技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

医薬品容器/包装の工程バリデーションと表示ミス防止

ZOOMを使ったライブ配信セミナー

医薬品容器/包装の工程バリデーションと表示ミス防止

~包装で品質問題を起こさないための品質確保・トラブル対策~
オンライン 開催
本セミナーは、申し込みの受け付けを終了いたしました。

概要

本セミナーでは、医薬品包装工程および包装資材要因のトラブル事例から、トラブルの未然防止、対策について解説いたします。

開催日

  • 2020年6月4日(木) 10時30分 16時30分

修得知識

  • 表示ミス/表示資材コンタミを未然に防止するための仕組み
  • 包装ミス/表示ミスによる製品回収リスク低減
  • 包装工程バリデーションの基礎
  • 包装資材メーカーや包装委託先の査察/指導

プログラム

 医薬品製造において、製剤化技術が高度のようなイメージがあるが、もっと難しいのが包装である。安定性モニタリングが要求されたことにより、溶出試験での回収が増えているが、前々から製品回収で多かったのが包装ミスである。また、健康被害に直結する品質トラブルは包装工程である。
 表示ミス、異種品混入、レギュレーション違反による製品回収が増えている。また製造時の包装トラブルによる製品回収は多い。各社がミス防止を続けているがなかなかなくならない。包装のミスは製造所でのミスと表示資材メーカーでのミスの二つがある。包装でのミスを減らすにはどうするか。表示資材メーカーのミスを減らすことと万が一ミスがあってもそれを製造所で防ぐことができる仕組みを盛り込むことである。過去のさまざまの包装トラブル事例から学び、包装トラブルによる製品回収リスクを減らす方法を実例から学ぶ。それらを防ぐための包装工程バリデーションについて紹介する。そのための包装に関する基礎知識も紹介する。包装資材の使用期限、代替試験を行う場合や資材、包装検査に係る課題についても紹介する。

  1. 表示ミスによる製品回収事例 (PMDAのHPより)
    1. 2016年度の製品回収より、表示ミス&レギュレーション違反による製品回収
    2. 表示物のミスによる製品回収
      • 単純な誤記
      • 化合物名の誤り
      • 添加剤の間違い
      • 有効成分の表記ミス など
    3. 製造起因の表示ミスによる製品回収
      • 捺印場所の間違い
      • 封緘シールのコンタミ
      • テストサンプルの間違い
      • 容器の間違い など
    4. レギュレーション対応漏れによる製品回収
      • 日局対応不備
      • 劇薬/毒薬対応不備 など
  2. 包装工程のミスによるトラブル/製品回収
    • 添付文書の最新版との不一致 (包種追加反映されず)
    • 使用期限と製造番号逆転
    • ドリンク剤 (食品) の表示ミスによる回収事例
    • 異種ラベル接続による回収事例
    • 異種アンプル混入による品質トラブル
    • 錠剤の刻印ミスによる製品回収
    • PTP包装ラインでの欠錠センサーの排出同期化トラブル
    • PTP包装ラインのシートカッターのずれトラブル
    • プラスチックアンプルのカッターずれトラブル など
  3. 資材ミスによるトラブル/製品回収
    • 箱の有効成分の単位ミス
    • 異種添付文書混入
    • 異種フリップキャップコンタミによる回収事例
    • 異種ロールラベルに混入
    • ロールラベルの張替
  4. 包装とレギュレーション
    1. 容器の定義
    2. 容器の種類
      • 一次包装
      • 二次包装
    3. 容器の機能の定義
    4. 製剤の容器
      • 固形剤
      • 注射剤
    5. 包装資材のJP試験
      • 必須の資材の受け入れ試験 (ゴム栓、ガラス容器、プラスチック容器など)
  5. 包装工程のバリデーション
    1. 包装バリデーションの考え方
      • 包装のバリデージョン項目
      • PVの必要性とタイミング
      • PVのロットサイズの問題
      • 中間製品の包PV包装と製品準備
    2. 包装バリデーション不備による品質トラブル
    3. 気密性の検証
      • ボトルの気密性
      • 金型の組み合わせ確認
      • ボトルのパッキンの歪み (固形剤)
      • バイアル瓶 (注射剤)
      • SP包装/PTP包装のバリデーション
    4. 包装のPVについて
      • PTP包装でのPVを行う量
      • PV3ロット必要かどうか
    5. 捺印ミス防止
    6. 輸送試験/振動試験/JIS落下試験
      • よく起きる苦情
    7. 最終製品を中間製品で代用する場合
      • 出荷試験は最終製品での試験
      • EUの試験結果を活用する場合 (PMDAの指摘事項より)
  6. 製造起因の表示ミス防止
    1. 印刷会社の防止策
      • 在庫を持たない
      • 追加生産を行わない
      • ラベルの張替えを行わない
      • バーコード管理
    2. 包装製造所の防止策
      • 表示資材の計数管理
      • ラインでのバーコード管理
      • テストサンプルの管理
      • ロールラベルのバックNo印字
      • 表示物のビデオ確認
      • 製造番号/使用期限の確認
      • 包装のフェールセーフ思想
      • ポジティブセンサーとネガティブセンサーの選択
      • 箱が2つ連続で流れる場合の捺印不良防止
      • シールの貼布剥がれ防止
      • 手包装ラインを自動化ラインにする場合
  7. 表示資材メーカーの査察/指導
    • コンタミ防止の観点から
  8. 包装委託先の査察/指導
    • 計数管理
    • バーコード管理
    • 異種品混入防止
  9. 包装資材の有効期間
    • 有効期間の考え方
    • GMP対応
  10. 包装検査
    • 巡回検査と定位置検査
    • 中間製品で試験する場合 (包装工程前の製剤バルク) のバリデーション
  11. 資材規格の考え方
    • 性能確認と外観確認
    • IPCで確認することとQCの受入試験で確認すること
  12. 包装規格の考え方
    • 正しい資材が使用されていること
    • 版Noの確認
    • 包装が正しく行われたことの確認
  13. 校閲/校了でのミス防止
    • 新聞社の校閲
    • 表示物の校閲/校了
    • 社内校閲/校了の仕組み
    • 印刷会社の版作成の確認
    • 校閲/校了者の研修
    • 表示内容の根拠データの確認
  14. 人が創る品質/Quality Culture
    • Quality Culture
    • 人が創る品質

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)
本セミナーは、申し込みの受け付けを終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/6/1 海外査察官・サプライヤー対応のためのGMP文書・手順書翻訳のコツと適切な英語表現 東京都
2020/6/4 無菌医薬品 GMP入門 東京都
2020/6/5 日米欧に対応した治験薬の製造と品質管理 東京都
2020/6/5 中国 (NMPA) ・韓国 (MFDA) ・米国 (FDA) 規制当局における個別症例安全性報告のPVレギュレーション動向 東京都
2020/6/8 GVP対応講座 オンライン
2020/6/9 日米欧に対応した治験薬の製造と品質管理 オンライン
2020/6/9 GMP監査を1日で終わらせるコツ 東京都
2020/6/11 ウイルス迅速診断のための検出技術動向 東京都
2020/6/11 バイオ医薬のタンパク質凝集抑制/最小化とGMP対応 東京都
2020/6/16 相分離生物学とその基盤になる蛋白質溶液科学 東京都
2020/6/16 改正GCPガイダンスが求めるQMSを意識した臨床試験の運用 東京都
2020/6/17 日米欧主要国の 医療・薬価制度の概要と価格戦略のポイント 東京都
2020/6/17 洗浄バリデーションに関する基準をどう決めるか? どう評価するか? 東京都
2020/6/17 放射線滅菌製品の承認申請に関する改正行政通知への具体的対応 オンライン
2020/6/18 メディカルライティング入門講座 東京都
2020/6/19 GMP省令改正:製造現場でGMPを実践するための基礎知識 東京都
2020/6/22 GMP省令改正対応SOP作成セミナー 東京都
2020/6/22 体外診断用医薬品の性能評価に必須の統計解析基礎講座 オンライン
2020/6/22 原薬製造設備の洗浄プロセス設計と洗浄バリデーション 東京都
2020/6/23 医薬品開発におけるバーチャル試験、ePROおよびモバイルヘルスの導入と課題 オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/3/24 リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法 - 各データベースの選択と組み合わせ -
2020/2/27 海外データ (試験施設) /海外導入品の信頼性基準適用と効率的なデータ利用・CTD申請
2020/1/30 凍結乾燥の最適な条件設定による品質の安定化 - ラボ機と生産機の性能の違いを反映させたスケールアップ -
2019/6/27 EU GVP Module I /ISO9001要求をふまえたQuality Management System の実装と運用
2019/4/24 日・欧・米における食品容器包装規制と制度の比較2019
2019/4/24 洗浄バリデーション実施ノウハウと実務Q&A集
2018/11/30 希少疾患用医薬品の適応拡大と事業性評価
2018/10/30 高薬理活性医薬品封じ込めQ&A集 Part2
2018/9/28 腸内細菌叢を標的にした医薬品と保健機能食品の開発
2018/8/31 がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/6/29 医薬品グローバル開発に必要な英語実務集
2018/5/30 GVP Module改訂をふまえたEU Pharmacovigilance規制の実装
2018/5/18 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場
2018/4/25 統計学的アプローチを活用した分析法バリデーションの評価及び妥当性
2018/1/30 バイオ医薬品のCTD-Q作成 - 妥当性の根拠とまとめ方 -
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/8/29 洗浄バリデーション実施・サンプリング妥当性とDHT・CHT/残留許容値の設定
2017/6/21 体外診断用医薬品開発ノウハウ