技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

高分子材料の残留応力発生メカニズムと低減化法

Zoomを使ったライブ配信セミナー

高分子材料の残留応力発生メカニズムと低減化法

~粘弾性特性の理解 / 残留応力の測定法 / 時間温度換算則の原理~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、高分子材料の残留応力発生について基礎から解説し、正しい測定法について詳解いたします。

開催日

  • 2020年8月18日(火) 10時30分 16時30分

修得知識

  • プラスチックの基本特性である粘弾性特性
  • 残留応力の発生メカニズム
  • 残留応力の低減方法、積極的な利用法
  • 時間-温度換算則の概念
  • 時間-温度換算則を用いた強度、変形の長期予測法と信頼性評価法
  • 粘弾性特性を基準とした強度、変形の力学的取扱い

プログラム

 高分子材料の成形後の経時的な変形や破壊は、成形時に素材の粘弾性挙動に伴って生じる残留応力に起因するところが大である。粘弾性挙動とは、力と変形の比例定数でこれが時間や温度によって変化する挙動です。この粘弾性挙動を理解することで、成形時に生ずる残留応力の発生メカニズム、各種成形機を用いた時の残留ひずみの少ない成形温度条件の選定、突如起こる成形不良の対策法、残留応力除去のためのアニーリング条件、成形時に残留ひずみが残り易い素材かの可否、素材の独自管理、数値解析に有用な材料特性の提供、粘弾性特性に成立する時間-温度換算則を用いた強度や変形の変化割合の長期予測、シミュレーション時のデータの取り扱い等々が感や経験に頼らず定量的に行うことができます。
 ここでは、高分子材料の粘弾性特性を一つの判断基準とした、残留応力の発生メカニズム及びその低減化法について平易に説明します。

  1. 第1部 残留応力発生を理解するための基礎特性
    1. 粘弾性特性とは
    2. 粘弾性特性の活用方法
    3. 粘弾性に伴う特異現象
      • クリープ挙動
      • 緩和挙動
  2. 第2部 プラスチックの力学を理解するための基礎知識
    1. プラスチックの応力とひずみ
    2. 粘弾性挙動と粘弾性モデル
    3. 応力 – ひずみ関係式
      1. 応力 – ひずみ関係式の誘導方法
  3. 第3部 残留応力発生メカニズム
    1. 残留応力発生要因の分類
    2. 冷却過程で生ずる残留応力
      1. 応力と残留応力
      2. 残留応力の発生要因
      3. 冷却過程で生ずる残留応力の発生メカニズム
    3. 硬化収縮に伴う残留応力
      1. 熱硬化性樹脂の硬化過程
      2. 熱粘弾性力学モデル
      3. 硬化収縮による残留応力の発生メカニズム
  4. 第4部 残留応力の理論的・実験的解析法と対策
    1. 残留応力の基礎式
    2. 解析方法
    3. 実験的解析手法
      1. ひずみ測定
      2. X線回折法
    4. 残留応力低減
  5. 第5部 変形・応力解放の長期予測方法
    1. 時間-温度換算則の基礎概念
    2. 時間-温度換算則の成立と確認法
    3. 時間-温度移動因子
      • アーレニュウス型
      • WLF型
    4. 残留応力開放に伴う変形の長期予測方法
    5. 強度低下の長期予測方法
  6. 第6部 GCPを用いた成形不良低減の新射出成形法
    1. GCP (ガス・カウンター・プレッシャー) とは?
    2. GCP+射出発泡成形法
    3. GCP+射出中空成形法
    4. GCP+射出圧空成形法
    • 質疑応答

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 45,000円(税別) / 48,600円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 54,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 97,200円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 145,800円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/8/18 液晶ポリマー (LCP) の材料設計と5G機器などへの応用、高周波特性評価 東京都
2020/8/18 粘着の基礎と剥離のメカニズム オンライン
2020/8/19 自己修復性材料の設計・合成と機能・応用展開 オンライン
2020/8/20 ポリ乳酸の基礎・最新動向と注目のマルチ機能改質剤 オンライン
2020/8/20 レオロジー測定の基礎と応用 オンライン
2020/8/21 絶縁破壊・劣化の基礎、測定・劣化診断と高分子絶縁材料の高機能化 東京都
2020/8/21 基礎から学ぶプラスチック破壊メカニズムと強度設計 オンライン
2020/8/21 5G高度化と6Gで求められる材料の技術動向、及び実用化に向けての材料設計 オンライン
2020/8/24 熱可塑性エラストマーの技術トレンドと市場動向 東京都
2020/8/25 ポリイミドを活用するための総合知識 オンライン
2020/8/25 3Dプリンタの基礎と造形用樹脂、部品製造の動向と最新事例 オンライン
2020/8/25 シリコーンの基礎と特性・応用例 東京都
2020/8/26 「エポキシ樹脂セミナー」と「シリコーンセミナー」 2日間 東京都
2020/8/26 流動場での、高分子の結晶化挙動の基礎と成形プロセス中の結晶化解析事例 東京都
2020/8/26 超分子架橋を利用した高分子材料とその応用展開 オンライン
2020/8/26 高分子膜 / フィルムの気体・蒸気の透過特性および高バリア性発現メカニズムの基礎と応用 愛知県
2020/8/26 押出機内の樹脂挙動および溶融混練の基礎と最適化 オンライン
2020/8/27 厄介な分散系を手懐けるコツ 東京都
2020/8/27 高分子の延伸による構造と配向の発現およびそれらの制御法を利用した材料開発 オンライン
2020/8/27 エポキシ樹脂の耐熱性向上と機能性両立への分子デザイン設計、および最新動向 オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/1/31 添加剤の最適使用法
2019/12/20 高分子の表面処理・改質と接着性向上
2019/10/31 UV硬化技術の基礎と硬化不良対策
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2016/8/31 ポリマーアロイにおける相溶性の基礎と物性制御ノウハウ
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/8/28 高分子の劣化・変色メカニズムとその対策および評価方法
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/2 機能性エラストマー市場の徹底分析
2013/6/24 車載用主機モータの絶縁技術