技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

研究開発プロジェクトにおけるOODAループの導入と活用方法

Zoomを使ったライブ配信セミナー

研究開発プロジェクトにおけるOODAループの導入と活用方法

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、不確実性の高いイノベーションの成功確率を高めるイノベーション戦略とその主要な手法であるOODAループについて解説いたします。

開催日

  • 2020年6月3日(水) 10時00分 17時00分

修得知識

  • イノベーション・マネジメントの基本的枠組み
  • OODAループの基礎知識
  • OODAループをイノベーション開発現場で活用するための基本的な考え方・方向性

プログラム

 OODAループとは、観察 (Observe) 、情勢判断 (Orient) 、意思決定 (Decide) 、行動 (Act) から構成されるものであり、主に米海兵隊をはじめ、世界中の主要な軍事組織で採用されているマネジメント手法です。このOODAループは、軍隊における機動戦略や、研究・技術開発、イノベーションなど、きわめて不確実性が高いなかで有効な手法になっています。
 本講座では、イノベーション戦略やそのマネジメントの基本的な枠組みを解説したうえで、OODAループをイノベーション・マネジメントにどのように活用することができるのか、それによってイノベーション確率をどのように高めていくことができるのかについて、事例を交えながらわかりやすく検討していきます。

  1. イノベーション戦略とは
    1. 戦略とは何か
      1. 運のいい人と悪い人
      2. 戦略は必要なのか
      3. イノベーション戦略とは
    2. イノベーション確率の最大化
      1. 成功確率を高める
      2. 不確実性の4つのタイプ
      3. イノベーション確率の規定要因
  2. 活用と探索のトレードオフのマネジメント
    1. 活用と探索とは
      1. 活用および探索の事例
      2. 活用 (exploitation) とは
      3. 探索 (exploration) とは
    2. 組織学習
      1. 学習とは
      2. 組織学習としての活用
      3. 組織学習としての探索
      4. 両手利き経営
  3. OODAとイノベーションマネジメント
    1. OODAループとは
      1. ドイツ軍の電撃戦
      2. 機動戦略
      3. OODAループとは
      4. PDCAとの違い
    2. イノベーション確率最大化とOODAループ
      1. イノベーションにおけるOODAループの活用
      2. 観察および情勢判断
      3. 営業情報と開発情報
      4. 二次情報の探索
      5. デザイン思考
      6. 洞察力を高める
    3. OODAループを実現する組織のあり方
      1. OODAループに必要とされるリーダーシップとは
      2. ミッション経営
      3. AHOモデル
    • 質疑応答

講師

  • 原田 勉
    神戸大学 経営学研究科
    教授

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 45,000円(税別) / 49,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/6/9 技術者に必要なマーケティング思考とR&Dテーマ創出への活用法 東京都
2020/6/10 研究開発テーマを社内で通すための経営層への説明、説得の仕方 東京都
2020/6/10 研究開発部門を対象とした情報収集のテクニック 大阪府
2020/6/16 自社保有技術・コア技術をベースとした革新的テーマの創出メカニズム、活動の全体体系 オンライン
2020/6/16 技術ロードマップ作成入門と実践的活用法 オンライン
2020/6/18 早期事業化を目指したR&Dテーマの進捗管理の方法 東京都
2020/6/25 デジタル異業種連携戦略の実践手法 東京都
2020/6/26 経営貢献の高い研究開発活動の実現へ向けて オンライン
2020/6/29 技術イノベーターのための戦略的技術マネジメント実践講座 オンライン
2020/7/10 ステージゲート法によるR&Dテーマ管理、Go/Stop判断の仕方 東京都
2020/7/14 技術者・研究者のためのタイムマネジメントの実践手法 東京都
2020/7/16 技術ロードマップの商品開発・新規事業への活用方法 東京都
2020/7/16 研究開発部門が行うべきマーケティングの知識と活動 (基本理論編 + 実践編) 東京都
2020/7/16 研究開発部門が行うべきマーケティングの知識と活動 (基本理論編) 東京都
2020/7/17 技術者・研究者のための競合情報・市場情報の収集方法 東京都
2020/7/17 研究開発部門が行うべきマーケティングの知識と活動 (実践編) 東京都
2020/7/21 技術・研究開発における計画・企画立案のためのシナリオプランニングの活用方法 オンライン
2020/7/22 ラボでの電子実験ノート管理・運用における経験からわかった電子情報管理の問題点・解決と様々な電子情報との統合連携・併用運用 東京都
2020/7/31 研究開発活動の費用対効果算出方法 東京都
2020/8/6 これからはじめる競合他社・異業種ベンチマーキングの基本、考え方とすすめ方 京都府