが、アンメットニーズをしっかり洞察し、将来の方向性を考察して、開発品がいかにアンメットニーズのギャップを埋めるかを見定めることを事業性評価の重要なインプットとしていくことを提唱したい。

  1. アンメットニーズの概念
    1. インサイトとは
    2. アンメット・メディカル・ニーズとは
    3. 顕在アンメットニーズと、潜在アンメットニーズ
  2. アンメットニーズを掘り起こすには
    1. アンメットニーズを掘り起こす考え方のプロセス
    2. アンメットニーズ掘り起こしにはカスタマーへの理解を深めること
    3. 患者と医師の認識するアンメットニーズは違う?
  3. アンメットニーズを探るマーケットリサーチの手法
    1. 顕在アンメットニーズは仮説を検証し、ニーズのギャップを埋める事業機会のポテンシャルを探る
    2. 潜在アンメットニーズは創造力で探る
    3. 深層意識を引き出す手法
    4. 市場調査により得られたインサイツから方向性を導き出す
  4. 事業性評価にアンメットニーズからのインサイツを活かしていく考え方
    1. TPP設定について
    2. TPPにおけるアンメットニーズの視点
    3. TPPと事業性評価
  5. アンメットニーズを満たして成功した新薬ケーススタディ
    • 質疑応答

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2020/12/22 改正GMP省令をふまえた中小規模企業のサイトQA業務と組織体制作り 会場・オンライン
2020/12/22 コンピュータ化システムバリデーション (CSV) の基礎とデータ・インテグリティ対応 オンライン
2020/12/22 原薬製造設備の洗浄プロセス設計と洗浄バリデーション オンライン
2020/12/23 ライフサイエンス領域における医療トレンドとポストコロナビジネスに求められる対応 オンライン
2020/12/24 動物用医薬品開発のための承認申請のポイントと再審査申請及び当局対応 オンライン
2020/12/31 GMP省令改正:製造現場でGMPを実践するための基礎知識 オンライン
2020/12/31 GMP対応工場における設備機能維持と予防保全の考え方 オンライン
2020/12/31 洗浄バリデーションに関する基準をどう決めるか? どう評価するか? オンライン
2020/12/31 分析法バリデーションにおける統計解析Excel実習とバリデーション結果の読み取り方 オンライン
2021/1/14 アジア/ASEAN申請に向けたACTD作成/各国特有の要求事項への対応 オンライン
2021/1/15 GMP超入門講座 オンライン
2021/1/27 統計の基礎と分析法バリデーションへの応用 2日コース 東京都 会場・オンライン
2021/1/29 消費者が五感で得る知覚という現実: 知覚品質・感性的価値の要諦 オンライン
2021/1/31 OOS/OOT判断のポイントと逸脱管理 オンライン
2021/1/31 各国DMF (US中心に、EU, CANADA, 日本他) の特徴・作成とeCTD/eSubmissionを用いての具体的な登録・変更・更新方法 オンライン
2021/1/31 承認申請パッケージにおける外国データ利用のポイント/国の選択と開発戦略の実例 オンライン
2021/1/31 GMP省令改正における「原料等の供給者管理」の対応および原薬・原料・資材各々の取決め・監査とnon-GMP供給者の監査時のチェックリスト項目 オンライン
2021/2/26 商品・サービスの成否を分けるブランドマネジメントのための市場調査・科学的検証 オンライン
2021/4/28 科学技術者のための統計の基礎 オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/6/30 米国での体外診断用医薬品の開発/審査対応 実務集
2020/3/24 リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法 - 各データベースの選択と組み合わせ -
2020/2/27 海外データ (試験施設) /海外導入品の信頼性基準適用と効率的なデータ利用・CTD申請
2020/1/30 凍結乾燥の最適な条件設定による品質の安定化 - ラボ機と生産機の性能の違いを反映させたスケールアップ -
2019/6/27 EU GVP Module I /ISO9001要求をふまえたQuality Management System の実装と運用
2019/4/24 洗浄バリデーション実施ノウハウと実務Q&A集
2018/11/30 希少疾患用医薬品の適応拡大と事業性評価
2018/10/30 高薬理活性医薬品封じ込めQ&A集 Part2
2018/9/28 腸内細菌叢を標的にした医薬品と保健機能食品の開発
2018/8/31 がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/6/29 医薬品グローバル開発に必要な英語実務集
2018/5/30 GVP Module改訂をふまえたEU Pharmacovigilance規制の実装
2018/5/18 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場
2018/4/25 統計学的アプローチを活用した分析法バリデーションの評価及び妥当性
2018/1/30 バイオ医薬品のCTD-Q作成 - 妥当性の根拠とまとめ方 -
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/8/29 洗浄バリデーション実施・サンプリング妥当性とDHT・CHT/残留許容値の設定
2017/6/21 体外診断用医薬品開発ノウハウ