技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

Tダイ成形機の基礎とフィルム成形トラブル対策

Tダイ成形機メーカ「アクスモールディング 株式会社 」フィルムのテスト成形見学付

Tダイ成形機の基礎とフィルム成形トラブル対策

東京都 開催

概要

本セミナーでは、押出機内の可視化、成形現象のシミュレーション、混練の予測・解析手法について詳解いたします。
Tダイ成形機メーカ「アクスモールディング 株式会社 」フィルムのテスト成形見学付き。

開催日

  • 2020年5月15日(金) 10時30分 16時30分

プログラム

 日頃からTダイ成形機をお使いの方も、Tダイ成形機の詳細はご存知でないものの興味がある方など、幅広い業界関係者に対し、Tダイ成形機で特徴、使いこなすポイントは何か、について分かりやすく説明します。また、問題・トラブルについて事例を交えて紹介し、その原因から対策について解説します。
 セミナー後には、実際の成型機をご覧いただき、またテスト機によるフィルム成形をご覧いただきます。実際に目でご覧いただき、実務に活かしていただきたいと思います。なお、ご希望の方は、個別相談も承ります。

  1. 第1章 Tダイ設計のプロセスと構造
    1. Tダイの種類とラインナップ
      1. フィルム用Tダイの特徴
      2. シート用Tダイの特徴
      3. 多層用Tダイ
      4. ディッケル付Tダイ
      5. ラミネート用Tダイ
      6. キャスティングダイ (塗工ダイ)
      7. フィッシュテールダイ
      8. 特殊ダイ
      9. 2枚シート金型
    2. Tダイを設計するためのプロセス
    3. Tダイのリップ調整ボルトとチョークバーの構造
    4. チョークバーの役目
    5. ロールエアギャップとネックインについて
    6. ヒータ温調の考え方
    7. Tダイの精度
    8. 硬質クロームメッキによるTダイ先端リップの最小R加工
    9. 芯直度0.001mm以下の高精度芯直度ダイの製作と測定
    10. Tダイ内部の滞留軽減のための流路形状
    11. Tダイのリップランドの長さ
    12. Tダイ内部の面粗度と表面処理
    13. Tダイの当たり面 (取付面)
    14. 樹脂焼けが起こった場合のトラブルと対策
    15. ダイリップのシャープエッジによる目ヤニ対策
    16. ダイ内部の固形化防止ためのフィッシュテールダイ設計
    17. Tダイによるメルトフラクチャ対策
    18. 樹脂漏れ対策とTダイの設計思想
    19. 樹脂の流れが不均一の場合のTダイ修正加工対策
  2. 第2章 ディッケル付Tダイの構造
    1. アウタディッケル
    2. インナディッケル
    3. 全幅ディッケル
    4. 他社のディッケルダイの比較
    5. 特殊成形 スタンピングモールド法について
    6. 特殊成形 スクリュダイについて
  3. 第3章 Tダイを製作する工程
    1. Tダイの加工材料
    2. 3Dマニホールドの形状からCAM加工まで
    3. Tダイの研磨加工
    4. ミガキ工程
    5. 硬質クロームメッキとカニゼンメッキ
    6. Tダイの修理について
  4. 第4章 多層シート・フィルム成形
    1. 共押出の問題点
      1. 合流部での渦
      2. 包み込み現象
      3. 境界面の乱れ
    2. 多層シート・フィルム成形の金型構造
      1. フィードブロック付Tダイの特徴
        • フィードブロック方式の利点、欠点
        • フィードブロックの種類
      2. マルチマニホールドダイの特徴
        • マルチマニホールドダイ方式の利点、欠点
        • 並列配置のマルチマニホールドTダイ
        • 他社の参照図面にて多層ダイを比較する
    3. 超多層成形
    4. 最新の多層金型事例
    5. 金型製作メーカの選定
    6. 将来の多層シート例
  5. 第5章 Tダイの3次元解析
    1. 次元CADデータによるTダイ内部の解析事例
    2. 次元解析の事例
    3. マニホールドが分岐する部分
    4. マニホールドからスリットに入る部分
    5. マニホールドのサイド部
    6. チョークバーの種類の比較
    7. チョークバー締めた時の比較
    8. リップの締めた時
    9. 次元の多層解析モデル
  6. 第6章 Tダイの2.5次元解析
  7. 第7章 自動リップ式Tダイ

見学

  • Φ35押出機
  • T150ダイ
  • フィルム成形装置でのフィルム巻取り
  • 実機を用いたフィルム成形のテスト
    • ※同業他社の方はお断りする場合がございます。
    • ※都合により見学内容が変更になる場合がございます。予め、ご了承ください。
  • 個別技術相談

スケジュール

  • 10:30〜12:00 セミナー
  • 12:00〜13:00 昼食
  • 13:00〜14:30 セミナー
  • 14:30〜16:30 見学
  • 16:30 終了 (※希望者のみ、終了後に個別相談)

講師

  • 横田 新一郎
    アクスモールディング 株式会社
    代表取締役社長

会場

OTAテクノCORE
東京都 大田区 東糀谷6-4-17 東糀谷六丁目工場アパート
OTAテクノCOREの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 42,000円 (税別) / 46,200円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 42,000円(税別) / 46,200円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 84,000円(税別) / 92,400円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 126,000円(税別) / 138,600円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/4/9 成形体の品質を改善する混練技術 東京都
2020/4/10 材料の破壊と耐久性、信頼性 東京都
2020/4/13 ゴム・プラスチック材料のトラブル解決 (2日間) 東京都
2020/4/13 ゴム・プラスチック材料の破損、破壊原因とその解析法 東京都
2020/4/13 1日速習: プラスチックの基礎 東京都
2020/4/15 大気圧プラズマの基礎と樹脂・フィルムの接着・密着・接合性改善技術 愛知県
2020/4/15 コンタクトレンズを中心としたメディカルデバイス用ポリマー材料の最前線 東京都
2020/4/16 ポリ乳酸の基礎・最新動向と注目のマルチ機能改質剤 愛知県
2020/4/17 廃プラスチック問題の現状と解決のための最新技術 東京都
2020/4/20 機能性高分子絶縁材料の設計技術と研究動向 東京都
2020/4/21 ポリマー微粒子の作製と機能化・応用展開 東京都
2020/4/22 5Gスマートフォン向けBAW・SAWフィルタの新しい薄膜材料特性とウエハ評価法、新しい配向材料 東京都
2020/4/23 医用材料の要求特性と合成法および応用展開・最新動向 東京都
2020/4/23 プラスチック・エラストマーおよび添加剤の赤外吸収スペクトルの読み方 : 実践ガイド 東京都
2020/4/24 高分子結晶化入門講座 東京都
2020/4/27 乳化重合・懸濁重合等による高分子微粒子の調製 東京都
2020/4/27 プラスチック成形不良の原因と対策 東京都
2020/4/28 レオロジーの基礎、測定・解釈方法 東京都
2020/4/30 ゴムの配合・混練・加工技術とトラブル対策事例 東京都
2020/4/30 CO2を原料とした樹脂材料の研究開発動向と工業化の可能性 東京都

関連する出版物

発行年月
2020/1/31 添加剤の最適使用法
2019/12/20 高分子の表面処理・改質と接着性向上
2019/10/31 UV硬化技術の基礎と硬化不良対策
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/12/27 押出成形の条件設定とトラブル対策
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2016/8/31 ポリマーアロイにおける相溶性の基礎と物性制御ノウハウ
2014/11/30 繊維強化プラスチック(FRP)〔2015年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/6/25 断熱フィルム 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/25 断熱フィルム 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/15 射出成形機〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書